僕の酷い人生に希望の光はあるのか…人生は続きます。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

akejy(古谷彰浩)

Author:akejy(古谷彰浩)
岐阜県下呂市小坂町(おさか-ちょう)大島在住の古谷彰浩(ふるたに あきひろ)のブログです。1974年6月3日生。サッカーが好きなのに見れない。音楽を聴くのが好きなのに心理的妨害がある。楽器の練習がしたいのに見えない妨害がされてできない。CGでも何でもいいから絵が描きたい。漢字と英語にちょっとだけ苦手意識があって嫌いなものを受け付けなくなる性格は改善したい。読書の妨害は本当に止めて欲しい。ドラマや映画、小説、マンガなどの物語はハッピーエンドでないと接触もできない。

(注意)ヘイトスピーカーお断り。不当な差別には反対しています。
彼らが洗脳されている陰謀論はソースの信頼性を確認すべきです。

右翼に反対。国外に敵をつくる愛国に反対。

小さな政府の価値観は福祉重視という観点からお断り。

僕は左派系だが被害者。念のため注意。

本来は穏健に敵をつくらいないように生きるタイプだけれど、変な被害を受けているため、いろいろと注意が必要になっている。かつては何故か逆の価値観の人が寄ってきて、味方には誤解された。

被害を受けているので、記録は残したいが、ここは見なくて結構です。


◆はじめに◆

権力に弾圧され孤立化させられています

一部に誤解があるようですが、2012年末から右傾化圧力を受けています。しかし右傾化するつもりはありません。弾圧には反対。

いわゆる電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の被害(用語)があって、変な陰謀的な状況も存在していた。

被害があるので、それはこのブログに簡潔に記録して、それ以外は普通の社会問題などを書きたいのに、誰かが僕をおかしい人に見せたいらしく、まともなことを書くことが妨害される。そのうえ別の誘導でおかしい人にみせられるような被害がある。それも脳同期者次第なのかもしれないが、それなら何故にそんなことが起きるかといえば、権力がそういう誘導をしているからという答えしか存在しないと思う。

被害のなかにストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるが、少なくとも僕への音声送信は僕への見当違いな批判が多く、デマと嘘ばかりにみえるものなので信じる必要はない。ただ、音声送信は書きやすいので被害記録として書いているけれど、実際は音声送信の被害は極めて少ない。それ以外の被害が圧倒的に多い。

ブレインマシンインターフェースというものがある。頭の数カ所に電極を付けて脳波だけでコンピューターやロボットアームを操作するものだが、脳波は脳の電位差なので、軍事レーダーのようなもので遠隔地から測定は可能だろう。動物の頭に電極をつけてリモコンで操作する実験すら実在する。テレビで見たその実験映像はまるでラジコンだった。

1969 心の操作

2002 ネズミをリモコン操作

2015 脳で直接操作

などの実例がある。


そういった技術と軍事レーダーなどを用いて人体実験および社会実験を権力の裏がしているとしたら問題だ。正確な手法まではわからないが、僕はその類の被害をずっと受けていて、人生を潰されている。


他の被害者の情報をみると、脳操作被害には気付いておらず、集団ストーカーをされていると信じている。差別的な右派系によると思われる左派をおとしめる陰謀論のデタラメに嵌められている人たちが多い。左派やリベラル派が理念に基づいて権力監視をする側であるのに、他の被害者の多くはそちらを悪い方と思わせられているので、陰謀論を利用しているのが右派系であることは容易に推測できる。他の被害者が単に騙されているのか、脅されてそういう方向にもっていかれるか、脳操作被害なのかは、被害者それぞれによって異なるだろう。被害者がゾロ目ナンバーの車を目撃するなどのケースは、車の所有者が無自覚被害者の可能性がある。また、被害者には総理の価値観の影響を受けるケースと、それ以外があるように感じたが、社会状況によって被害者の様子は異なる。僕が2017年3月2日現在で確認した範囲だと、カルト批判と政治批判に分かれているが、個々で主張が異なる。ひとつ確かなのは、人権侵害から社会を守っているのは、日米欧では左派側であることを知って、そちらへの批判に利用されないようにすべきであること。

この場合の左派とは中国や北朝鮮というわけではなく、市民派だとかリベラル左派といわれる日米欧の左派であり、そちらは人権派であるということ。この被害は人権派でも対応が難しいものであること。人権派からすると、被害を訴えるのが右派系ばかりなので、関わらないようになること。それが問題を難しくすること。それを知って欲しい。

苦しみながら右傾化を拒絶し、自分は左派系と書くことで、偽被害者とデマを流されるかもしれないが、本当の被害者だからリベラル左派であろうというのが事実だ。

もちろん右傾化させられたり、騙されて右翼陰謀論で左派系を批判する人も被害者なのだろうけれど、陰謀論のなかに極一部だけ事実があるにしても、ほとんどがデマであり、一部の事実のためにデマを信じた場合の弊害は大きい。一般のリベラルな言論や中道左派の理念を検索して、それを理解して生活することが、社会を発展させることになる。

世界的にも右派が台頭している傾向があるものの、もし結果として右派が正常化するならまだしも、一歩間違えば戦争や対立が頻発しかねないため、やはり、左派系の「平和」「平等と公平および社会的公正」「思想言論の自由を含む権力に縛られない自由」「利他的な博愛と人権擁護および弱者救済と人命保護」という理念を尊重することの重要性はますます増しているのではないだろうか?


僕自身は2012年以降に電磁波の被害を受けて、ハイテク犯罪の被害を認識したのだけれど、僕は昔から中道左派であり、最近まで右翼の陰謀論は知らなかったし、知ったとしても反対なのに、それらに巻き込まれていたのだということを知った。

21世紀になって、悲しいかな世は右傾化しているようだ…それでも人権と生命は絶対に守って欲しい

信じてはもらえないかもしれないけれど、メディア集スト、メディア・ストーカーの被害は長くあるようです。

権力被害であり、一般市民によるストーカー被害では無いので、安全のため、逆に個人情報を公開しています。

僕自身は、何も悪いことはしていないので、個人情報を公開できるということも知って欲しいです。


(保守派(右派)の人たちが僕を保守だと言ってくるので迷惑していた。リベラル派(社会自由主義)〜社会党右派(欧州社会民主主義)というどちらも中道左派系になるのだが、そういった価値観の僕を保守だといって矛盾しないのは共産党や社会党左派なので、そちらが言っていたかのように見えるが、実際はスピリチュアルな価値観の右派系に利用されていた人が2014年頃からツイッターのDMなどを利用して言ってきていたので、僕に逆のレッテル貼りを執拗にしてきたのは保守派の戦略だったのは確か。メディア被害があったので、保守派が何らかの利用をしようとしていたのかもしれない。)


僕の価値観

穏健左派〜中道。
北欧志向。福祉国家。欧州社民主義。社会自由主義。社会的市場経済
未来志向の社民主義+イノベーション。

(イノベーションのジレンマを社民主義的な社会保障および教育、職業訓練により補って社会経済の維持に必要な産業を維持し再分配の原資とする。日本では難しいかもしれないが、デンマークの社会モデル。北欧社民主義の持続的な経済的発展の理由)
  ↓
自由、平等、平和、人権、民主主義、汎愛。利他と救済。男女同権。言論の自由。権力の透明化≒情報公開。敵のいない開かれた社会()。イノベーション。シェアリングエコノミー・共有経済。均等待遇。機会の平等。教育無償化。学び合い教育(フィンランド教育)。ベーシックインカム。福祉の充実。格差是正。寛容。多様性とすみ分けと互助。自然主義

(※はウィキペディアの項目へのリンク)

被害者としては少数派の価値観である理由は、デマ情報に騙されていないからでしょう。


被害はあるし日常が制限されている。健康状態は良好なのに被害で苦しいことがある。

パニック障害や心気症や身体表現性障害などに見えるが、電磁波が利用された弾圧被害と思われる。

闘わないけれど、負けません。

被害下でもずっと生きています。
健康長寿志向。



どうも、被害者である僕の状況を聞いて、僕を加害者だと誤解している人がいる。それとは別に、別の人の発言を聞いて、それを僕の発言だと思っている人がいる。僕以外の意見や影響を僕だと思い込んでいる人もいるだろう。

関係ある人だけ読んで欲しいけれど、関係ないのに関係あると思う人もいるだろうし、関係あるのに関係ないと考える人もいるかもしれない。


(メディア集ストだけれど、過去に喧嘩もしていないのに何者かの謀略であるメディアに追い出された経験がある。その後に、1980年代から30年来の縁のあったテレ朝だと日曜の討論がなくなり、20年の変な縁だったフジだと視聴率低下、ずっと応援していたサッカーだと代表の弱体化という状況になった経験。)

