僕の酷い人生に希望の光はあるのか…人生は続きます。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

akejy(古谷彰浩)

Author:akejy(古谷彰浩)
岐阜県下呂市小坂町(おさか-ちょう)大島在住の古谷彰浩(ふるたに あきひろ)のブログです。1974年6月3日生。サッカーが好きなのに見れない。音楽を聴くのが好きなのに心理的妨害がある。楽器の練習がしたいのに見えない妨害がされてできない。CGでも何でもいいから絵が描きたい。漢字と英語にちょっとだけ苦手意識があって嫌いなものを受け付けなくなる性格は改善したい。読書の妨害は本当に止めて欲しい。ドラマや映画、小説、マンガなどの物語はハッピーエンドでないと接触もできない。

(注意)ヘイトスピーカーお断り。不当な差別には反対しています。
彼らが洗脳されている陰謀論はソースの信頼性を確認すべきです。

右翼に反対。国外に敵をつくる愛国に反対。

小さな政府の価値観は福祉重視という観点からお断り。

僕は左派系だが被害者。念のため注意。

本来は穏健に敵をつくらいないように生きるタイプだけれど、変な被害を受けているため、いろいろと注意が必要になっている。かつては何故か逆の価値観の人が寄ってきて、味方には誤解された。

被害を受けているので、記録は残したいが、ここは見なくて結構です。


◆はじめに◆

権力に弾圧され孤立化させられています

一部に誤解があるようですが、2012年末から右傾化圧力を受けています。しかし右傾化するつもりはありません。弾圧には反対。

いわゆる電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の被害(用語)があって、変な陰謀的な状況も存在していた。

被害があるので、それはこのブログに簡潔に記録して、それ以外は普通の社会問題などを書きたいのに、誰かが僕をおかしい人に見せたいらしく、まともなことを書くことが妨害される。そのうえ別の誘導でおかしい人にみせられるような被害がある。それも脳同期者次第なのかもしれないが、それなら何故にそんなことが起きるかといえば、権力がそういう誘導をしているからという答えしか存在しないと思う。

被害のなかにストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるが、少なくとも僕への音声送信は僕への見当違いな批判が多く、デマと嘘ばかりにみえるものなので信じる必要はない。ただ、音声送信は書きやすいので被害記録として書いているけれど、実際は音声送信の被害は極めて少ない。それ以外の被害が圧倒的に多い。

ブレインマシンインターフェースというものがある。頭の数カ所に電極を付けて脳波だけでコンピューターやロボットアームを操作するものだが、脳波は脳の電位差なので、軍事レーダーのようなもので遠隔地から測定は可能だろう。動物の頭に電極をつけてリモコンで操作する実験すら実在する。テレビで見たその実験映像はまるでラジコンだった。

1969 心の操作

2002 ネズミをリモコン操作

2015 脳で直接操作

などの実例がある。


そういった技術と軍事レーダーなどを用いて人体実験および社会実験を権力の裏がしているとしたら問題だ。正確な手法まではわからないが、僕はその類の被害をずっと受けていて、人生を潰されている。


他の被害者の情報をみると、脳操作被害には気付いておらず、集団ストーカーをされていると信じている。差別的な右派系によると思われる左派をおとしめる陰謀論のデタラメに嵌められている人たちが多い。左派やリベラル派が理念に基づいて権力監視をする側であるのに、他の被害者の多くはそちらを悪い方と思わせられているので、陰謀論を利用しているのが右派系であることは容易に推測できる。他の被害者が単に騙されているのか、脅されてそういう方向にもっていかれるか、脳操作被害なのかは、被害者それぞれによって異なるだろう。被害者がゾロ目ナンバーの車を目撃するなどのケースは、車の所有者が無自覚被害者の可能性がある。また、被害者には総理の価値観の影響を受けるケースと、それ以外があるように感じたが、社会状況によって被害者の様子は異なる。僕が2017年3月2日現在で確認した範囲だと、カルト批判と政治批判に分かれているが、個々で主張が異なる。ひとつ確かなのは、人権侵害から社会を守っているのは、日米欧では左派側であることを知って、そちらへの批判に利用されないようにすべきであること。

この場合の左派とは中国や北朝鮮というわけではなく、市民派だとかリベラル左派といわれる日米欧の左派であり、そちらは人権派であるということ。この被害は人権派でも対応が難しいものであること。人権派からすると、被害を訴えるのが右派系ばかりなので、関わらないようになること。それが問題を難しくすること。それを知って欲しい。

苦しみながら右傾化を拒絶し、自分は左派系と書くことで、偽被害者とデマを流されるかもしれないが、本当の被害者だからリベラル左派であろうというのが事実だ。

もちろん右傾化させられたり、騙されて右翼陰謀論で左派系を批判する人も被害者なのだろうけれど、陰謀論のなかに極一部だけ事実があるにしても、ほとんどがデマであり、一部の事実のためにデマを信じた場合の弊害は大きい。一般のリベラルな言論や中道左派の理念を検索して、それを理解して生活することが、社会を発展させることになる。

世界的にも右派が台頭している傾向があるものの、もし結果として右派が正常化するならまだしも、一歩間違えば戦争や対立が頻発しかねないため、やはり、左派系の「平和」「平等と公平および社会的公正」「思想言論の自由を含む権力に縛られない自由」「利他的な博愛と人権擁護および弱者救済と人命保護」という理念を尊重することの重要性はますます増しているのではないだろうか?


僕自身は2012年以降に電磁波の被害を受けて、ハイテク犯罪の被害を認識したのだけれど、僕は昔から中道左派であり、最近まで右翼の陰謀論は知らなかったし、知ったとしても反対なのに、それらに巻き込まれていたのだということを知った。

21世紀になって、悲しいかな世は右傾化しているようだ…それでも人権と生命は絶対に守って欲しい

信じてはもらえないかもしれないけれど、メディア集スト、メディア・ストーカーの被害は長くあるようです。

権力被害であり、一般市民によるストーカー被害では無いので、安全のため、逆に個人情報を公開しています。

僕自身は、何も悪いことはしていないので、個人情報を公開できるということも知って欲しいです。


(保守派(右派)の人たちが僕を保守だと言ってくるので迷惑していた。リベラル派(社会自由主義)〜社会党右派(欧州社会民主主義)というどちらも中道左派系になるのだが、そういった価値観の僕を保守だといって矛盾しないのは共産党や社会党左派なので、そちらが言っていたかのように見えるが、実際はスピリチュアルな価値観の右派系に利用されていた人が2014年頃からツイッターのDMなどを利用して言ってきていたので、僕に逆のレッテル貼りを執拗にしてきたのは保守派の戦略だったのは確か。メディア被害があったので、保守派が何らかの利用をしようとしていたのかもしれない。)


僕の価値観

穏健左派〜中道。
北欧志向。福祉国家。欧州社民主義。社会自由主義。社会的市場経済
未来志向の社民主義+イノベーション。

(イノベーションのジレンマを社民主義的な社会保障および教育、職業訓練により補って社会経済の維持に必要な産業を維持し再分配の原資とする。日本では難しいかもしれないが、デンマークの社会モデル。北欧社民主義の持続的な経済的発展の理由)
  ↓
自由、平等、平和、人権、民主主義、汎愛。利他と救済。男女同権。言論の自由。権力の透明化≒情報公開。敵のいない開かれた社会()。イノベーション。シェアリングエコノミー・共有経済。均等待遇。機会の平等。教育無償化。学び合い教育(フィンランド教育)。ベーシックインカム。福祉の充実。格差是正。寛容。多様性とすみ分けと互助。自然主義

(※はウィキペディアの項目へのリンク)

被害者としては少数派の価値観である理由は、デマ情報に騙されていないからでしょう。


被害はあるし日常が制限されている。健康状態は良好なのに被害で苦しいことがある。

パニック障害や心気症や身体表現性障害などに見えるが、電磁波が利用された弾圧被害と思われる。

闘わないけれど、負けません。

被害下でもずっと生きています。
健康長寿志向。



どうも、被害者である僕の状況を聞いて、僕を加害者だと誤解している人がいる。それとは別に、別の人の発言を聞いて、それを僕の発言だと思っている人がいる。僕以外の意見や影響を僕だと思い込んでいる人もいるだろう。

関係ある人だけ読んで欲しいけれど、関係ないのに関係あると思う人もいるだろうし、関係あるのに関係ないと考える人もいるかもしれない。


(メディア集ストだけれど、過去に喧嘩もしていないのに何者かの謀略であるメディアに追い出された経験がある。その後に、1980年代から30年来の縁のあったテレ朝だと日曜の討論がなくなり、20年の変な縁だったフジだと視聴率低下、ずっと応援していたサッカーだと代表の弱体化という状況になった経験。)

(元々が中道左派でリベラル系なので、最近はテレ朝系列などをときどき見ることがある。NHKは見ると苦しかったりするのが悲しい。見ないと僕のせいにされる(マイクロ波聴覚効果らしき音声送信による)謀略被害を受けているが、テレビは見ていないことが多い。書いたことにより逆効果にされるようなことがあっては困るので対応に苦慮している。当然だけれど謀略はやめて欲しいのですが…)

電磁波装置による被害で疑心暗鬼に陥ることがありますが、罠なので気をつけた方がいいみたいです。

(僕には遠隔操作被害があるので、気をつけて修正するようにしていますが、文章に二重表現があったりします。また、ですます調とである調が混在することがありますが、これも被害によるものです。)

同時に、繰返し言っていることが伝わっていないのか、いまだ(2017年2月現在)に僕を母にみせようとする者がいるので困っている。母は難しいことはわからないひとだし、被害のことも知らない。逆にジョークを理解しない母が普通は見ないだろうくだらないテレビを見ていたりするが、あれらは僕も見ないので、母が誰かと同期状態にされている可能性がある。声だけ聞いている盗聴者の推測がこちらに反映されているのかは分からないけれど、こちらは内面の侵害と脳操作という人権侵害を受けている。もし誤解している人が存在する場合は、その人も被害者だろうけれど、勝手な推測は止めて欲しいが、こちらは被害があるので、裏がそういう人を利用しているのでなければ、裏が恣意的にしていることになる。どちらにしても、こちらに被害があるのは事実だ。その裏側までは分からないけれど、事実の裏にそういう前提がなければあり得ない被害を受けている。僕ははっきり分かる事実関係だけに認識を留めているけれど、何らかの相手が存在しなければ起き得ないテクノロジー犯罪(用語説明)の被害であるため、分かりもしない相手の推測をしないで構図だけを前提にしている。

上の文を記述したら(2017年2月)、大雪になり外は吹雪いている。妄想みたいにみえるだろうけれど、気象兵器がすでに実在する(akejy.web.fc2.comの「脅しについて」を参照下さい)。上の文は何らかの対策を相手がしていて、それが結果として、こちらへの人権侵害になっているようなことがあるかもしれない。

上の文の「こちらへの人権侵害」の部分の「へ」が消されていた。巧みに誤読される文にされて、被害者の僕を加害者かのように見せようとするハッキングの意図があるのではないか? 裏がレーダーなどを用いて脳を読む実験をしている可能性がある。誰かが僕を加害者と誤解すると、加害行為をしていない僕を利用してくるかもしれない。もし何かがあったとしても、僕は加害行為を一切していないので、こちらは対応できない。僕は裏の弾圧で人生が壊された被害者だ。ただし、これらの被害はタブーなのか知られていない。

こちらとしてはどのように対応したらいいか分からない。分からないという状況で対応せざるを得ない困惑状態なので、何もできない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。念の為に記述します。

以前から、誰かに言い返している声がするけれど、言い返すのは僕ではありません。

僕は人のせいにするようなことはないし、そもそも悪いことはしていません。

僕の言ったことではない、誰かの発言に対して、僕に怒る人がいるようです。僕ではないので困ります。

もしかしたら、読む人に書いている僕の心の声と思わせる戦略かもしれないけれど、僕の心の声とは明確に異なります。自分の心の声が自身に罠を仕掛けるようにはたらくようなことは不自然です。

撹乱ばかりなので、疑心暗鬼になるなということに無理があるけれど、だからこそ電磁波世界に影響された場合は無視しておいた方がいいです。ただし、脳操作で無視ができなくされるケースがあるので、その場合は諦観するしかないでしょう。闘ってはいけません。

僕は無宗教(宗教哲学は別)なのだけれど、信じる力や希望を失わないことが大切だと思います



ーーー

このブログからの重要点

メディア集ストの証拠(そっくりさん)(170203)(注意)

特殊な被害状況の説明(161216)(注意)

僕のひどい被害人生(161116)(注意)

変態セクハラ利用を含む被害証拠(161206170407)(要注意:見ない方がいい。誤解に注意。)


 ーーー


朝日新聞を読むことを妨害されたりする。僕は自由・平等・博愛・平和・人権・民主主義を重視するものであり、そういう方向の新聞を読んでも問題はないと思う。いま書いたような価値観はリベラルだとか中道左派だとか進歩主義といわれるものであり、朝日新聞などが代表的なメディアだ。メディア集ストがあり、どうも僕のせいで世の中が右傾化していると言ってくる者がいるが、僕の価値観では左傾化することはあっても右傾化はない。

 ーーー

2017年3月20日の朝に庭にキジがいた。キジは国鳥だが昔からよく見る。免許の更新で道が正しいか気にしたときもキジが現れて間違っていないと教えてくれたかのようだった。中道左派の価値観の人間のところにキジ…?

日本では保守系は基本的には親米だが、最近、反米保守の著名人が病気になっている。保守に相対する中道左派の被害者の僕のせいとされないように「独裁に反対する進歩的穏健保守リベラル左派」とでも立ち位置を調整しようかと考えたりもする。これで朝日くらいの中道よりの中道左派になるバランスのとり方かもしれないけれど、この表現でもいまの朝日さんよりは多少左側ではある。

 ーーー

僕は薬を飲んでおらず、よって病気にはなりません

統合失調症の症状に電波や光などの物理的手段により危害を加えられると思う物理的被影響妄想という電磁波の訴えが追加されているが、かつてはそういう症状の記載はなかった。

統合失調症などの精神疾患は自殺率が健常者より高いと言われるが、僕は絶対に自殺しない。安全運転に配慮しているので事故もしないだろう。

また抗精神薬を含む薬は一切飲んで無いので、その副作用によるものは、僕にはあり得ないため、健康だ。

精神疾患では自殺をしない限り死ぬことは無いのだが、大量の精神病薬の投与による副作用である心疾患は問題視されている。

僕は病院に行っていないので薬は飲まない。薬は一切飲んでいないので、その副作用による健康への害はあり得ない。

食生活は誰よりも注意していて、健康おたくでもあるため、食のバランスもよく、非常に健康的であり、表層的な体調不良は電磁波の被害によるものでしかない。

食事は毎日キャベツの千切りを黒酢と甜菜糖のドレッシングで大皿いっぱい摂取しており、それ以外の野菜も多く、油はオリーブオイルしか使わず、自家製のカスピ海ヨーグルトを毎日食べていて、主食は発芽玄米だし、お茶の出がらしを使った佃煮でカテキンやテアニン、食物繊維なども十分に摂取しているので、非常に健康的。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

170314〜 の被害記録 (誤解を避けるために)

僕のおかれた状況は、プロフィールの◆はじめに◆を読んでください。
(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html

電磁波兵器を扱えるのは兵器だけに軍隊だろう。日本なら自衛隊になるけれど、日本の自衛隊は公務員だ。自衛隊や警察などの公務員による拷問は憲法で禁止されている。

日本国憲法
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

海外の諜報機関や軍隊なら、日本は独立国であり内政干渉は止めるべきだ。何人であれ人権は尊重しなければいけない。




170314

今日は最初の間は久しぶりに電磁波が全くない状態だった。新聞を読む時も電磁波を受けることが無かったものの、文字認識が遅く、何故か興味が何もないので中身まで読む気がしない。僕の頭でも価値観でもない状況。目の焦点も合い難い。テク犯技術で擬似老眼の被害を受けている。僕の目だと0.05のひどい近眼を矯正する非常に度の強いメガネをかけて近くて細かいモノに焦点が合い難い状況でも、小学校を卒業したときにもらった国語辞典の1ミリサイズ(いま測ったら本当に1ミリ)の文字を読むことに苦労しない。近眼ではあり得ない。こういう種類の手法も困りはするが、電磁波でビリビリやられるよりはマシだと思っていた。そういえば新聞を読み終えたあとに母が新聞を持ってきてくれと言っていた。普通の人の感覚と知性にされると、新聞は難しい媒体となる。必ずしも母の感覚を擬似的にされたというわけではないかもしれない。

その後しばらくすると、こちらが静かに暮らしているのに、何故かJR東海が警笛を鳴らしたり、どこかでクラクションが鳴らされたりしている。そのとき、こちらがしていたのは、スマートニュースを読みながら、ときどきツイートをする行為。

(追記:)
今日のツイートのリンクを掲載するつもりで準備したのに、記憶を消されていた。http://twilog.org/furu_akihiro/date-170314

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro 2017年03月14日(火)

教育に競争原理を取り込むと学力格差が生じるだけ。著しい高学力には意味はないのに、本当に学力が必要な平均以下の子たちに悪影響になる問題。
教育格差の助長の恐れ? 日本が取り入れようとしているアメリカ学校教育の実態 http://ddnavi.com/news/359707/ #スマートニュース
posted at 10:08:17

を書いているとき、教育に競争原理を入れるのは弊害の方が大きくなるという僕の意見のときに警笛だった。

学力は語彙力、文章構成力、表現力、説明力、論理性、客観性、という基本が重要で、国語力と恣意的な論理を用いないようにするための数学力を重視すべきだ。世の中とその法則を知る社会や理科、および語学や芸術、スポーツも重要だが、基本がしっかりしていなければただの行為にすぎないものとなる。

教育に関しては、ただ得点が得られればいいというものではなく、一定以上の学力は学生の選抜以上の意味はない。

成績がいい学生は基本はできているはずで、それ以上は進む分野に応じて必要性が生じるもので、もちろん幅広い教養が身についていた方が望ましいが、それも必要に応じてそれぞれが学習することもできる。特に社会のリーダーになる層には基礎教養と社会の仕組みと成り立ちを高い倫理観に基づいて理解する態度が望まれるが、昨今そちらは蔑ろにされているような気がする。(社会の低層に落ちた者でも、というよりそういう状況の者だから、政治の影響が大きく出るため、こういう意識は強く持つものだ。)

一般の教育では、一定のレベルに到達できない人を問題視すべきで、それは、社会を構成する人々が基本的なリテラシーを有していないことが、どれほど社会の機能を損ねることになるかを考えれば分かるはずで、それ故に、学力の最低基準を満たしていない生徒の学力を一定レベルにすることを優先する教育が社会にとっては必要になる。それは社会人においても同様で、幅広い生涯教育や職業訓練の充実および救済の思想は公の義務と考えるべきだ。

僕がこういうことを書くのは、何故か(電磁波の影響があり)嫌がられる。社会か誰かの差別意識を感じるが、こういう堅い話を嫌う普通の人の感覚の反映かもしれない。

(ここまで追記)