(元々が中道左派でリベラル系なので、最近はテレ朝系列などをときどき見ることがある。NHKは見ると苦しかったりするのが悲しい。見ないと僕のせいにされる(マイクロ波聴覚効果らしき音声送信による)謀略被害を受けているが、テレビは見ていないことが多い。書いたことにより逆効果にされるようなことがあっては困るので対応に苦慮している。当然だけれど謀略はやめて欲しいのですが…)

電磁波装置による被害で疑心暗鬼に陥ることがありますが、罠なので気をつけた方がいいみたいです。

(僕には遠隔操作被害があるので、気をつけて修正するようにしていますが、文章に二重表現があったりします。また、ですます調とである調が混在することがありますが、これも被害によるものです。)

同時に、繰返し言っていることが伝わっていないのか、いまだ(2017年2月現在)に僕を母にみせようとする者がいるので困っている。母は難しいことはわからないひとだし、被害のことも知らない。逆にジョークを理解しない母が普通は見ないだろうくだらないテレビを見ていたりするが、あれらは僕も見ないので、母が誰かと同期状態にされている可能性がある。声だけ聞いている盗聴者の推測がこちらに反映されているのかは分からないけれど、こちらは内面の侵害と脳操作という人権侵害を受けている。もし誤解している人が存在する場合は、その人も被害者だろうけれど、勝手な推測は止めて欲しいが、こちらは被害があるので、裏がそういう人を利用しているのでなければ、裏が恣意的にしていることになる。どちらにしても、こちらに被害があるのは事実だ。その裏側までは分からないけれど、事実の裏にそういう前提がなければあり得ない被害を受けている。僕ははっきり分かる事実関係だけに認識を留めているけれど、何らかの相手が存在しなければ起き得ないテクノロジー犯罪(用語説明)の被害であるため、分かりもしない相手の推測をしないで構図だけを前提にしている。

上の文を記述したら(2017年2月)、大雪になり外は吹雪いている。妄想みたいにみえるだろうけれど、気象兵器がすでに実在する(akejy.web.fc2.comの「脅しについて」を参照下さい)。上の文は何らかの対策を相手がしていて、それが結果として、こちらへの人権侵害になっているようなことがあるかもしれない。

上の文の「こちらへの人権侵害」の部分の「へ」が消されていた。巧みに誤読される文にされて、被害者の僕を加害者かのように見せようとするハッキングの意図があるのではないか? 裏がレーダーなどを用いて脳を読む実験をしている可能性がある。誰かが僕を加害者と誤解すると、加害行為をしていない僕を利用してくるかもしれない。もし何かがあったとしても、僕は加害行為を一切していないので、こちらは対応できない。僕は裏の弾圧で人生が壊された被害者だ。ただし、これらの被害はタブーなのか知られていない。

こちらとしてはどのように対応したらいいか分からない。分からないという状況で対応せざるを得ない困惑状態なので、何もできない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。念の為に記述します。

以前から、誰かに言い返している声がするけれど、言い返すのは僕ではありません。

僕は人のせいにするようなことはないし、そもそも悪いことはしていません。

僕の言ったことではない、誰かの発言に対して、僕に怒る人がいるようです。僕ではないので困ります。

もしかしたら、読む人に書いている僕の心の声と思わせる戦略かもしれないけれど、僕の心の声とは明確に異なります。自分の心の声が自身に罠を仕掛けるようにはたらくようなことは不自然です。

撹乱ばかりなので、疑心暗鬼になるなということに無理があるけれど、だからこそ電磁波世界に影響された場合は無視しておいた方がいいです。ただし、脳操作で無視ができなくされるケースがあるので、その場合は諦観するしかないでしょう。闘ってはいけません。

僕は無宗教(宗教哲学は別)なのだけれど、信じる力や希望を失わないことが大切だと思います



ーーー

このブログからの重要点

メディア集ストの証拠(そっくりさん)(170203)(注意)

特殊な被害状況の説明(161216)(注意)

僕のひどい被害人生(161116)(注意)

変態セクハラ利用を含む被害証拠(161206170407)(要注意:見ない方がいい。誤解に注意。)


 ーーー


朝日新聞を読むことを妨害されたりする。僕は自由・平等・博愛・平和・人権・民主主義を重視するものであり、そういう方向の新聞を読んでも問題はないと思う。いま書いたような価値観はリベラルだとか中道左派だとか進歩主義といわれるものであり、朝日新聞などが代表的なメディアだ。メディア集ストがあり、どうも僕のせいで世の中が右傾化していると言ってくる者がいるが、僕の価値観では左傾化することはあっても右傾化はない。

 ーーー

2017年3月20日の朝に庭にキジがいた。キジは国鳥だが昔からよく見る。免許の更新で道が正しいか気にしたときもキジが現れて間違っていないと教えてくれたかのようだった。中道左派の価値観の人間のところにキジ…?

日本では保守系は基本的には親米だが、最近、反米保守の著名人が病気になっている。保守に相対する中道左派の被害者の僕のせいとされないように「独裁に反対する進歩的穏健保守リベラル左派」とでも立ち位置を調整しようかと考えたりもする。これで朝日くらいの中道よりの中道左派になるバランスのとり方かもしれないけれど、この表現でもいまの朝日さんよりは多少左側ではある。

 ーーー

僕は薬を飲んでおらず、よって病気にはなりません

統合失調症の症状に電波や光などの物理的手段により危害を加えられると思う物理的被影響妄想という電磁波の訴えが追加されているが、かつてはそういう症状の記載はなかった。

統合失調症などの精神疾患は自殺率が健常者より高いと言われるが、僕は絶対に自殺しない。安全運転に配慮しているので事故もしないだろう。

また抗精神薬を含む薬は一切飲んで無いので、その副作用によるものは、僕にはあり得ないため、健康だ。

精神疾患では自殺をしない限り死ぬことは無いのだが、大量の精神病薬の投与による副作用である心疾患は問題視されている。

僕は病院に行っていないので薬は飲まない。薬は一切飲んでいないので、その副作用による健康への害はあり得ない。

食生活は誰よりも注意していて、健康おたくでもあるため、食のバランスもよく、非常に健康的であり、表層的な体調不良は電磁波の被害によるものでしかない。

食事は毎日キャベツの千切りを黒酢と甜菜糖のドレッシングで大皿いっぱい摂取しており、それ以外の野菜も多く、油はオリーブオイルしか使わず、自家製のカスピ海ヨーグルトを毎日食べていて、主食は発芽玄米だし、お茶の出がらしを使った佃煮でカテキンやテアニン、食物繊維なども十分に摂取しているので、非常に健康的。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

●161231〜170114の被害状況(関連図など更新)他追記

(170203に写真に追加修正)

161231
早朝にひどい電磁波被害で苦しかった。

レコード大賞〜NHK紅白歌合戦で、大量の仄めかしがあった。
161208のところに被害関係をまとめているので、そこに追記している。

170102
起床前に電磁波。苦しかった。相手が僕を誤解して攻撃しているような、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があったので、相手の矛盾とこちらの状況を説明したら止まった。しかし、相手は僕の名前を言っていて、恣意的にやっている可能性もあった。いつものように、この人と闘っちゃいかん、と言う声も聞こえた。

〜しよう…とするんじゃない! ← …以降を消されたら、逆の意図に思われる。

僕は何もしていません。

170103
前夜の就寝時と起床時にビリビリと電磁波被害。睡眠中は不明。

午後にJRが通過したタイミングで、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が、アキヒロにイジメられとると思っていた方がアキヒロや、と言った。アキヒロがイジメられていたのに、アキヒロを悪者と思って批判した方が、そいつが思っていたイジメる側であり、そいつ自身が悪いということになるので、自分が自分を攻撃していた構図になる仕組みか? 要注意。

記録を書いたら僕の考えを読む思考盗聴=脳の読影装置が僕の考えたことを逆利用してきて、音声送信が僕がやられたことを僕がしているかのように言ってくる被害。

170104
「161206〜8の被害状況 特に重要 (わいせつ目的ではありません。被害証拠です。)」のところに追記したら、人工知能か何かを使って、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波による迫害を受けた。こちらもリスクはあったけれど、重要なことなので、記録が残せるうちに残しておきたいと考えてのこと。HPに書き込みたかったけれど、頭が抑制されて簡単にはできないので、ブログに追記した。

170105
過去に僕の周りにいた有名人のそっくりさんを、卒業アルバムなど、写真があって気付いた範囲でまとめてみたけれど、作業に時間がかかって、酷くテクノロジー犯罪の電磁波被害を受けたこともあって、かなり苦しんだ。重要証拠なのでネット上には出しておきたかった。
僕の周りにいた有名人のそっくりさん2-1s
拡大して閲覧↓
http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/2017020300485592b.jpg


(修正前:http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/20170107213207379.jpg
(修正前前:http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/20170106091607a9e.jpg

 追記(170127):
Suchmos(サチモス)のボーカルが医療学校の同級生に似ている。写真の右上の人(上の写真に追加しました。)。
このバンドは2015年くらいから表立って活動しているっぽい。

14年に御嶽が噴火したときに、クレバに似た友達から電話があって、そのサチモスに似た人も心配していたみたいなことを言っていて、ん?、と思った記憶がある。本人だったのだろうか?