JR東海が通過するときにだけ、誰の脳同期か分からないが、感覚が自分ではないことが度々ある。

今日、けたたましい警笛を鳴らされたときに、自分の口から日常におけるタブー用語が出てきた。あんな言葉は若者でなければ吐かない。訂正しようとしたが、脳抑制がかかり、自分はすることがない自己正当化の感覚に覆われた。自己嫌悪があってもそれを正当化する感覚だが、自分は無理に正当化するよりは、事実を客観的に分析するので正当化はしないし、そもそも自己嫌悪に駆られるような発言は自分からはしない。自分が誰かの脳同期で一時的に乗っ取られていたにしろ、その発言に嫌悪したら、とりあえずその発言を否定し訂正を入れて、その後にネガティブな発言をポジティブな概念で覆すようなことをするのだが、今日はそれすら脳抑制された。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。声は、上手い、と言ってくるが、相手の意図は、僕が事実を書いているのをごまかしと見せるための手法。この手法はときどきやられるのだが、わざわざ自分が遠隔脳操作されたとはいえ、上述のようなことを書く必要はないわけで、脳操作という技術の存在を信じてもらえないリスクはあるかもけれど、こちらからすると事実なので、それを記録に残している。

今日はスマートニュースを読むのも面倒くさい気持ちになって、しっかり読み進めることもできない。長文は読めない。普通なら興味の度合いによって、サーッと大雑把に内容を把握しながら斜め読みしたり、関心のあるところは丁寧に読んだりするのだが、そういう読書術ができない状況にされた。

そういえばJR東海が通過するときに、頭が悪くされる家だ、という音声送信があったが、それがJR東海の警笛を鳴らす運転手の考えかは分からないけれど、頭が悪くされたのはこちらの方だ。

これらの経緯は、実際に人を操作する技術が使われているのか、それとも他は僕とは違う文脈で警笛を鳴らしたりする行為があるのか分からないが、僕にくる僅かな音声送信と脳操作被害から想定されるのは、権力側と思わしき相手が、僕に対する弾圧行為を周りのせいに見せる手法をしていること。それを利用して、僕が誰かのせいにしているように見せようとしているようだが、僕は誰かのせいにはしていない。

要するに権力側の諜報機関が誰かもしくは人工知能を用いて僕にしている手法が、手は込んでいても非常に稚拙で卑怯であることが言えるわけだが、そのときに僕に見えないところで別の戦略をされていたとしたら、それは僕にはどうしようもないし、それ自体は実際は僕には関係のないものだ。

僕から見た客観的な事実を、まずはなるべく先入観なしに捉える努力をして、その後にそれらを俯瞰した状態で、それが何かを検証しているが、過去の様様な経緯から、あらゆる仮定における状況が想定可能なため、過剰な警戒をすることになるが、昔から常に僕の懸念はただの懸念であり問題はないことが多いので楽観視した方がいい。


その後に、コタツで寝てしまった(家の中でもジャケットを着ていて、そういうことがあったとしても風邪を引かない準備をしている)のだが、中途覚醒したときに、寝返りをしてコタツ布団を身体に掛けたら、びっくりするほどのビリビリというよりズギュンダゴングゥァンみたいな電磁波を受けて酷く苦しんだ。猫がコタツに入っても、自分の足がコタツから出ても、ものすごい電磁波の被害で、その後もビリビリビリビリとされるの苦しくて困り果てた。いまは起きて、この日の経緯を記述しているが、ビリビリは続いている。また、頭痛が酷くて、頭痛薬を飲んでいる。

一時はビリビリが治まっていて、日常における記憶消去も多少は改善して、学習能力や段取り力も正常化しそうに思ったのに残念だ。

いまこれを記述している時間は19:13だが、JR東海が通過したタイミングで(ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる)音声送信があり、アホみたいなやつがいるのはここやぞ、と言っているが、この地域は「いる」ではなく「おる」を用いる。「いる」を用いながら「やぞ」という方言を使う地域はここではないし、JRの運転手も岐阜か愛知の人間だろうから違うだろうし、僕もそういう言葉は用いない。人工知能か何かが下手な謀略をしている。

テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html


 ーーー

21:49に通過したJR東海が再接近時に小さく警笛。

なぜかその前のタイミングで、上の教育に関するニュースへのツイートについて書いた文を確認し出して、そのとき。

操られているのだろうか? 何故に?

そもそも警笛が音声送信でない確証はないが、過去の警笛は録音したり撮影したりしているし、どうもこちらの発言の一部がどういう形かで(正確にかは疑問だが)伝わっているのではないかと感じたので抗議をしたら、踏切のところに工事も何もなくても人が立たされるようになったので、権力系の集ストがあるのは確かなのだけれど、一般には僕がおかしく見える仕組みであるため、被害者はどうすることもできない状況にされる。

 ーーー

僕の主張に大きな間違いがあるとは思えない。むしろいまの世の中の主流となっている思想よるは遥かにまともなはずだ。

裏は堂々と自分たちが悪の軍門に落ちているからといって僕を巻き込もうとしてくるように見える。

この場合、裏はネオコン思想に近い連中に感じるが、そこに迎合している者なのかもしれない。

しかし、過度な競争が何も生まないことは、競争の勝者ですら気付いているような時代ではないのか?

健全な競争までは否定するつもりはないが、実際に必要な範囲の競争は、上位層が固定されすぎず、かといってコロコロ入れ替わって方針が頻繁に変わるようなものでは無い程度の安定した変化ではないのか?

同時に誰でもできるような単純労働に従事する者に過当競争をさせてどうするのだろうか?

いまの世の中は、あまりに不条理で、一部の人の犠牲によって成り立っている。

誰でも犠牲になる側にはなりたくないから、そうではない者が牽制し合うような状況では、社会は救われない。

 ーーー

貧乏になるのはその人の努力不足の結果では無い。

成功者の成功は、全てがその人の能力によるものでも無い。

こういうストレートな批判はしたくはないが、ネオリベやネオコンと言われるある種の選民思想は、成功者の自己正当化と保身からきているのではないか?

成功した側の全てがそういう発想をしているとは思っていない。むしろ、一定の成功者の方が余裕があるために、公平な価値観を有していたり、左派系の政党を支持していたりする。

メディアを用いた支配戦略や思想誘導が極端かつ単純で、それに不快感を覚えないひとがいないはずはないが、メディアがそういうことをしているのは、メディア自身が望んでのことだろうか?

僕自身は機会平等を実現し、それでも生じる不公平な格差には再分配による救済策をすればいいと考えるが、権力の側は富の再分配を嫌い、そこが強い権限を裏で有しているため十分な格差是正策ができないのなら、ソーシャルビジネスの手法や教育や職業訓練などの自助を促すようなことを組み合わせることを否定はしない。

それでも様様な事情から不遇の人は存在するわけで、そこには十分な支援と救済をすべきと考える。

こういう価値観の側が、もし(権力の仕組みで利用されている)左右の価値観の人から攻撃されるなら悲しいことだ。

右の価値観の側は無知なだけのケースが多いが、左の人に言いたいのは、強硬に言い張っても社会が改善されないなら、柔軟性を発揮しつつも最も重要な人権や命を護ることでは譲らない対応の必要性だ。

 ーーー

日本人の謙虚さだとか自己卑下は、もっとも社会の不条理が集中する層に我慢を強いることを正当化しかねないものだ。

せめて保守系の側の理念を尊重するなら、権力が社会問題に対応するにあたって、恵まれている側が不当に利益を得ているがために不幸な人たちが溢れるような現状に対して、権力が自らに謙虚になって対応すべきではないのか。

それを不条理のまっただ中にあって、誰でもそうではあるが怒りを感じるような状況で、怒ることもできなくなって、あきらめの境地に陥らされるような人たちが、正当に意見を言うことに対して、恵まれた立場から傲慢だと言うような者は何者だろう?

脳操作があって、朝日の方に近い立場で書いていることを、僕が朝日に言っているようにアベコベに意識操作されるが、論理的な文脈からはそんなことが言えるだろうか?

上の文は、朝日系が保守系政府(自民党政府)に頻繁に言っていたことであり、僕もそれらの意見には賛同することが多いし、何も僕だけでなく、例えばニュースであれば多くの視聴者が共有する意見ではないかと思う。

脳操作の技術はすごいが、論理構造としては、中道左派系のリベラルと公言している僕への罠としてはあり得ないものだ。

(僕は平等公平平和を主張する中道左派だ。朝日系も本来は中道左派だ。ネット右翼は安倍総理が野党時代に組織したものと聞いている(LITERAに書かれていた)が、右翼と言われるトランプ大統領と安倍総理の二人の談義であったように、本来はリベラル左派系の朝日やNYTは保守タカ派とは犬猿の仲であり、朝日さんは安倍さんが勝ったと言っていたように、安倍総理に配慮せざるを得ない程にやられてしまった(社長まで交替させられている)が、だからといって安倍総理の側には立ってはいないだろう。脳操作技術などを用いて、メチャクチャな謀略を裏がしているようだが、保守権力はそんなことはすべきではない。僕も利用されているのだろうか? 人工知能の謀略や脳操作は卑怯なので、そう見せてくるのか? 僕は利用されないようにこのブログを書いている。)







170315

このブログ、全然人気なさそうに見えるけれど、ブログランキングで上位2%台くらいまではいくことが度々ある。といっても10万もあるFC2ブログの2%台だから2千位台ということだけれど、せいぜいよくても千位台だった。ジャンル別だと3万ブログ中で数百位だったりする。FC2だとブログ数も多いし、その数字はそんなに悪いものではない。決して誰も見ていないわけではないようだけれど、僕のブログランキングの数字がどこまで信憑性があるかは分からない。ただ、アクセス解析などは全部外して利用されないようにしてあるので、細かいことは何も分からない。HPの方もカウンターも何もつけていないし、アクセス解析もつけなかったし、その他、プログラムなど余計なものがつけられないようにしている。少なくとも訪問記録が残らないので利用はされ難い。逆に、誰が見ているかも僕には分からない。電磁波 脅し、だとか、メディア集スト、という用語検索をすると、少なくとも僕のPCでは検索結果の上位にHPがあるので、全く知られていないことはないだろうけれど、他と比べると特殊な被害なので、同じ被害を訴える人も少なく、被害者の人でもどれほど信じてくれるかは疑問があるかもしれない。

 ーーー

午後にビリビリとした被害がある。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

先日(3月13日)に書いたけれど、ヤッターマンのボヤッキーの声に似た相手が、僕を乗っ取ろうとしたり、僕に攻撃してきたりする。人工知能か何かを使って、権力の裏が弾圧を誤魔化している。

いまは誰の声かも分からないけれど、声が何かを言ってきているが、全てリンリンとした鈴の音になっていて何も聞き取れない。こちらは何もしていないのに、久しぶりにセクハラ電磁波があって困る。そういえば、昨夜CSでミュージックチャンネルをつけていたら女の子のアイドルグループの曲になって、遠隔操作されて腰が勝手に動くのでやめてくれと言ってCSを切ったのを思い出した。僕はアイドルに興味がない。僕の好みはインテリで可愛い女子アナや女優、歌手だけれど、ロリコンの気は無いし歌もバンド系やソロが好きなのでアイドルの曲は聴かないし性的なものは感じないので、遠隔操作の被害を書いて信じてもらえるか分からないけれど、とにかく僕以外の誰かの行為を僕のせいにみせてこないでほしい。他にも擬似的にお腹を痛くされたり、下からガスを入れられたり、胸にビリビリとした脅しの電磁波を当てられたり、足を勝手に動かされたりして困っている。そういえば、いつもは右足が勝手に動くのに、今日は左足が勝手に動いていた。自分ではどうしようもない。髪の毛を切りたいと思ってヘアカタログを見ていたら、またセクハラがあった。相手の価値観や個性は尊重するけれど、僕にはそちらの気はありません。それ以外には、いつもの相手らしき人が来て(裏が誰かが来ているということにしているだけかもしれない)、相手の何かを僕のせいにされて攻撃を受けて苦しかった。

 ーーー

3月13日のところで、方言について変なことに気付いたので、被害とは直接は関係ないけれど、一応マップで分かりやすくしてみた。

文字では表現できない方言の「音」(上のアクセント分布地図)と、文字でも表現できる方言の「語」(下の方言の区分地図)のそれぞれのマップの出典はウィキペディア。
Japanese_dialects_map_1.jpg
標準語は東京の山の手の言葉を基準にしてできている。

江戸の幕臣が暮らしていた山の手の言葉は、おそらく家康の出生地である西三河の言葉の影響を受けている。また、標準語をつくる際に明治維新で中心的な役割をはたした長州藩が影響したと考えると、標準語が江戸の言葉と三河弁および長州弁から成っている可能性があり、それはアクセントマップの中輪東京式の分布と一致する。とすれば、京都から外に方言が広がっていったという金田一春彦による定説とも、柳田國男が提唱した外に古い方言が残っているという方言周圏論とも、分布そのものは同じでも、方言の成り立ちの経緯は異なるということになる。

ただし、明治元年が1868年であり、言文一致運動が明治20年代からといわれるので1890年くらいと考えると、両者のアクセント研究は1930年代と40年足らずしか経過しておらず、当時の情報の伝播スピードを考えると、1872年(明治5年)に学制が公布され、1886年(明治19年)に小学校令や帝国大学令が発布されていて、標準語での文字表記が教育と共に全国に広がったとしても、明治の教育を受けていなかったであろう老人の方言は昔のままであろうから、その違いがどの程度反映されたかはわからないが、十分な調査が可能であれば、江戸時代までと明治以降に傾向の違いがあったかも把握できるだろうけれど、アクセントという当時は正確な記録が難しいものであったこともあり、不完全な調査の結果の可能性もあるだろうし評価は難しいだろうが、明治の平均寿命が40歳代前半だったこともあり、明治政府の改革が急進的でもあったので、1925年にはラジオ放送も開始されており、1930年代にはある程度の言葉の近代化が進んでいて、現在と同じようなアクセント分布になっていたのかもしれない。問題はそれが江戸時代とどの程度の差があったかだろう。僕の思いつきのような仮説による標準語のアクセントが江戸(政治中枢)+三河(将軍家)+長州(明治政府)でつくられていると仮定した場合、その時代性の差は埋まるものかもしれない。

上は、マップに記入した文字と同じ文。ウィキペディアを何ページも開いて確認しながら書いているので、それなりに信用してもらってもいい内容です。ただ、その過程で酷く電磁波被害があってつらかった。理由がまったく分からない。

(追記:上のマップと記述の江戸(首都)は単純化したものだったけれど厳密には江戸時代の首都といえるのは御所があった京都であり間違いになるので、江戸(政治中枢)と直した。ただ、その図をアップしようとしたけれど、何故か何度アップしても修正前の図しか表示されないので、ファイル名を変えるなど苦労した。よくあるのは、PCの画面だけは修正されていないケース。ハッキング被害があって、こちらはどうすることもできない。)

 ーーー

電磁波の被害で睡眠周期がずれている。さっき夜8時過ぎに、ものすごい電磁波被害でビリビリというより、低周波の音波と高音の音声送信の組み合わせで非常に苦しくて目が覚めた。いつも見ている番組を見ていなかったので、誰かに無理やり起こされている。

午後や朝のビリビリなども、その類いかもしれない。どういう経路か誰との干渉か、出演者かスタッフかネット絡みでの視聴者の誰かもわからないので対応ができない。

きっと撹乱と誤魔化しにテレビも利用されているのだろう。弾圧するのは権力なのに、メディアがしているように見える誰かがいるかもしれない。

こんな状態がいつまで続くのか分からないが、2016年度は日本人のノーベル賞が自食作用→辞職作用だとか、飛騨と東京をモデルとしたアニメ映画君の名は。が大ヒットしたけれど、それが隕石の落下と男女の入れ替わりを扱っていて、隕石→引責とも読めるので、今年度だけのことだと考えたい。

ただ、僕は引責といえるようなことはしていないので、そこはよくは分からない。もしかしてあれか…? 僕は憲法に違反した方では無い。だが、違憲の安保法制は問題視していた。憲法守れ、とシュプレヒコールをあげていたシールズ(この名称も逆っぽいが)の方だった。何かがアベコベではある。

憲法違反を問題視する側が逆に問題視されるのだから、民主主義の欺瞞性が砂川判決並に再現されてしまった21世紀という感じはする。米国は南米や韓国などで軍事独裁政権を作った過去がたくさんあるので、そういう方向にならないように願ってはいる。

匿名のネットの普及で、個人の意見が(匿名だけに)権力のみに把握されるし、GPS付きで個人登録するスマホにより、全てが把握されかねない時代なので、軍事政権みたいなことは先進国ではあり得ないが、それだけに見せかけの自由が恐ろしいと思う。

(追記)
ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

声は、アメリカがやっとると思い込んどる、と言ってくるが、それなら何故に安倍総理が安全保障で米国のつくった方針通りに動いているのかという疑問にどう答えるのか?

安倍政権がアーミテージ・ナイ・レポートという米国の共和・民主両方のジャパンハンドラーと言われる人たちが超党派でまとめ議会の承認を得た日本の方針通りに安保政策をしているのは知られていること。

ただ、憲法違反に一般国民として抗議することが悪いとは思えない。僕にはそのレポートが内政干渉に見えた。共謀罪も同様だ。安倍政権は小泉政権同様に米国に従うことで長期政権を実現しているけれど、普通の民主的な価値観の代表者では国民への責任感からできないことだ。

ただ、最近のルール無視の政治のどうしようもなさと、内政では深追いしない限りは評価される働き方改革による国民向けのポジティブなメッセージによる高支持率の演出は、裏のメディア支配もあって、どうすることもできないと感じる。

それで、過去に米国が世界中に軍事独裁政権をつくっていたことなどの断片に触れて、ある程度は大雑把には知っていたことではあるけれど、昔のことだと認識していたものを再認識すれば、これ以上の民主主義の後退を招かない現実的な対策が何かを模索せざるを得ないのかもしれない。

それでもテクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。タブー扱いでもいいから、公にすべきではないか? そうでなければ、それぞれが自分の判断で対応できなくて、まともな人ほど被害に遭ってしまい、優秀な人材が犠牲になりかねず、そうでは困ると感じる。もちろん優秀でなければいいと言っているわけでは無い。自分の判断で罠を回避できるようにすべきと書いている。脳操作はやめてほしい。

被害はあるので、小さく訴え続けようとは考えている。死ぬつもりはありません。





170316

日付は16日だけれど、以下に続く内容は15日のものです。


2017年03月15日(水)のツイート http://twilog.org/furu_akihiro/date-170315 の最後の方で(昼ごろになる)被害を受けた。

古谷彰浩 人権と生命を守る社会に。SOS@furu_akihiro
命は平等であるべきと思う。米国は公的医療保険を社会主義だと否定する国だから… 社民主義の政策であり、学術的に厳密には社会主義とは異なるらしいのだけれどね。

オバマケア廃止なら無保険者1400万人増 米議会試算 http://www.asahi.com/articles/ASK3G2364K3GUHBI003.html #スマートニュース
posted at 12:16:53

新政権による廃止で無保険者が増える。「がんの治療を受けると、あっという間に100万ドル(約1億1千万円)の請求が来るってご存知ですか?」
オバマケアを批判する人たちが絶対に認めようとしないか、全く理解できないこと http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/14/obamacare_n_15351062.html #スマートニュース
posted at 12:11:14