サチモスの「STAY TUNE」に以下の歌詞がある。

ブランド着てるやつ もう Good night
Mで待ってるやつ もう Good night
頭だけ良いやつ もう Good night
広くて浅いやつ もう Good night

歌詞の文脈だと女性だけれど、僕のメディア被害で、男には僕が女に見えるか何かがあるっぽいので…ちなみに僕は差別に反対しているけれど、でも性の敏感な問題でもあって誤解されたくないけれど、僕自身はしゃべり方などがソフトなのでゲイと思われることが稀にあったけれどLGBTではありません。

歌詞に関して、別に高級ブランドは着てないけれど、お金がないのでユニクロなどを着ていてそれが一応はブランドの一種だとすると…当てはまる可能性は否定できないし、僕自身はソフトなMだし…それ以降の詞が、昔、メディア集ストで利用されたときの印象に近いっぽいし、どう考えても仄めかし。こういうものは、過去にも膨大にあった。

ボーカルが知り合いに非常に似ていることからも、それは確かだろうと感じる。

僕自身は政治に対応するときに、もともとが理系の方で人文科学には弱いので、そちらの知識は浅かったけれど、当時は頭だけは良かった。深くは無いけれどジャンルを超えた広い知識を有していた。

サチモスのそっくりさんの件のついでに、写真は出せないけれど、近所にそっくりさんが多いことを書いておこうと思った。

天童よしみ。安倍昭恵。水谷豊。国谷裕子。山瀬マミ。昭和天皇。

冗談ではありません。特に天童よしみは完全に瓜二つ。

他は名前の仄めかしが偶然ではない頻度であったりする。

プライバシーに配慮すると、このトンデモナイ状況を証明できないので残念だ。



170106
電磁波被害で苦しいが仕方ない。

特に何も悪いこともしていないのに、人生を潰されており、遠隔操作で自分の自由が利かず、ただそれだけではない状態で何もする気もないし相手も認識できないのに、何かに見せられる偽旗の利用があるかもしれない。

昔から身体に異常はないのに、一年のうち元気に動ける日が2日も無かった。実際は潜在能力も高かったはずで、普通に生きていれば幸せになれたと思う。テクノロジー犯罪の弾圧は止めるべきだ。

いまからでも、何とかして人生をやり直したい。

170107
昨日は祖母の三七日法要だったけれど、出ることすらできなかった。テクノロジー犯罪の被害だが、対人恐怖もなければ、人間嫌いでもないけれど、遠隔操作で変にされるのが嫌なのと、読経のときに電磁波被害を受けたことがあったからというのも関係しているが、テクノロジー犯罪の被害では、全く理解不能のまま、行動が抑制されたりすることもよくある。その際に、電磁波被害があれば被害とわかるが、何もない場合は、まったくよく分からないけれど、どうにもならないという状況にされるし、過去にはそういう見えにくい状況が存在した。

現状では加害者による親戚との離間工作が成功しつつあるのが分かるが、遠隔操作なので、前述通りどうしようもない。抵抗しても、僕の監視役をしているだろう相手が僕の状況を理解していないままに操作してきた場合には、問題が起こりかねないため、自分の心理としても、スッと自然に対応できない場合は、行動を控えることをせざるを得ない。

社会復帰したいが、できるときは自然と動けるだろうから、いまはそういう方向性にないことがはっきりしている。

161208のブログに図をもうひとつ追加した。
うちの家族のそっくりさん。
look-alike1.jpg
拡大して閲覧↓
http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/look-alike1.jpg


(修正前前:http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/20170107213051a3c.jpg
(修正前:http://blog-imgs-100.fc2.com/a/k/e/akejy/20170107021518a6a.jpg

3日ほど新聞が読めていない。ツイッターの方にはスマートニュースのツイートを過去に少ししているけれど、3日ほどはスマートニュースも見れないし、PCでネットのニュースを見ることもできない。テレビのニュースもみていない。いまの同期者がそういうひとなのかもしれない。

僕の本来の関心事である時事系の話題にアクセスできないことが、僕にとっては異常事態だ。

テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)による電磁波被害も続いていて困っている。

このままでは、35日の法要にもでられないかもしれない。

頭は正常なのに、自分の本来の目的に即した行動が抑制されていて、実生活ができない状況にあるため、高齢の母に依存せざる得ず、情けないし、将来が心配で仕方ないが、建設的な思考と行動を抑制されるのは、どういう目的で僕を潰すものがいるからなのかと考えてしまう。

一見すると妄想にしか見えないだろう被害状況だし、テクノロジー犯罪の被害を知っているひと以外には、説明しても分かってはもらえ難いだろうけれど、本来的には僕自身によってまともに生活できないような状況になることはあり得ないので、長期の迫害があることも関係するものの、現時点での妨害により生活が上手くいかないという状況をなんとかしたいが、前述の通り、自分の目的がアベコベにされる脳操作被害が未だに続いていて、第三者には分からなくても僕自身には分かる被害状況なのだけれど、僕が自分で設定する自分の目的行動はできないものの、何者かによって設定された目的行動はできるので、相手が僕の状況を理解してくれなければどうしようもないのかもしれない。相手がいるように見せて、権力の裏が何かをしている可能性もある。

何かの行事がある場合は、それに即した情報を得て、事前に準備するものだが、家族も遠隔操作被害を受けているので、事前に説明もなく一言だけ僕には分からない儀式的なことの「表題のみ」を言ってくるが、それだけで僕が冠婚葬祭のことが分かるはずがないのは母だって普通はわかるはずだが、あの人は以心伝心の感覚で生きていて、自分が知っていることと相手が知っていることの区別がつかないので、20年も引きこもっていて社会に出ていない僕に説明もなく分かるはずがないことが分からず、この場合は僕に限ったことではないだろうけれど、身内の葬式のような稀なことに関する行事は、割と若い世代には言わないと分からないということも、母が分からないようにされているみたいで、こういった事例に限ったことではなくて、日常においても生活情報の伝達で妨害がなされていることは、テクノロジー犯罪の被害者には分かるのだけれど、一般にはコミュニケーション能力の問題と思われるような手法がなされているので理解してもらうのは難しいだろう。

要するに日常の情報交換すらテクノロジー犯罪の被害により妨害されている状況にある。


170108
ビリビリがひどい一日。HPの更新が原因かもしれないけれど、あちらの方はもう書き込まないようにしたいので、正月の間に、残りの重要事項だけは記入しておきたくて、ちょっと無理をした。普通の日常に戻りたい。




170109
僕には妄想がない (僕は悪いことは何もしていない)

相手の声を聞いていると、相手が事実関係が分からないときに、勝手な推測でものを捉えると、脳内ではそれに即した妄想回路ができるらしいことが分かる。僕は事実に即してものを考える人間で、考えても事実関係が不明で情報不足故に分からない種類のものに関しては考えないように昔からしている。

こんなひどい被害状態でも妄想ができにくいのが長所だが、芸術家などクリエイティブな仕事ををしりたかったので、そういう観点からは大きなマイナスになるのが残念ではあるものの、今の状況で妄想ができないのはありがたい。

ちなみに、相手の妄想だが、全て僕を悪いという風に捉えている。もしかしたら人工知能がそうしているかもしれない。被害妄想回路か、自責の念を僕につくりたいのか知らないが、相手が僕に対してすべて悪いという妄想が事実に即したものでは無いため、意味をなさない。

書こうとすることの記憶が消される。僕の相手が自分が悪いことにされると感じるケースで起きる記憶の消去。



思い出した。

悪いことをしていない僕を権力の裏が弾圧しているので、裏は被害者の自業自得にする戦略をとっていると、被害経験と他の被害者の経験は物語っている。

権力の裏は脳操作(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)が可能なので、被害者間もしくは人工知能を使って、その戦略を実施している可能性がある。

例えば、42歳の僕の脳操作を小中学生がやるような行動パターンで操作しておいて、それを自分の小中学生のときのものだとやられたとしても、自分自身は引きこもっていても年齢を重ねているので、子どものような認知はしておらず、その認知に伴った行動も起き得ないのに、行動だけがあって、後から解釈がくるという現象に関しては、自分が引き起こしたものではないため、第三者による脳操作がなければあり得ないということになる。その第三者が何処なのかは分からない。権力が関与しているだろうことは確かだ。