ウィキリークスの暴露でCIAから国防総省に無人機の権限が移っていたのを戻す。どちらにしろ一般人の犠牲が出ない運用は可能なのか?
人権と命は守るべき。
米政権、CIAに無人機攻撃の権限付与 既にアルカイダ幹部殺害か http://www.afpbb.com/articles/-/3121393 #スマートニュース
posted at 11:59:36

この日のいくつかのツイートの論点はいろいろとありそうだけれど、とりあえずオバマケアと言われる準公的医療保険が廃止されるのは問題だと考えていて、20年くらい前から米国に公的な医療保険がないことを問題視していたこともあったので、もともとはヒラリーの方の政策だが、オバマ大統領でやっと問題解決に一歩前進したのに、それが後退するのが残念で仕方ない。ヒラリーだって大統領選でデマを散々流されていたし、本来が左派とのことでグローバル資本から警戒されたようだし、ヒラリー自身も潰されないようにバランスをとっていたので、デマを流される余地が生じていたのだろう。サンダースくらい吹っ切れた対応もいいのかもしれないが、左側でそれができるほど米国のロビー活動やメディアを含むお金の力が強い裏の方は甘くはないかもしれないことは多くが認識しているもの。

トランプ大統領はもともとがヒラリー支持だったはずで、オバマさんに対抗して本来は支持していたヒラリー側の政策を廃止してしまっている。米国が中国と対抗するなら、公的サービスだって多くが享受できた方が多くの国民が助かるだけでなく、経済も拡大してその恩恵を受けやすい富裕層もまわりまわって経済が拡大することから利益を得られるのに、与野党の対立により内需を小さくする方の選択をしていく2大政党制の極端な対立が悲劇的な結果となっていて残念だ。

要するに、トランプ大統領や政権の批判が目的ではなく、せっかくできた公的医療保険が後退することが残念で仕方なかったといいたかった。

社会主義と社民主義の違いをすこし書いているけれど、僕の誤解もあるようだ。マルクス主義と社民主義は歴史的にも学術的にも対立していたらしいこと、福祉国家は社民主義が資本主義の元で平等にするための政策で、マルクス主義者はそれを無縁なものと捉えてきたと読んだことからの誤解でもある。

脳操作だとか苦しい圧力による状況で、著作物をしっかり理解できていない部分もあったと感じる。ただ、シンプルに表現すると、マルクスは生産における利益から、あらかじめ一般管理費、学校などのインフラ、働けない人や貧困層のための予算は差し引いておくことを強く提言しているとのこと。社会保険はあらかじめではなく、事後的に労働者が保険料を払うものであり、米国の場合は全員が加入する公的なものとはまだなっていなかったこともあり、マルクスなら資本主義に妥協しているというような内容だろうから、厳密には社民主義ではあってもマルクス主義ではないということになりそう。その程度の公的医療保険ですら実現が遠のく政治情勢なので残念だと書きたかっただけ。

著作物もページのツメを折っているので読んで重要と認識しているのに記憶から消えている。ツイートは間違っていそうで、意外と正しい可能性の方が高い。すぐ上は調べて書いている。記憶に関してはそんなものかもしれない。

福祉国家を最初に提起したのはドイツ社民党のエルフルト綱領(1891年)で、当時は社民主義と共産主義に違いはなかったとのこと。1875年のドイツ労働党によるゴータ綱領にマルクスが激しい批判(前述の提言はその一部)をしており、その後にマルクスが亡くなってからできたのがエルフルト綱領で、ゴータ綱領より過激化しているらしい。入手できないので内容を知らない。国会図書館のデジタルアーカイブで見れるが五百頁を読みにくい画面で読み通すのは無理そう。普通に簡単な本を読むのも妨害される状況。エルフルト綱領の一部は革命を志す闘争的な内容と思われ、二部に政治的諸要求、三部に経済的諸要求が書かれているとのこと。

ネット検索をしたら、ネットアーカイブスにあったページにエルフルト綱領に関する以下の記述があった。サイトは既になくて、そのアーカイブの出典にはドイツ社民党史に関する書籍が二冊挙げられていた。

綱領は,理論や原則を明らかにした前半と,具体的な要求項目を掲げた後半の二つの部分よりなる。前半部分は,上記のような成立事情を反映して,マルクス主義的立場から次のような主張を展開している。
[1]ブルジョワ社会の発展とともに中間層は没落し,社会は少数の資本家および大土地所有者とますます貧困化する多数のプロレタリアートとの2大陣営に分裂し,両陣営間の階級闘争は尖鋭化する。そして,恐慌は破壊的となり,社会は全般的不安定状態におちいる。
[2]資本家的私有を社会的所有へと転換する社会的変革によってのみプロレタリアートを含む全人類の解放は可能であり,この目標にむかって労働者階級を指導するのが党の任務である。
[3]労働者階級の利害はすべての資本主義諸国において同一であり,党はほかのすべての国の労働者との一体性を表明する。

綱領の後半の具体的要求としては,
[1]あらゆる選挙についての普通・平等・直接・秘密選挙権および比例選挙制度の採用
[2]人民の直接立法,人民による官吏の選出
[3]徴兵制に代わる民兵,調停裁判所による国際紛争の仲裁
[4]宗教は私的問題であることの宣言
[5]学校教育の非宗教性
……などの10項目があげられ,
さらに労働者階級保護のための当面の要求として
[1]最高8時間労働日の制度の確定や少年労働・夜間労働の禁止等のための立法
[2]すべての営利企業の監督,労働局などによる労働事情の調査を統制
[3]団結権の確保
……など5項目が列挙

などとある。

手元の書籍には他に以下があった。

前半はカウツキーが記述したことだけが記載され、後半の要求は次の通り

エルフルト綱領の政治的諸要求(二部)
・普通選挙にもとづく人民代表機関
・言論・集会・結社の自由
・小学校から大学までの無償教育、無料教材、無料給食
・無料の医療(助産および薬剤を含む)
・累進税と財産税の導入。あらゆる間接税の廃止

エルフルト綱領の経済的諸要求(三部)
・8時間労働
・児童労働の禁止
・夜間労働の禁止(技術的および公共の福祉理由のものを除く)
・毎週36時間(一日半)の連続的な休息
・労働局、労働委員会による経営の監督、労働書関係の調査と規制、労働衛生の徹底
・農業労働者と商工業労働者の法的同等化、奉公人令の廃止
・トラックシステムの禁止
・団結権の保障
・管理への労働者の決定力を持つ参加を備えた全労働者保険

エンゲルスは1880年のフランス労働党の綱領のほうがいいと評価したという。文が平易(上のエルフルト綱領の一部は書籍の文を簡略化した)で、法定の最低賃金、男女同一賃金、災害事故に対する企業主の責任制があるからとのこと。

この綱領ではないようだが「社会の全成員の福祉の保障と全面的発展のため」の文言の引用があった。

これらは、必要に迫られて、電磁波の被害で苦しい状態で過去に何とか読んだもの。これを知らないと、自分の周りで何が起きていたかを知ることはできない気がした。上の記述を見る限り、攻撃的な階級闘争は関係ないし、政治的要求自体は、百年以上経っている現在においては、かなり実現しており、その方向は一般には民主主義における政策と認識されるような時代だ。過度に闘争的で無い限りは、穏健である限りにおいて、そちらの論理や政策を問題視するべきではないようなものであるというのが普通の認識ではないのか。そもそもアイデンティティの問題は別として、イデオロギー対立は不要だ。

メディア集ストの政治利用が2000年代後半にあったので、一般報道の延長での政治政策に関しては一定のことは知っていたし、民主党政権のときは抑制がいまよりは少しは弱かったので、政府サイトの政策情報などをよく見ていた。それ以前にも、ネットで検索できる限りのデータを見ていて、データを通して社会を知り、改善を考えるという状況にあった。だから、何も知らないということはなかったものの、マルクスを含む政治思想に関しては、おそらく利用が最初からあったからだろう、文系科目を苦手にされ、書籍を購入しても読むことを妨害され、知識は有していなかった。それはリアルタイムでも言っていたこと。僕は見栄などは張らない。知っていたのは、各国の社会データと報道をベースにした時事的な情報、およびコラムサイトなどで読んだ内容だった。一部、書籍で得た情報もあったが、紙の書籍との相性を悪くされていて、政治に関してはネットで拾った論文などの方から得た情報の方が多かった。

メディア集ストなどと僕の被害は、過去に書いたことを参照してください。妄想ではないけれど、一つ一つのことは巧みに自然なようにつくられている。

例えばエルフルトだけれど、二部の比例的な選挙や言論の自由、教育無償化、無償医療、税制などは僕の強く希望するもの(三部短時間労働や労働衛生もだが)であり、エルフルト二部とすると、冗談みたいだが得るフルタニと読める。Erfurt2とするとエロ・フルタニとも読める。僕の被害と重なるのが偶然とは思えない。エロはErosという翼をもつ青年で表されるギリシア・ローマの愛の神である。ちなみにエルフルタ1だと、闘争性が僕よりはありそうなエロ・フルタ1→フルタチ(古舘伊知郎…コカンいじろう…と読める)になるみたいで、三部はフルタ3であり岐阜県知事や野球解説者っぽいが、エルフルト綱領の上述の三部の内容は完全にではないが既にほぼ実現している。(長時間労働は是正し、サービス残業は禁止すべきだし、休暇も増やすべきだ。)

他にも様様なメディア集ストの仄めかしは多い。例えば、ヘリなどの飛来があって、家の上でホバリングなどもされたので購入したデジカメだが、ペンタックスのオレンジ色のもので、16MBで18倍ズームという数字が並んでいた。この会社は民主党、民進党の本部の隣であり、ペンタックスのプロビデンスの目の看板が党と並んでいることが知られている。当時の僕はそういうこともプロビデンスの目のことも知らなかった。このペンタックスという会社は理研(理化学研究所:ある種の戦前の財閥系でもある)の技術を製品化して販売するリコーという会社の関連会社である。高校のときにリコーというニセの教育教材の詐欺師が家に訪れていることを記憶している。理研というとSTAP細胞の問題で有名になった女性研究者がいるけれど、高校の同級生そっくりであることは、過去に写真と共に掲載している。また、彼女が研究所にムーミンのラベルを貼っていたが、ムーミンは僕の誕生日の6月3日と読み替えができるフィンランドの妖精だ。僕はフィンランド教育を日本に導入して欲しいと考えている。妖精の文脈だと前述のエルフルトもエルフのルートと読み替えられて、エルフは言語体系が異なるフィンランド以外の北ヨーロッパの小妖精のことになるが、L-Rが逆なので日本でしか通じない駄洒落。ただ、その小保方晴子女史(名前は僕のおばと同じ)の米国時代の恩師で共同研究者だった人がバカンティという名前だったので、これも日本人だけに分かる駄洒落である。嫌な手法だと思う。

そんな変な状況だが、とても偶然とは思えず、子供の頃からの様様な不便と抑制や妨害が、実際に存在しており、それがテクノロジー犯罪被害というものであることを知ったのは2012年末になってからだった。繰り返すけれど経緯や詳細は他の記述を参照下さい。

こんなことを書いて、きっと罠なんだろうと思うけれど、凍結されたツイッターにも書いているものの、ツイートよりは多少は正確に書けるブログにも多少は書かないわけにはいかない重要な情報にも感じられた。きっと誘導もあるし、脳操作されている。操作しておいて電磁波などで加害をしないで欲しい。







170317

昨夜、といってもいま書いてるのがまだ午前1時台だけれど、テレビもみていないのに、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、こいつがくるからや、と言ってくる。同時にビリビリビリビリとひどい電磁波被害。なんだろうとは思うけれど、撹乱だろう。この被害はどこかで止まるのだけれど、大丈夫なのだろうかと不安にはなる。

過去に音声送信の内容を書いていて、あれは読み方次第では僕が悪く見えるかもしれないけれど、僕の場合、電磁波の苦しい被害を受けていることも多くて、そういう状態で記述していたりするので、そこを考慮してもらわないと誤読されるけれど、相手だってどうなのか分からないので、こちらは心配はしている。ひどいことは言ってこないで欲しい。

 ーーー

その後の昨夜午後10時にEテレの浦沢直樹漫勉をみた。あれを見ると漫画を描きたくなる。以前に見たときは身近な道具でプロが見事な漫画を描いていて、「コピー用紙 シャープペン 筆ペン ボールペン。スクリーントーンは下書きの上に紙を上に置いて薄い墨で描いて、GIMPなどでドット化し、レイヤーとして使う。」とメモ書きをしている。

今回は、デジタルを使っていたけれど、1993年のバージョンをそのまま使っていると言っていて、高価なツールなので買い替えなかったのかとも思ったけれど、モノクロなら昔のままで十分と言っていたので、フリーソフトのGIMPでもいけるかなと考えて、試しに何かを描いてみようとしたら、番組の直後にCSのミュージックチャンネルで宇多田ヒカルのライブをしていたので、それを描いてみた。プロのようには描けない。似た顔にするのが精一杯で、可愛く描けないのが、プロとの一番の差。表情や動きって難しい。
170316浦沢漫勉を見て、直後のMONの宇多田ヒカルを描いてみた
    (後日、顔だけちょっと違和感があったので修正した。似顔絵って難しい。)
170316浦沢漫勉を見て、直後のMONの宇多田ヒカルを描いてみた-2
マウスなので思うように描けなかったこともあるけれど、よく考えたら、普段のPCの使用時よりもマウスの自由が利かなくて、何かの妨害もあった。仕方ないと思う。

漫画とか人って描いたことがない、と書いているけれど、ほとんど描いたことがない、という意味で、似顔絵だって2〜3くらいは描いたことがあるし、漫画絵だった小中学生の頃なら数枚はドラゴンボールや北斗の拳を描いたことがある。そういえばバナナフィッシュの絵も描いている。でも、基本的に風景がなどしか描いてなかったので、人の絵は苦手意識がある。でも、過去に出した祖父のスケッチ(プロフィールにある「メディア集ストの証拠(そっくりさん)(170203)」のリンクを参照)なんかはそっくりだったし、ニュースのアナウンサーをその場で描いて妹に見せたら似ていて妹が笑いこけたこともあったので、意外といけるのかも…と思って、似顔絵でも描いていこうとしたら、何故か全く描くという行為ができなくなって、そしたら、しばらくして何故か米国のブッシュ元大統領が似顔絵を描いたとニュースでやっていた。その後に彼は個展を開いたりしている。何かを奪われてきた。

過去には絵も英語も音楽も、僕の自由にはならなかった。英語はともかく、意外と僕には芸術系の素質はある。人生と能力を取り戻したい。

(追記:漫勉の漫画家さんの「僕らはみんな生きている」は好きな漫画のひとつ。途上国でのODA(政府開発援助)の不正を暴く内容で、政治経済国際などの時事情報好きな僕には傑作だった。なぜか、これを書こうとして忘れている。書くのを嫌がられる理由がよく分からない。なぜ記憶が消えるのか? テクノロジー犯罪の技術の悪用はやめて欲しい。こっちは人生を潰されている。それを別に何かに利用しているかは分からないけれど、何もないかもしれないし分からないが、とにかく本当にやめてほしい。)

ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

17日午前7時過ぎにメモ。
具体的な内容は忘れたが相手が僕を引っ掛けることを言ってきたので、頭にきて、全部が(裏による)引っ掛けだろう、と考えたら、相手が相手の声のまま、僕のその言葉を言った。僕はその相手の引っ掛けに怒っていたのに、声が相手のもののままで途中から僕の考えを言っていた。こちらからすると論理的にはメチャクチャだ。僕に罠を仕掛けてくる裏の手法に怒りを感じる。

17日午前10時過ぎにメモ。
ときどき、ボヤッキーという昔のアニメの登場人物の声に似た音声送信がある。これを記述しようとすると、ボヤッキーの名前が抑制され何故かスナフキンが出てきて困る。脳操作被害状態。ボヤッキーはローマ字だとboyakkiだが、boyはアッキーと読めるものの、僕に聞こえるボヤッキー声は普段は僕の意見や考えを言ってはいない。
僕の声はボヤッキーとは異なる。しかし、ボヤッキー声の音声送信があって、僕が嫌いな声だと指摘したら、僕の脳を読む装置による声の送信の声質が、その嫌いな声になった。今度はそれとは別の声が、間違えて「僕」を攻撃してしまった、だとか、「僕」の言うことを聞いてはいけないと言ってしまった、と言っていた。裏の謀略だろうけれど、僕の考えではない別人の意見をボヤッキー声で誰かに伝えて、その誰かがその声を否定した後に、僕の考えをその声で言われたら、その誰かが僕を攻撃したことになってしまうのか? 実際のところはそれは権力の謀略と思われるが、今度は音声送信が、消すのはこいつ、とか言ってきたので困るが、僕も誰かも誰も消えはしないでしょう。

上の2つのメモをアップしたのは18日になってから。(PCなどのない状況だったので、メモだけしていた)

17日の夜は音声送信が、全部「オレ」のせいになる、と言っていたが、僕は「オレ」という第一人称を使う人のせいにするつもりはないし、裏は僕だとか別の誰かのせいにすべきではない。

誰も消えないと思う。

テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。







170318

新聞を読むことを妨害されたので、上の17日分のメモと、下の内容を記述します。

僕の書いている事実を撹乱するための権力側の誤魔化し戦略があって、事実を逆に見せるために電磁波兵器を利用して強引に、僕に政治に関する事実を書かせないように、弾圧をしてくる。実際は保守系の手法なのに、それをリベラル系や左派系という味方がしているかのように見せてくる戦略や、例えば僕が30年来の中道左派系の平等価値観なのに、過去に様様な手法を用いてきて僕と逆の相手を僕に見せようとしている可能性があったりする。

いまだって、朝日新聞を読んだら、電磁波の被害が酷くて、最近はスマートニュースでも、被害があるので本来の様様な自分の主張を抑制させられ、仕方なく格差是正と最低限必要なこと(例えば今なら共謀罪反対)くらいしかツイートできないように強制され、そのタイミングでもし世の中が良くなったら、まるで僕のせいで世の中がおかしかった日のように見せられかねない。もちろん社会が良くなることは望むが、僕が中道左派リベラルと書いているように、自分の価値観だと社会が良くなる方であるため、僕のせいで日本と世界が右傾化しておかしくなったかのように見せられても迷惑だし、見当違いの卑怯な戦略に嵌められるつもりはない。

僕に関連付けれて逆効果みたいに見せられても、実際は関係無いことは確かだし、相手の戦略が馬鹿らしいので無視している。関係ないことを関係あるかのように見せる戦略と技術があるが、スルーしておいた方が懸命だ。

とりあえず2017年3月現在、報道は新聞とスマートニュースしか見ておらず、随分前からテレビのニュースはほとんどつけていない。@akejyの方で、見ていたときはニュースの時間に政治のいことを書いているので、夜のニュースの時間の書き込みがない段階で、テレビのニュースは見なくなっている。

 ーーー

それから、ここ最近は朝に起きているので、台所で新聞に目を通していたが、そのときにも電磁波の被害はあったが、今日は自分の部屋(といってもいまは嫁に行った妹の部屋の方が光熱費他で合理的なので使っているが、被害で部屋の中は片付けができず新聞などが散乱してメチャクチャな状況)で開いた途端に、とてつもない電磁波の被害を受けている。相手はどうしても僕を右翼にみせたいのか、朝日新聞で被害を受けるということはあり得ない。