脳操作技術は存在するのは、軍事技術の民間転用が進んでいるので後々わかることだが、いま民間で使われる技術よりもずっと進んだものが昔から存在することは、僕の被害経験だけでなく、古い特許技術の断片が存在することからも推測は可能だ。ただし、あまりにすごいため、被害を受けなければ一般には信じてもらえないし、国際政治と覇権争いや覇権維持のための裏の凄まじさを知らない理系の研究者だと、既存の科学知識の範囲に意識が拘束されて、一般の人以上に信じてくれない可能性がある。

脳操作に関しては、操作とその結果が見えるものでなければ、裏の脳操作の結果が目的に対応しているかの確認ができないため、行動面の操作の方がしやすいはずで、逆に心理に関しては、脳操作をしてもその操作に対応した結果が得られたかの確認が簡単にはできないだろうから、結果として行動の操作がメインになるのではないかと推測する。

この推論は前述の被害にも当てはまっている。

そもそも、こういう被害のことは書くつもりはなかったけれど、被害があって、日常生活が妨害されるので、仕方なく書くのだが、脳操作に関しては、ある程度の内容を書かないと妄想にしか見えないため、一定程度の説明が必要になる。

これは妄想ではありません。

日常において、生活のための行為を除いたもののうち、優先順が高いものに関しては、なかなかそのための目的行動ができずに不便な状況が続いている。

最近だと、祖母が他界したので、通夜と葬式はなんとか出席できたが、二七日、三七日、35日の法要への出席は、あらゆる手法で妨害されている。終いにはこちらの自業自得に見せられて睡眠操作も関係させて、昼夜が逆転させられているが、僕自身はそういうことにならないように細心の注意をしていたのに、それが潰されて自分がそのときにするつもりのなかったことを、脳の遠隔操作でしていることが繰り返された。結果として、被害の訴えが証拠を伴う形でできてはいるが、睡眠周期を壊すようなやり方をする必要はないし、そんなつもりはなかったし、むしろそういうことは絶対に避けようと考えていた。

前述の「思い出した」の後に書いたように、遠隔脳操作で自業自得に見せて、人生が破壊されていっている。


最初の方で「相手の妄想だが、全て僕を悪いという風に捉えている。」と書いているけれど、それに関しては、メディア集ストで政治利用がなされていて、今よりも社会がリベラルだった2009年頃(36歳で死ぬと思わされてそのちょっと前)のことだと思うけれど、あの頃はリーマンショックの後で、オバマ政権や日本の民主党政権ができる過程で、世の中が大きく変わる予兆があったので、そのときに僕が言ったのは、日本社会を北欧モデルにするためなら、僕のせいにしてもらっても構わない、というものだった。

北欧モデルというのは、大きな政府で格差が小さく、教育や医療が無償で福祉が充実しており、短時間労働で税が高くても非常に豊かな生活ができる福祉国家を形成している。誰にも等しくチャンスも与えられるし、教育や職業訓練が無償であることに加えて生活費の支援も受けられるので、失敗しても人生をやり直すこともできるため、社会として非常に機能的かつ安心した生活が可能な社会モデルを実現している。

そういった社民主義に基づいた福祉国家の成功例をモデルにして、日本社会が発展の方向に舵を切るためなら、それを僕のせいにしてもらっても構わない、と言ったわけで、メディア集ストの政治利用があったため決して妄想ではなかったが、北欧モデルにするため、という前提条件を無視して、何でも僕のせいにしていいとは言って無い。

僕の自業自得にはならないはずで、それは前提条件を無視したのが、権力の裏の仕業か、聞いていた人の恣意的な対応か、誤解のせいにする権力の裏の仕組みか知らないが、僕自身はそれに条件をつけていたので、その条件なしに僕のせいにされても困るし、僕が自分で言ったことが反映されたということにはならない。

同時に、いまの僕のせいにする相手が、もしも、僕の言うことを聞いてはいけないと言っていた人だとすると、僕のせいにするという行為によって、一部で僕のいうことを聞いていることになるかもしれないが、条件の問題が存在するので、相手にそのまま返るとは限らない。

僕の言うことを聞いてはいけない、という表現だって、僕が過去にメディア集ストの際に、脳操作で思ったことを喋らされたりしたので、別に僕の言うことを聞いていなくてもいい、と言ったことの反映かもしれないが、「聞いていなくてもいい」と「聞いてはいけない」では意味合いがまるで異なる。前者は耳に聞こえる声を意識しなくてもいい、ということであり、後者の方の言葉を悪用すると、声の言っていることをしてはいけない、という形にされる場合があって、そういうやり方で権力の裏が僕に圧力をかけてきたため、2013年以降から政治離れをせざるを得なくなっていた。権力の裏が卑怯な手法をしていることを知る糸口くらいにはなると思う。卑怯ではあっても権限を有している者が悪質なら子ども程度でもできそうなものであるが、被害を受ける側からするとどうすることもできない状況に追い込まれる。

ただ、過去(2007年〜)に僕が主張していたものに、たとえ短期的にはマイナスでも長期的にはプラスになることをすべきだ、という表現があって、当時主張していた同一労働同一賃金や長時間労働の是正などは今になって多少は動いているので、目先の悪用があっても、どうしても必要な主張はした方がいいのではないかと考えている。海外では時短労働やワークシェアリングなどが積極的に実施されるようになっている。時代の流れでもあるかもしれない。


補足:メディア集ストなどを直接受けているのは僕であって、家族は何も関係ありません。家族等は僕のせいにはしていないでしょう。そもそも脳操作技術を用いて、悪質な手法を自然に見せてしようとする権力の裏が存在するようなので、そこには注意が必要だし、罠に嵌らないように対応しなければいけなくなる実情がある。


補足2:著名人を除くと20年以上前の関係者の写真を使っていますが、名前がわからないように配慮しています。また、個人情報保護法が対象とするのは「個人情報取扱事業者」であり、それは「個人情報データベース等を事業の用に供している者」をいい、僕は一個人でしかなく、個人情報データベースを扱うこともないため、この法律に抵触することはないようです。







170110

明確に事実と分かる証拠がHP上では変態被害のところだけだったが、メディア被害に名前が分からないようにそっくりさん写真を出したので、そちらで事実と分かるため、HPの目次を修正したが、テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)の電磁波のビリビリとした被害を酷く受けた。苦しくてほとんど動けなかった。あくまで比喩だがしぬかと思うくらいやられた。そのためもあって午前中の祖母の四七日法要にも出られなかった。

考えだけ聞いて加害する連中がいるため、その被害によって、本来はすべき修正もできない状況。開きやすいところほど無難な内容にしつつ、実状を訴えることは可能だろうけれど、遠隔操作で僕を悪者に見せたいような連中の影響と思わしき脳操作と、証拠価値を下げたくない意図が関与して、そこに電磁波兵器の被害が加わるため、簡単な作業ではない。相手がただの関係者か、人工知能か、権力の裏が直接かは分からないが、こんなことは権力の軍事技術を用いた手法が背景になければ起こり得ない。

朝から午後3時過ぎまで、通過するJR東海が警笛を鳴らし続けた。通過したときに鳴らさなくても、通過して離れてから鳴らしていた。運転手が嫌がらせをさせられていて、往復して帰りに通過したときには鳴らさないようにしたけれど、結局鳴らさざるを得ない状況にされているように思える状況だ。

裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、これだけ被害を受けているのにやめない、と言っていたが、僕は何も問題があることはしていないし、HPの目次の修正も客観的により望ましい方向だと思うから、僕の監視役が何も分かっていないのに僕に圧力をかけてくることがはっきり分かる。しかも僕は相手が誰か全く分からないが、相手は僕の名前を言ったりするので、僕を明確に認識しており、対象を認識した状況で何らかの加害の意図があるように見える。

ただし、そう見えるだけで、相手に加害の意図があるかは分からず、僕の監視役の思考が権力の裏に読み取られて、それが悪用されているのかもしれない。それなら問題は権力の弾圧システムに存在する。

同じ者の声か分からないがマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、飛騨の引きこもりに関わらしちゃった奴の問題やもんで〜、と言ってきた。仮に飛騨の引きこもりというのが僕だとすれば、僕が何に関わったと言ってのだろうか? メディア集ストなら30年以上前の子供の頃からなので、それ以外のことに僕を関わらした「奴」がいるということなのか?