相手は僕の味方のつもりで僕を攻撃している。相手は変態だ。これは、保守権力が戦略的にリベラル系メディアにやっている謀略と思われ、そういった誰かがしているものを僕のせいに見せようとしているようだが、僕には相手が誰かも分からず、こちらは何もしておらず、権力が卑怯でメチャクチャなことだけは確かだ。

そういえば僕が、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信のことを書いているので、相手は僕を盗聴していると言ってくるが、むしろそれは相手の方の可能性があり、僕自身は相手が僕に向けて話かけたときか、相手が僕に関することを言っているときしか音声送信はないため、一日の合計は最近は多少増えたにしても数分も無いと思われる。そういうものを盗聴とは言わない。送りつけられているだけだ。こちらからすると人の頭に電磁波を当てないで欲しいと考える状況だ。

問題は、それを書いても権力は別の誰かのせいにしかねないので非常に被害の訴えがややこしくなること。被害者はネットを調べても訴えている人だけでも多いが、この権力犯罪の被害者は、騙されたり強制されたりするのか過去に彼らは暴走していたりしていたようだ。最近は電磁波の被害を受けるため、他の被害者情報を見ることもほとんどできないようにされている。そういった被害者に見せてか彼らなのか人工知能なのか分からない音声送信があるけれど(ここを書こうとすると電磁波の被害で記憶が飛んだり苦しかったりあらゆる被害を受ける。誰にとって都合が悪いのだろうか?)、僕の意見としては、彼らは騙されたり誘導されたり被害で権力迎合したりするだけで、仕方ないのであって、悪いのは権力の謀略とこの電磁波インフラを含む仕組みにあるのではないかということ。かなり巧みな罠を仕掛けられるので、悪いのは全面的に権力の諜報機関の謀略にあるはずだ。

僕は新聞を読みたいのに、誰かが僕に新聞を読ませないようにしてくる。誰かの命令でもあるのだろうけれど、朝日新聞を読めば多少は政治的な事実を知ることになるものの、ネットにも同様の情報がたくさんあり、また、疑問に思ったことを検索すれば、新聞より遥かに大量の情報が存在するので、そこから信頼性の高そうなものを選んで情報を得ることで、新聞よりも深い専門的な内容を知ることもできる。多くは大学教授や弁護士もしくは野党系政治家が出している情報であり、朝日新聞を僕に読ませないようにしている相手の意図は、確実に逆効果になるし、相手の妨害は僕に相手の意図の逆の誘導が導かれる結果となることを、繰返し経験している。

僕が電磁波被害を受けていたのに、相手は僕を加害者だと主張してくる。どういうことなのか、どうも情報がないので全く分からないのだけれど、相手には僕の声が聞こえているようなので、それなら、ブログに匿名の鍵を掛けて、具体的にそちらの主張を書いてきて欲しいと言っている。電磁波の方はピーばかりでほとんど何も聞こえない。

それにしても、朝日新聞を読もうとしただけで、なぜに死を意識しなければいけない程の酷い電磁波の被害を受けなければいけないのか理解できない。とにかく苦しい。僕への音声送信の声は、とぼけて僕を弾圧する者によるもの。昨夜の段階で、相手がこれで「僕」だけを相手にすればいいと言っていた。

テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。

 ーーー

広告に、不正にアップロードされたファイルをダウンロードするのは違法、というのがあって、仄めかしに見えたが、僕はそういうことを基本的にはしていない。ストリーミング程度なら音楽を聴くこともあるが、CSの音楽チャンネルがあるので(CSと書いているが、正確には自治体の「下呂ネットサービス」で光ネットと共に外部契約しているCCN http://www.ccn-catv.co.jp/ であり、サービス提供エリアを参照すれば下呂まで範囲にあることが分かる。このCCNというのは豊田市にあるケーブルテレビの子会社らしい。)、ネットで音楽を聴くことはめったに無い。AbemaTVなどはCM付きで合法的に音楽を流しているので、そういうものも違法ではあり得ない。ファイルとしては、自分が所有している英語の学習書の例文をダウンロードしたことがあるけれど、アップロードした人はともかくも、僕は元の本を所有しているので、そういう人がダウンロードする範囲は違法ではないと認識している。共謀罪で4年以上の懲役刑になる犯罪行為の一部での濡れ衣を着せられるような冤罪の懸念があるので、特に著作権などは注意したいが、僕の場合は著作権法等には十分に配慮している。ツイートなどの情報をリツイートしたりすることは、もともとが共有することが目的のメディアでもあるので情報を出した方を信頼している。自分で情報を出すときは出典を明記している。

 ーーー

いま午前9時前。上の内容をアップしようとした。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

オレを苦しませるのは、統合失調症のフルタニって奴や、と言っていた。さっきは、自分がやられんようにするにはこいつに記録を書かせないかん、と言っていたが、アップしようとしたらその言葉なので、僕には分からないけれど、相手側の読みがちょっと違っているように思う。

僕も苦しいけれど、音声では相手も苦しそうな感じなので、状況が分からないため心配ではある。僕よりひどいのだろうか? 裏の人工知能などによる謀略なのか、それとも実態があるのか、何も分からない。

このブログに鍵を掛けて書いてこれば他には見えないので、そちらの状況を教えて欲しいが、何故に書き込んでこないのだろうか?

僕の偽者みたいなまるで異なる紛らわしい被害があることは、17日の最後に2つのメモで分かりやすいと思うけれど、そういう手法を裏がしているなら、相手だって同じことがされているかもしれず、人工知能か何か知らないが、そういう手法はすべきでない。

状況が分からない。僕の被害の撹乱だろうか? 苦しいのは困ります。

テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めるべきだ。

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html

 ーーー

被害はありますが、大丈夫のようです。

弾圧には反対します。

 ーーー

午後一時半過ぎ、スマートニュースを見ていて、4つツイートをし5つ目を書こうとしたら、電磁波の被害で強烈な睡魔に襲われ寝てしまった。

数時間睡眠状態にあったが、午後4時前からかなり強烈な電磁波の被害を受けて目が覚めた。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

寝ている間に、誰かが何かを言っていて、僕が攻撃されている。

僕かSくんのせいにしようとしているかのように見せているボヤッキー声があった。それで僕が被害を受けているのだろうか? その声は僕のものではない。彼らの目的は何だろう? 人工知能だろうか? Sくんのことは事実だろうか? そうではないだろう。僕のこともそうではない。どうも僕でもSくんでもない別の何かの意図があるようだ。

 ーーー ーーー

4時過ぎに何とか起き上がってトイレに行って、その後にお茶を煎れ、食後の歯磨きをしていなかったから歯を磨いて、猫に夕飯をやって、猫トイレを掃除したら、1時間半以上の時間が経過していた。時間が過ぎるのがやたら早い。

そのときに、音声があったので、メモをホワイトボードに書いてデジカメで撮影した(ホワイトボードの文字はすぐに消している)。

メモ(16:38)
音声送信は、オレの母ちゃんのせいにしとるのアキヒロといおう人や、とデマを言っているが、僕は誰かのせいにはしていない。むしろ、僕の母のせいにする声があるから、母は関係ないと言い続けている。 それとはまた別に、ササキくんのせいにする声があった。彼も関係ないだろう。僕も悪いことは一切していない。人工知能の悪用の可能性。

上下はホワイトボードのメモ書きのデジカメからのおこしだが、人工知能を手書きで書いて誤字になっていた。さすがに人口知能と書き間違えるわけはないので、脳が部分的に遠隔操作されていることが分かる。リアルタイムでも何かがおかしいと感じてはいたが、それが何かが分からない遠隔脳操作で、おかしいと感じて見なおした時点でいくらなんでも僕の語彙力ではそんな基本的な人工を人口というようなミスに気付かないはずはない。
例えばPCなどでの入力では定型的な表現である人工知能という用語で人口知能などと変換されること自体がおかしいが、そういうハッキングしてくる被害は頻繁にある種類のものではあるけれど、繰り返すけれど、手書きで人工と人口を間違えることは通常の僕にはあり得ない。脳操作被害は実在します。

メモ(16:42)
実は(午前9時頃に)ネットに書いたことで被害が悪化した。音声送信で誰かが苦しんでいたので、救おうとした結果でもあった。被害は悪魔的だ。電磁波と低周波で苦しい。


17:44。上の文の括弧内の「(ホワイトボードの文字はすぐに消している)」を書いたら、救急車のサイレンの音。音声送信かもしれない。ホワイトボードに書いた文字は撮影した直後に消しているので、誰も見ていない。

音声送信が僕の子どもが書いていると誤解していたというようなことを言っている。そんなことはあるのか? 直接的に盗聴盗撮する権力なら、僕に子どもがいないことは分かるだろうし、母が家にいないことも分かるはずなので、そんな誤解はあり得ない。撹乱だろうが、それにしてもおかしいので、テクノロジー犯罪の被害者のなかで盗聴・盗撮させられているような映像送信の被害を含む被害者がいるのだろうか? 人工知能が特殊な想定を元にストーリーを描いて言ってくるのだろうか? 僕にはさっぱりわからない。


さっきの救急車だが、ここで誰かが何かということではないと思う。最近、町内で訃報はないし、そもそもが少ない。

それとは別の話だが、先日、恩師の声に遠隔操作され、その後に苦しくなって、その遠隔操作される声はなくなったものの、その恩師の訃報はないので、きっと元気で暮らしておられる。とにかく撹乱目的と思わしき脳操作が多い。

 ーーー

電磁波のビリビリビリとした被害がひどい。殺されると感じるレベル。実は午前中に、「被害はありますが、大丈夫のようです。」と書いた後に、酷く被害を受けていて、「ネットに書いたことで被害が悪化した」と書いているもいるが、被害の状況を書かないと、僕が誤解されるのか、僕のせいにされるのか、よく分からないが、無茶苦茶被害を受ける。

今朝、朝日新聞を開くまでは何ともなかったので、それ以降だが、朝日を僕に読ませないようにしようとしたのかも分からないけれど困る。

僕が思うに、米国の人体実験と戦略があって(戦略は欧米によると考えたが中国台頭時に中国と協力しようとしたEUの側が崩されており米国が利益を得ていて、その後に米国第一主義の大統領という流れがあるので、そちらがしている可能性が大局的にはありそう)、それを日本政府のせいにしようとする裏の意図があって、さらには日本政府のしていることを他の被害者のせいにしようという誰かの意図が重なって弾圧が撹乱されているのではないかと思う。妄想ではありません。

(追記:僕は平和主義ではあるけれど、反米はしていなかったのですよ。米国がしているなら戦略としては逆効果ではありませんか?)