ネットで噂される集団ストーカーだとか、僕の被害であるテクノロジー犯罪だとかのことだろうか? テクノロジー犯罪の存在を知ったのは2012年だが、被害はそれ以前からあったけれど、非常に高度なテクノロジーを用いたタイプの人体遠隔操作実験であり、2012年以降は直接的に分かる形の圧力と弾圧を受けている。

それ以前は、原因不明の体調不良がずっと続いていた。HPの過去の写真の表情からも推測できるように、20歳前後の頃は年に数日も元気に動くことすら困難だった。しかし、健康状態は良好で、自律神経失調症だとか心気症のようなものとしか判断できないものだったのが、2012年にテクノロジー犯罪の存在を知って、明らかに遠隔操作被害もあるため、それらの体調不良がテクノロジー犯罪の電磁波で生じていたことが分かる。

遠隔脳操作被害だが、裏では想像以上に高度なものが昔からある。例えば僕は自分を僕としか言わないが、小学生のときにオレを使ってみようと試みて、何度か使ってみたが、異常な変に異常な違和感を感じて使わなくなっている。何かの計画的な利用が想定されていたのではないかと感じる。

それ以上に明確なのは、十歳代半ばから、何故か最も親しくて自分にとって重要な友達ほど相手を呼ぶときに苗字を使っていて、その異常性に気付いたのが、30歳を超えてから。僕はそういうことが分からないような変な人間ではないので、何故にそんなことが起こり得たかが不明だ。いまは孤立化工作がされているので、最初から孤立化させて利用する計画があったことがわかるが、それが事実であるだろうことは、HPのメディア集スト(エンタメ)のところの証拠だとか、変態権力による…のところのきわどい証拠の文脈でなければ分からないと思う。前者の方は分かりやすいし明確だが、後者の方は物的証拠ではあるが、あまり見ない方がいいと思う。

それにしても、なぜに何も悪いこともしていないのに、子供の頃から見えない被害による制約を受けて、人生を破壊される必要があるのか? 僕には全く理解できない。

テクノロジー犯罪を含む弾圧行為は止めて欲しい。



裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、とんでもない被害の奴がこっちきたんだ、と言っている。

こっちとはどっちだろう?

JR東海さんは昔の国鉄時代からどころか僕が生まれる前から、ここを通過し続けている。

メディア集ストがあるので、メディア関係ならテレ朝さんとの関係は明らかに30年以上だし、TBSもそれに近いし、NHKは幼少期から祖父が大好きだったし、フジ系列は2012年から見ていないし、日テレ系は裏にいるっぽいけれどそれ故に昔からだろうし、ゲンダイはネット時代からだが講談社そのものは新書の表紙が肌色の頃からよく読んでいるし、科学系のブルーバックスも講談社なので昔からだし、そもそも講談社はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの本を出版していたし、こっと来た、という表現が当てはまるところは不明。

竹中平蔵の方がこっちきた、と言っているが、彼は僕の天敵の立場の人だ。メディア集ストでは特に喧嘩はしていなかったが、それは彼のコラムを読んで僕が批判したことを彼がテレビで一切言わないので批判できなかったからだし、そもそも、僕は批判的というよりは融和的な人間なので、敵をあまり作りたがらない。

少年時代の僕の教師に竹中平蔵さんそっくりの人がいるから僕が竹中さんの方というわけではない。ただし、裏は何かを目論んでいたに違いない。分かるようにそういうことをする裏がいるのか、裏がそちらを嵌めようとしたかは分からない。ちなみに竹中平蔵さん自体は悪人ではないだろうけれど、彼を利用するところに問題があると思う。彼そっくりの先生は非常にいい人で、表現は変だが善人の塊みたいだった。

こっちと言うのが共産党系なら、確かに僕は社民党止まりだけれど、ずっと社民党の人に脳同期されていたし、社民党だと違和感をあまり感じなかった。ただし、本来的には格差是正が目的で、安全保障で闘うタイプではない。もちろん平和主義だし、過去の日本が平和を維持してきたので、ここ数年までは普通の生活者が格差是正よりも平和を優先して闘う必要までは感じなかった。

おそらく、日本という国の安全保障においては砂川判決や60年安保以来のトンデモナイことがここ数年発生していたので、自分の優先順位を格差是正から平和主義及び立憲主義にシフトしたのだけれど、それにより苦しい状況になっている。

もちろん、過去にもアフガンでの紛争においてインド洋での米軍への給油だとか、それにともなう軍人の運搬や、イラク戦争での自衛隊のサマワ駐留という違憲行為があったことは確かだし、米軍基地の問題は昔からあったし、十数年前の周辺事態法制などもあったけれど、僕は格差是正がメインの左派系なので、それらとは距離をとっていた。安保系で過去に闘ったのはかつてのトンデモナイ共謀罪のときだけだった。
(今年になって表に出てきた共謀罪はかつてほどのメチャクチャさはないけれど、決していいものではないだろうし、民主主義の後退に繋がるようなものは、秘密保護法にしても、司法改革における盗聴の拡大にしても、一般市民としてはなるべく阻止できたらいいとは考えている。)

2015年の安保法制に関しては明確に憲法に違反しているし、武器輸出3原則が防衛装備移転3原則にかわり、そこでの紛争当事国の定義が違憲であったり、さすがに無茶苦茶だったので、格差是正を一時的に言えなくなろうが、優先順位を一時的に替えて、平和主義を叫ばざるを得ないようなものだった。

相変わらず僕は直接接触できなかったけれど、シールズが代弁してくれるかのように頑張っていたし、リーダー格がアキくんだった(僕も昔ニックネームがアキだった)り、HPの証拠に写真を掲載しているけれど、いつもの撹乱しながらのメディアによる仄めかしで、朝日新聞がシールズの中の僕の似た人と古谷という保守派の人の対談を写真付きで掲載していたりしていた。僕は保守派ではなくてリベラル派だ。内政は社民党に近いのでリベラル左派よりだが、護憲リベラルというよりは、リベラル左派改憲の価値観で(右翼改憲案を出した自民党に逆同期されていたりするのかも?)、例えばゲンロンの東浩紀さんの改憲案が保守よりなので嫌がっていたりする。東さんも浩紀なので、浅田彰さんと一緒に雑誌が扱っていたり、池上彰さんと星浩さんで仄めかされたり、サッカーの城彰二さんと中田浩二さんで仄めかされたりしているけれど、おそらく彼らよりはやや左よりになる。母子家庭で育って、体調不良で底辺に堕ちているけれど、頭は悪くないので右翼に騙されるようなことはないので、左派系になるのは自然なことだ。

マイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、あんたこのこと言ったんじゃないんだ、と言っていたが、あんたとは誰のことなのだろうか?

共産党だけれど、僕は米国さんに監視され利用されているっぽいので、公安調査庁が監視団体に指定している共産党さんまではどうしてもいくことはできない。でも僕自身は社民党に近いところもあるので、共産党を否定はしない。むしろ公安調査庁が、日本共産党が共産主義ではなく社民主義政党になっているのに監視指定していることが異常だと思う。共産党のHPで政策を見れば、税制を除けばEUで実現しているレベルのこと程度しか書いていないので、問題視する方がおかしいと思うのは自然なことだ。そういえば、小中の先輩が小池晃さんそっくりだった。

それとは関係ないけれど、2012年にテクノロジー犯罪の強烈な被害を受けて、どうしようもなくて、ド田舎で逃げる場所が共産党の地方議員さんのところしかないと判断して逃げ込んだりしているが、被害を一方的に受けて、それに対して合理的に対応した結果なので、僕の問題ではありません。

あの頃もJR東海が警笛を鳴らしまくっていて、同じ時期に尖閣問題があったけれど、石原慎太郎氏と思わしき意識に乗っ取られて変なこと(尖閣諸島で暮らしたい…だったと思う。南海の孤島で暮らしたい希望は昔からある。)を遠隔操作で言ったので、すぐに尖閣の棚上げ合意を反故にしたのは日本なので、僕は尖閣国有化よりも日中ホットラインの構築の方が優先されるべきと考えていたことを主張して補っている。いつものことだが、補った方が伝わっているかは疑問だ。

あの頃は韓国の李明博(イミョンバク)大統領(当時)が、竹島に上陸していたこともあって、日本語読みがアキヒロと僕と一緒なので、その名前で竹島に行くなよ、と抗議していた記憶もある。そういえばG20では李明博氏とネクタイ色を使って僕に嫌がらせ仄めかしがなされたこともあったが、僕が誤解されている可能性の方が高いと思う。

思い出したが、違憲の安保法制の際には公明党で入閣していた太田昭宏大臣に、その名前で違憲立法にサインしないで欲しいと言っていたが、組閣の際に外されていた。名前が同じ政治家だからといって、価値観まで同じとは言えない。

民進党で民主党政権のときに2度大臣をしていた大畠章宏さんは理系で元社民党で労組出身なので価値観が近いようで、電力労組出身であるため、原発再稼働の立場だったり、同じようで違ったりする。

上の両者は違いはあっても、近いところも多いけれど、名前が同じで本当に価値観が近いのは民進党の初鹿明博さんかもしれない。ただし、彼とはメディアで接触する機会もほとんどなかった。最近は民進党の青年局長を外されていたので、リベラル系はまだまだ多難なのかと落胆したのが最近のことだ。きっと、知らないだけで彼ともどこかは違うだろう。

人間なので価値観が完全に一致するなんてことはあり得ないので当然だろうけれど。






170111
今日は電磁波被害をひどく受けた。JRが警笛を鳴らしていたが、共謀罪に関する記事を読んで、小泉内閣の時の共謀罪には反対したこと、2006年に政治離れして英語の勉強などをしていたためにその年に民主党も修正案で共謀罪の法案を出していたのに知らなかったこと、昨年の共謀罪のときに反対したら提出されていなかったこと、こういうことが偶然かは分からない。

お茶を飲んだだけでJRが警笛を鳴らす(一度鳴らした後に、僕がお茶を飲んだタイミングでもう一度鳴らされたが、こういうことは時々ある)ことを言ったら、鳴らすのを止めていたJR東海の警笛が、これを書き出したら鳴らされるようになった(13:40)。

政府の説明によると共謀罪は、国連の要請であり、東京五輪開催におけるテロ対策のためらしいが、国連の要請は国際組織金融犯罪への対策のはずで、テロ対策のためではないし、テロ対策は既存法の範囲で可能だという専門家の意見があるので、結局は必要ないように思うが、今日の朝日新聞によると、公明党が対象となる犯罪の範囲が広いため「テロに限定するなら600超も必要はない」と与党協議で絞り込みを主張しているのに対して、何故か与党自民党ではなくて外務省の意見が掲載されているが、「外務省幹部は対象犯罪を限定すれば、条約締結自体ができなくなる恐れがあるとみて「世界標準に日本だけ合わせなくていいのか」と絞り込みに難色」とのこと。条約締結のために絞り込めないという意見は事実に即してのものか甚だ疑問で、説明が欲しいが、通常ならあるはずの明確な説明が無い。報道の自由度が著しく下がって久しいが、これでは僕を含む一般人には何が正しいか判別できない。この国は民主主義を前提に成立しているのではなかったのか?

よく読んでもらえば分かると思うけれど、朝日さんの批判をしているのではなくて、今の社会情勢のおかしさに疑問を感じている。

  :
  :
  :

そういえば、9日の現代ビジネスのネット版に、 髙橋洋一さんによる「朝日新聞のあまりに稚拙な「経済成長否定論」を一刀両断してみせよう 経済面でも、この国をミスリードするか」というコラムがあったが、デタラメばかりだった。朝日がマクロ経済を知らないと書きつつ、マクロ経済を間違った論理で主張されていて、朝日新聞が経済成長否定を書いたのを格好のターゲットにしているみたいだけれど、間違いを前提に批判しても無意味だと思った。何が間違いなのかを、このブログで書こうと昨日は考えていたが、テクノロジー犯罪の記憶抑制により忘れさせられて、自分がするつもりもない作業をしていた。

僕の考を最初に書くと、僕は再分配ができないならデフレは歓迎するし、デフレにおいて経済成長率が0でも、それは社会にとっては問題はないことを知るべきだと思う。問題は国の借金が膨大であることで、その観点では成長して税収を増やして基礎的財政収支を黒字化しなければいけないのだけれど、国民生活という観点では、デフレは物価が下がることで年金生活者など低所得層に優しい状況が生じ、デフレ下でもマイナスではなく0成長であれば、実質的には社会は良くなっているということになる。非正規社員の賃金のあまりの低さは人権侵害の域で、例えば時給千円でフルタイム働いても年収は2百万円程度なので、安く買えることはありがたいはずだ。賃金が上がらなかった中で、物価が下がれば、非正規社員は賃金が下がることはないので、実質的には不遇の低所得層には賃上げに相当することになる。

だから朝日の《成長の鈍化はむしろ経済活動の「正常化」を意味しているのかもしれない》という意見は、優しい立場からのものであることが分かる。これに対して高橋洋一さんの「成長を否定したら、幸福の実現は難しくなる」という表現は、既得権や富裕層の幸福の実現という意味だと読者は理解しているのだろうか、という疑問が生じる。1970年代の朝日新聞の「くたばれGNP」は、僕は生まれていないか幼少期なので知らないけれど、当時と現在では状況があまりに違う。


ピケティの21世紀の資本が売れていたが、あれで有名になった公式 r(資本収益率)>g(経済成長率) を考えても、経済成長をすれば、一部の既得権の利益がそれ以上に増えていて格差が拡大することは確かだ。一部にその例外があって、それがデフレ下の日本であり、デフレでは格差は縮小することがわかるが、それを主張されていたのが髙橋洋一さんだった。意見の変化があったのかは知らないし、もともとのその意見が、ピケティ批判のためだったのかもしれないが、政治的に意見を変えるひとなので、オバマ大統領からトランプ大統領になるタイミングで朝日批判をしたというのは勘ぐりすぎなのかは分からないが。

ちなみに僕の意見を誤解されると困るので補足的に書くけれど、デフレを歓迎するというのは前述にもあるけれど、再分配ができないのならという条件が付いてのもの。富の再分配が可能であれば、成長した方が再分配の原資が増えるので、それに対する抵抗も小さくなるし、企業の利益が増えて税収増につながり、財政赤字の解消も可能になる。税収が増えれば福祉や教育などの公的サービスも充実する。よって、重要なのは富の再分配ができるかどうかにかかっている。

高橋洋一さんが主張するように「経済成長と失業には密接な関係があり、経済成長しないと失業が増えるという「オークンの法則」(Okun's Law なお番組後、出演者から英語のスペルを聞かれた)を紹介し、成長なしでは人々の満足度は高まらないと説明した。」というのは、失業率という観点に限ればように思われるかもしれないが、この法則は人口が増えている世界を基準にしたものであるようなので、人口減少社会に突入した日本では違った視点が必要かもしれない。


高橋さんが「メインキャスターの橋本大二郎さんから、人口減少が進んだとしても、オークンの法則は成り立つのかと聞かれたので、成り立つと答えている。」と書いているけれど、これはおそらく橋本さんの指摘が鋭い。

彼の「オークンの法則が如実に示すように、経済成長は失業を減らす。そうなると、自殺率、犯罪率、生活保護率なども良くなる…経済成長は国民全ての所得を増やすことになるので、弱者を助ける分配問題においても、パイが大きくなるので解決が容易になる。」という意見を批判するつもりはないけれど、適度なインフレ下で経済成長して失業率が下がった場合、最低賃金の引き上げを含む適切な賃上げがなされなければ、特に低所得労働者の待遇が悪化する傾向はあるだろうし、労働時間が増える弊害だってあり得る。また、金融緩和で失業率が低下したにしても、現状で起きているのは正社員が減少して非正規社員が増えるという現象だ。また、分配に関しても、富の再分配が十分になされた場合にいえることで、日本の富の再分配が不十分である現状では、大きな改善が必要に思う。


(高橋洋一さん)「金融緩和については、実質金利の低下、為替安などで民間部門の有効需要短期的に、長期的には効果累積額でみると大きく作用する。…略…財政政策が財政事情などで継続的にできない中、金融政策は継続的に実施しやすいので、金融政策は長期的に効果が出やすいともいえる。こうして、短期的な効果は財政出動の方が強いが、中長期的には金融緩和も効果が出る。」とあるけれど、金融緩和でもバブルの懸念から長期的に継続できるとは限らない。財政政策は税収に依存するが、再分配が適切ならより福祉や教育といった長期の公的投資が可能であり、その手法で成功しているのが北欧諸国であることは知られている。

また、トリクルダウンが生じないため金融緩和は富の再分配が十分になされていない社会では、マネーが上層で滞留するだけで、株を押し上げる効果くらいしかないということになり、北欧の社民主義国家における社会的市場経済の新自由主義経済に対する優位性がはっきりしている。

それでも失業率が下がるのは、いまの国際会計基準が、企業の利益に株式等で得た利益を含めることができるようになったため、実際は赤字経営でも株価が上がれば黒字とみなすことができて、新たに雇用を増やす動きに繋がることがあるのではないか?


(高橋洋一さん)「マクロ経済学の基本的な理解があれば、財政出動とともに、金融緩和も失業を減らすということがわかるはずだ。そして、累積効果が大きくなる金融緩和の場合、インフレ目標は緩和しすぎないための歯止めだ。これは欧米先進国の常識でもある。」と書かれているのに対しては、実際に日米で金融緩和により失業率が下がったのは事実だから、それ自体は尊重するけれど、「インフレ目標は緩和しすぎないための歯止め」という意見には、インフレ目標は高すぎるインフレ率を抑制するためのもので、物価を上げるためのものではなかったという反論がある。

実際に日本では過去に原油高などで物価上昇があっただけで、金融緩和では物価は上昇していないようだけれど、再分配が不十分な国では、金融緩和だけでは目的の達成は不可能で、むしろ実体経済から金融経済が遊離して実体経済の何倍ものマネーが株価を押し上げるのみになりで、資本主義自体が破壊されるような結果をもたらすだけではないのか?

もし今の先進国の不健全な経済状態を健全化したいなら、成長余力のある新興国や途上国に、浮遊したマネーを移して、実体の何倍にもなった資本をそれらの地域の発展で吸収するしかないと思うが、今度就任するトランプ大統領は、その方向性の逆をすると見られるので、経済の破綻などをもたらさないか懸念がある。


(高橋洋一さん)「最近の失業率の低下は、金融政策の効果ではなく、生産年齢人口の低下のためであるという議論もあるが、これは、人口減少だからデフレになると同じくらい、間違った考え方である。それは、生産年齢人口が増えていた以前のときのほうが失業率が低かったことからもすぐわかる。」という意見に対しては、以前は日本の製造業に力があり、世界中に家電や自動車を生産して輸出し、世界を席巻していた時代だったので失業率が低かったわけであって、同じ時期に米国や欧州では高い失業率が問題になっていたので、特殊な状況を例示しているだけだろう。

人口減少だからデフレになるということを間違いと解釈されているが、人口が減少すればモノが売れないため価格競争により物価が下がっていた日本の実状を否定している。もちろん中国などから安い製品が入ってきたり、生産効率が上がることで物価が下がるという側面もあるが、それは製造業にのみ言えることで、日本のデフレは外食産業や弁当などにも及んでいて、そこでの異常な低価格は価格競争の結果であろう。

僕はデフレの原因が、人口減少や人口構造の変化においての需要の低下とそれに伴う過剰競争の結果であり、同時に富の再分配の不足により、低所得層や低年金者がモノを購入できないため、一定の人口のあるその層にモノを売るために低価格競争を強いられた面もあるだろうから、富の再分配で需要を喚起することが改善策となることを主張していた。


(高橋洋一さん)「失業率と生産年齢人口の推移をみれば、最近の失業率の低下は生産年齢人口の低下とは結論付けられない。失業率は、労働力人口から就業者数を引いたものを労働力人口で除して定義される。労働力人口は「15歳以上の人口」であり、生産年齢人口は15歳以上65歳までの人口。両者はパラレル概念だ。労働力人口(生産年齢人口)が減少するとき、それを所与とし、経済状況によって就業者数が決まってくる。なので失業率は分子も分母も労働力人口の動きを見込んだものとなって、景気だけに左右される。」とある。

まずは、「失業率は、労働力人口から就業者数を引いたものを労働力人口で除して定義される」だけれど、完全失業率は、仕事をしていない人ではなくて、仕事を探している人を基準に算出されるものなので、高橋さんの失業率の定義は便宜上のものでしかなく正確ではない。

その後の理屈は、論理としては正しいかもしれないけれど、現実には即していないと思われる。

今の日本の高齢者が増える中での人口減少という状況では、

(労働力人口ー就業者数)/労働力人口

という式でパラレルだから分母分子ともに減って人口減が関係ないという理屈らしいけれど、実際は、少子化の影響で労働力人口は急激に減っているものの、高齢者が多いので経済を維持するための就業者数は(技術革新が今後なされない限りは)それほど減らないため、分子の方が小さくなることにより、この便宜上の失業率は小さくなる。

要するに、いまの日本の現実においては、論理的には人口減少が失業率を下げているという考え方は必ずしも間違っていないのではないかということになる。


(高橋洋一さん)「日銀は金利管理に移行した。…この方式では金融政策が財政依存になる。…そうした状況では、財政政策の出番(国債発行)であり、そうなれば、財政・金融一体発動になって、日本経済に好都合となる。…幸いなことに、日本の財政問題も、現時点で考慮しなくてもいいくらいだ。…国債を発行して財源調達すべき分野も、法律改正が必要だが、教育など未来への投資と言われる分野で多い。金利環境がいい現在は、未来への投資に事欠かない状況である。」

これに関しては、財政問題が考慮しなくてもいいのは「現時点」であって将来でないことが問題であろう。未来への投資は必要だが、財政規律は無視できず、高齢者や弱者の福祉はそれ以上に重要だ。

そういった観点からすると、実体経済を無視したかのような、金融緩和で膨れ上がった富裕層の膨大な資産(無貯蓄世帯が増えているのに、金融資産は数年で1200兆円から1700兆円まで増えている)に課税して、財政規律を正常化するのが筋だが、理解が得られないのか、手が付けられていない。それらの一部を使うだけで、大学までの無償化(年3兆円程度だったはず)や、弱者の救済などが可能になる。


(高橋洋一さん)「朝日新聞の論評が文中で言及しているシェアリングエコノミーは経済成長を促進するものであるため、朝日新聞の主張は支離滅裂になっている。」とかかれているが、何処に着目するかで違った結論になる類の批判ではないか? シェアリングエコノミーはネットなどを含んだサービス業においては経済を成長させるものの、製造業や建築業という観点からは、購入することなく皆でシェアするため、そちらの経済は小さくなるだろう。

世界中が成長していて、70億人がある程度豊かな生活ができるようなこれからの時代には、物質には限りがあるので、シェアの観点は欠かせない。両者も僕も他も、シェアリングエコノミーには肯定的だと思う。

懸念があるとしたら、何らかの要因でシェアできなくなったような孤立したひとが存在した場合、社会は見過ごすようなことがあるかもしれず、そういった観点からの人道的な救済ということが、いまの日本社会で十分議論されていないように感じる。

レーガノミクスの論理的間違いが無視されてきて、その歪みが露わになった昨今に叫ばれる資本主義の怪しさにより、経済学が支配のための道具であることが露呈しているけれど、一市民からすれば、貧困がなくて、誰でも教育や医療、福祉が受けられる社会であれば何でも構わないという感じはあって、その方向で経済学が動いていないのが問題だと思う。

(高橋洋一さんのような元官僚さんだと、野党に対する自民党の答弁書を書いたりするからか、割と正しい理屈の反対で、一般人が説得されるようなことをいうので、ちょっと皮肉かもしれないけれど、たいしたもんだと感じる。)


補足:これは高橋洋一さんを批判することが目的ではなくて、読んだときに意見がほとんど反対なのが興味深かったことと、そのことを書くことによって、かねてからの自分の考えがわかりやすくなるので、それを目的に記述したものです。


 ーーー


映画をテレビやDVDですら見なくなって(見られなくなって)久しいけれど、2016年のキネマ旬報の日本映画のランキングを見てびっくりした。一位が「この世界の片隅に(片渕須直監督)」で二位が「シン・ゴジラ(庵野秀明総監督)」という流れなのに、「君の名は。」が入っていない。

僕がHPに書いたからかもしれないけれど、それなら、この上位2映画も僕絡みかもしれない。キネマ旬報が余計なことをしなければ、こんなことは書かない。

「この世界の片隅に」の能年玲奈さんはNHKの朝ドラ「あまちゃん」のヒロイン・天野アキ役だった。アキが付いている。いまは「のん」と改名したけれど、のんというニックネームは僕の同級生に男女二人存在する。彼女が2015年4月に事務所独立騒動が発生し洗脳されていると吹聴されて休業状態となっていたことや大手から干されていたことは聞いていたが、理由までは分からない。干されても裏で支援されて声で出演したアニメ映画「この世界の片隅に」で評価されている。(天野アキの母(小泉今日子さん)の娘時代の回想シーンで出ていた有村架純さんが可愛かったのだけれど、auの三太郎CMやNHK紅白歌合戦の司会などを務めていた。2017年度前半の朝ドラの主演でもある。彼女そっくりの高畑充希さんが朝ドラのととねえちゃんの主演だった。うちにととニャンちゃんがいるのはご愛嬌。)

シン・ゴジラは、見たこともないのに好きなことにさせられたことで嫌悪する「新世紀エヴァンゲリオン」の監督作だが、僕が子どもの頃の’80年代の参加アニメは、好きなものが多い。シン・ゴジラ自体は興味もないが、家のととニャンちゃんをモデルにしたソフトバンクの犬のお父さんCM(一連のこのCMが家を仄めかしているのは、複数の事例から明らかだった)で、シン・ゴジラが犬の父さんを襲おうとするものがあって、そういう変な縁があるが、シン・ゴジラは僕の敵ということなのだろうか? 僕は家のととニャンちゃんや他の猫や家族や自分を守り抜きますが。

うちのととニャンちゃんなのだけれど、妹が名古屋で暮らしていたときに拾って、トトロから命名したらしい。

先日出した写真の看板で思い出したのだけれど、高校のときに文化祭の出し物でオズの魔法使いをやっている。あの看板は何かをモチーフに僕が描いているけれど、お客さんがたくさん入ればいいと思って作った記憶がある。真ん中にオズの魔法使いのドロシーが飼っている犬が描かれているけれど、あの犬の名前がトトであることに気付かされたのは最近になってから。あの看板の犬の顔が何故か猫みたいになってしまったが、偶然かは分からない。

高校当時、うちの周りに2匹の野良猫が住み着いていて、トトとは別に、その二匹の猫そっくりな別の二匹を拾っていま飼っている(HPのプロフィールに写真)。こういうのも偶然かは分からない。



変なことが多いけれど、妄想ではありません。



170112
テクノロジー犯罪の電磁波被害で苦しい。
裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、やっとお前がオレたちの敵と分かった、と言ってきた。オレたちとは誰なのだろう? 僕は客観的に事実と思うことだけで、考えを構築していて、それ以上でもそれ以下でもない。また、誰かの誤解で攻撃されているのか? とにかく苦しい。

追記(170112夕):
僕は何も悪いことはしていませんよ。だから、名前を出して正直に全てを書いている。裏に電磁波兵器を使われているのだから、名前などを出して訴えるしかない状況だ。

前述の文章も、敵か味方かなど僕には関係なくて、一般市民の中立客観的な立場で、何が事実かを追求しただけ。

不思議なのは、なぜ、米大統領や日本の首相が交替すると、被害のあり方が変わるのかということ。

どの機関がしているにしても、テクノロジー犯罪(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)はやめるべきだ。

国際的な規制と国内の禁止法の制定が必要。




追記(170112):
誤解を避けるために

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の被害があるのだけれど、僕を別人に見せたり、別人を僕に見せたり、僕を二人にみせたり、別人に僕と同じ意見を僕の声で言わせた後にその人に僕とは違う意見を言わせたり、そういうことを裏がしているのが、音声送信で分かる。遠隔操作被害もある。

僕は何も悪いことはしていません。僕を誤解させないで下さい。僕を誤解しないでください。

一見すると誰かが、全てを何も悪いことはしていない僕のせいにしているかのように見えるが、この変な脳同期と脳操作の社会実験をしているのは、超国家レベルの巨大組織に違いないので、そういった組織の側の仕組みの問題を一般人のせいにする手法が僕に集約しているかのように見せてこられるけれど、あんまりだ。

僕は無宗教だが、まるでキリスト教の自己犠牲の精神を、僕みたいな関係ないものに強要しているかのようだ。僕は仏教徒ですらないが、家の宗派(浄土真宗)は尊重するし、思想としての仏教は宗教というより哲学だと思う。

日本人はキリスト教的な隣人愛よりは利他という価値観だし、自己犠牲よりは慈悲だろう。別に文化の違いを強調するつもりはありません。別の文化に対しては尊敬の念を持っているし尊重しているが、僕は自分の育った自然の文化圏のなかの価値観を有している。

だから誰かのせいにせず、共存する道を日本社会は選ぶはずで、誰か個人のせいにしてはならない。


念の為に書きますが、何者かによる罠には嵌まりません。




170113(金)
今日が13日の金曜日だからか、ビリビリビリビリビリビリ…とひどい。

僕はキリスト教徒ではないので、キリストの受難のように他の人の罪まで引き受けるつもりはない。

そもそもキリスト教とは何も関係ないどころか無宗教の人間だ。

日本は神道、仏教、儒教の地域だが、僕は儒教の考え方は社会を縦型の全体主義(権威主義)にするので嫌いだし、神道に関しては明治以降の国家神道は支配の道具だったので嫌だし、本来の神道は古来からあるアニミズムなら物語としては別に存在を否定しないけれど呪術的で前近代的だと思うので興味の範囲で価値観にはならないし、仏教に関しては哲学の要素と儀式的な宗教の要素が混在していて哲学のところは興味があるし自分の価値観に肯定的に影響していると思うけれど儀式は嫌いだし、価値観に影響するということなら儒教は否定的に影響しているのは間違いないけれど、少なくとも僕は哲学的であっても宗教的ではないのは確かで、特にキリスト教の影響はあまりないと思う。

このビリビリとしたテクノロジー犯罪の電磁波被害が何かは分からないが、13日の金曜日というのが関係ないなら、何処かの重病人に繋がれていて動けない状況なのかもしれない。その可能性を考慮して、絶対に闘わないようにしているし、あまりというかほとんど動いていない。

 ーーー

そういえば変な夢をみた。

勤務していた病院か、通っていた学校の階段の段数を間違えて下りて、大きく前に出てしまって、歩いていた看護婦さんを避けたら、別の看護婦さんにぶつかりそうになって謝った。その後に、階段を登っていったけれど、最後の段のところで足が上がらなくて苦労していたら、同級生nと目があった。彼とひとことふたこと言葉を交わして、職員室みたいな部屋に入ったら、その彼が教師をしていた。突然、別の教師tが話しかけてきた。どうも社会発展に必要なものが何であるかを力説していて、僕の同意を欲していたように感じたが、早口で聞き取れなくて僕は困り果てて曖昧な形だけの同意みたいな返事をしたと思う。その後に、また廊下に出て階段を上がって、最上階の上に続く階段を上がった。階段や廊下にはひとがたくさんいたけれど、母親に連れられた小さな子どもの姿もあった。離れたところに変なボタンだらけの巨大な操作卓があって、そこに備え付けられた立派な椅子に「死ぬ子」と書かれていてゾッとしたが、そのまわりには人は少なかった。僕もそこには近づかないように気をつけたが、あれは何なのだろう?という疑問が湧いてきて頭から暫くは離れなかった。その後に自分の教室に入って自分の席を探したが、前から3番目、左から3番目のところだった。あまり人がいなかったので、そこには座らないで別の席にいたら、隣にいた同級生hが話しかけてきた。何かの雑談をしていたら、さっきの教師tがきて授業がはじまった。徐々に生徒も増えていった。授業に関しては、何故か言っていることが頭に入らなくて困って、教科書をバックがら出そうとしたのに、その科目以外の本を引っ張りだして熱心に疑問点を探していたけれどそれに書いているはずがない。本が違うことに気付いて「脳操作するなよ」とひとりごとを言ったら、さっきの隣の同級生tが前の席にいて、それに応答してきたので、彼は知っているんだと思った。対策として蛍光灯の種類を替えるといいらしいと言っていた。そのときに、いつもの声が、そういう状況じゃ仕方ないな〜と、僕の被害状況を認識していた。

夢なので何の意味もないとは思いたいが、死ぬ子と書かれた椅子が気になる。死ぬ気は全く無いので、そこには座らないようにしようと思った。どうも僕の目を通じてものを認識する僕以外の何かがいるらしいので、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークにも、映像が送られるという被害があるらしいし、あるひとは首に手を置くと映像が見えると言っていたので、もしそれが事実なら、自分の意志で何かを見ることを制御できるひとがいるかもしれず、もしそれが自分でオン・オフできるだけで見る内容までは操作できなかったり、自分の意志で制御できないのに、それにより何かを操作しているかのようなことを権力がその人のせいにする目的でしていたとしても、それがその人の意志で操作していることになるかは分からない(補足:権力がどうであれ、状況依存にはなるが、罠にかけられているなら、そこに酌量の余地は大きく、本当の問題は権力側にあると考える方が妥当性は高いだろう)。僕にはそういう被害状況はないので、何かを操作するようなことは無いけれど、もし仮にいつか操作する側になるようなことが万が一でもあったなら、それは危ない可能性があることを仄めかす夢なので、もし例えそういう状況になっても操作することは拒絶したいと思った。あの椅子には誰も座っていなかった。僕も椅子からは距離をとっていたので、そういう状況にはならないという仄めかしもあって、もしそうであればありがたい。きっと、夢に出てきた人たちも誰も座らないだろう。だって、あんなことが書かれた椅子に誰が座るだろうか? 逆にいえば夢に出てきた人たちは、そこが危ないことを認識できるということかもしれない。

何にしても、ただの夢でしかないと思うけれど。

 ーーー

裏が策略に使うストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信が存在する。

裏が噂の伝搬社会実験をしていることは、知る人ぞ知るようなものだが、ネットか電磁波世界の根拠が乏しい噂を根拠に誤解して思い込んだ相手が僕に付けられている可能性がある。人工知能による稚拙な嫌がらせでしかないかもしれない。スルーしているが、もし生身の人間が誤解して攻撃しているなら、やめた方がいいですよ。

ちょうど一年前