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、(苦しんでいる)この人のせいにしとるのがアキヒロだと思ったけれど、と言っているが、僕アキヒロが死ぬかと思うほど苦しんでいるのに、僕のせいにされるのはおかしい。僕が苦しくて、同時に僕に関連したメディアに出演する比較的まともな方(リベラル系や中道左派系および保守ハト派)が苦しむなら、戦略として非常に困る。日本に戦争をさせたり格差を拡大させるわけにはいかない。

そういう形で利用されるわけにはいかない。この構図を逆に悪用する権力の裏がいるなら許せない。悪いのは電磁波インフラをつくり、裏で人をひどい手法で操るような諜報機関と権力だろう。

テクノロジー犯罪の技術を悪用するのは止めるべきだ。

(追記:僕も誰も死にません。皆、健康に生き続ける。)

(用語説明:akejy.html.xdomain.jp/term.htmlakejy.web.fc2.com/term.html

 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

オレらのうちのどっちかがアキヒロをやつけようとしとる、と言っていた。もし仮に僕と「オレ」という第一人称を使う人の二人しかいなければ、相手が誤解して僕を攻撃していることになるが、それなら相手は何故にやつけようと攻撃するのか? 攻撃も何もしていない僕が「オレ」さんの加害者に見せてあるのか? 僕は誰とも闘ってはいない。そんな謀略があるなら裏はそれを止めるべきだ。

僕の見ているものを他の人が見ているなんてことが、あるのだろうか?

苦しくて横になっていたら、目に散乱した新聞が映ったが、上にそのことを書いていて、音声送信の相手が、確かに(新聞が)散らかっているし、やつけようとするこの部屋にいるのがアキヒロなのか…、というようなことを言っていた。

位置情報を把握したり、脳を遠隔地から読むレーダーを用いた装置もしくは僕の記述などから僕の思考の分析をして、それを擬似的な人格による発言に逆加工して、音声送信を使って送ってこれば、前述のようなことも恣意的にできるだろうけれど、もしかしたら人工知能にそういうことをさせているかもしれないし、誰かを誤解させて絡めてあるようなことも可能だろう。もしそういうことなら裏はかなり悪質だ。

もし、この戦略に僕以外にも生身の人間がいれば、もっと人道的な観点から考える必要がある。僕だけなら人体実験は止めるべきだ。

そもそもが、僕と「オレ」さんの二人だけとは限らない。「オレ」さんが生身の人間なら、間に人工知能か何かがあるかもしれない。

そういう何かがあって、僕がネットに記述するから象徴的に利用されているということなら裏は悪質だ。僕は何もしていない。

前述はビリビリとした電磁波被害と音声送信からの推測でしかない。実際のところは分からない。

いまキーボードの置く手の位置がズレていて、正しいポジションに直そうとしたら、考えている方の逆の手が動くので、一時的にキーボードを正しく打てなくなった。僕は生身の人間だが、これらは不思議な脳操作だ。

脳は神経が網のように繋がってできているが、その脳神経はマイナスイオンを用いた生物学的な電線のようなもので、電磁波の影響を受けるし、電磁的に外から電位変化を読むこともできるものだ。その利用は、きっと技術的には確立されているけれど裏が使っているので、一部に意図的リークのための研究が発表されているけれど、実態は隠されている部分が多いのだろう。

軍隊や諜報機関が弾圧をしていることを、誰か(社会的弱者だったり反米の人だったりする可能性が高い)の仕業にみせたり、弾圧被害者を精神疾患にみせたり、権力の裏の弾圧は卑怯だ。

とにかくテクノロジー犯罪の技術の悪用があることは確かなので、それらは止めて欲しい。

 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

被害状況の一部が分かりやすいと思うので、さっきあった音声送信を用いて説明します。(実際は声だけではない被害状況であり、声自体は極めて少なく、僕に届く声の一部は計算されていそうに感じている。そこだけは人工知能か何かだろう。)

音声送信が、この人を狂っているようにみせているのがオレにみえる、と言っていた。こういうことは常々感じるのだけれど、その短い言葉は、僕の側の文脈だと、誰かが利用されて、その結果、電磁波兵器が動作して、僕に電磁波が当てられているのかもしれないと捉えられるし、それが苦しいからネットに訴えているのだが、もしかしたら、別の視点から捉えると、このブログの内容などの僕の書いたことを読んだ人か、僕の意識を聞いたひと、もしくは上の文章を人工知能か何かに読ませたり、その過程で別の声が混じったりしたものを音声送信で聞いた人が、その別の音声により自分がそういうことをしているようにみえるので困ると感じているのかもしれず、また、別の視点から考えると、僕のことを「オレ」さんだという誤解がされているので、僕が誰かを狂わせているかのようにみせる誤解か戦略があるのかもしれず、結局のところ前後の状況文脈が分からず、言葉としては説明不足で曖昧な表現でしかない場合は、どのようにも、誰にでも認識できることがあるので、そういった言葉の主語述語の不明瞭さを裏が利用するようなことがあるかもしれない。

前から、権力の側の実践を伴った人体実験、社会実験かもしれないと書いているけれど、上のようなことは、社会言語研究みたいなものと、諜報機関のするようなデマや噂の拡散実験などとも関係しており、統治する側が市民をどのように扱うかという研究目的の一環ではないかと感じる。


テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。







170319

ビリビリと電磁波の被害がある。同時に、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

その音声送信は、君じゃ闘えない、だった。闘い方にも様様な対応があり、それが有効か闘うふりかは考える必要があるかもしれない。

今朝はまだ横になっていて新聞を手元にもってきてすらいないので、音声送信は朝日さんのフリをする誰かと思われる。

ちなみに昨夜にサーッとチェックしたけれど、他の被害者は森友学園の批判で闘っている。

僕の場合は汚職批判の方は自分の担当ではないというタイプの人間であり、昔から政策批判だけをしてきた傾向がある。

念の為に僕のいまの政治への見方を書くと、森友学園の件は総理も関係していたら辞めると言っているので、追求のモティベーションも上がるだろうけれど、実際の政治はその裏で、共謀罪の問題があったり、違憲立法を前提に南スーダンに自衛隊をPKO部隊として派遣しており、現地の情勢の悪化に伴い撤退に追い込まれているのに、この内閣が何度でも吹っ飛ぶような政治問題への追求は十分にされていない。労働時間規制に関しても裏があったり問題が多い。

それらを首相まで追求が及ぶとは限らない森友学園問題でごまかしているに過ぎない。この問題で追求されるのは、せいぜい首相夫人までで、総理が降りる可能性は5割以上あるとは限らない。家庭内野党を自認する首相夫人の影響が政治的な言及をしなくなれば、安倍総理のタカ派路線が表に顔を出しかねない。

汚職の追求もいいけれど、政治の追求は政策の方でした方がいいと思う。ただ、日本の政策は表の汚職の追求が倒閣に繋がることが多いので、今回もそれを狙う野党やメディアの動きがあるようだが、最低限でも6月の国会の会期いっぱいまで共謀罪の議論を伸ばして廃案にするためには、多くの批判の道具があって、それが長引いた方がいいに決まっている。そちらの狙いをメディアなど一般の方は考えていて、あわよくば倒閣だろうが、逆に裏はアッキー切りだけして総理の姿勢を穏健な立場からタカ派に追いやろうとしているかもしれず、それが独裁的な権力強化と危険な改憲に向かうか、それとも自民党内の求心力を失い、党内の勢力図が変わるか、そういう様様な可能性を孕んだ局面になっている可能性があると思う。

僕は昔からテレ朝などでのメディア集ストの何かで直接的間接的に政治に関わらせられてきたが、それでも当時から政局の方は距離をおいていて、政策の方でものを考えていた。政局的な情勢はなんとなしにいまと同じように読んではいた。僕は何も変わっていないし、そういう姿勢でも政治的追求はずっとあった。

いまは電磁波の被害が酷いので、政治に関与しないようにしている。ただ、新聞やネットの記事くらいは読ませて欲しい。

音声送信は、今日はこの人がきとると思ったら違った、というどうとでもとれる言い方をしている。いま、朝6時半だが、朝日新聞の記者さんなら、いまは仕事が終わっていて、各家庭に昨夜書いた記事が届いて、記者さんはまだ仕事には就いてないのではないか? 人工知能か何か分からないが、新聞記者のふりはやめて欲しい。

そういえば、僕の意見である相手に対して「新聞記者のふりはやめて欲しい」という言葉も、上に時事に関する僕の見方を書いているので、別の誰かにとっては僕のことにもみえるかもしれない。ただ、僕の意見は大局的なもので、新聞記者というよりは論説委員だとか、政治を追う有識者の意見などに近いかもしれない。脳同期があるかは分からないけれど、僕だって政治はある程度読む力はある。

何にしろ、テクノロジー犯罪の技術の悪用は止めてほしい。








スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR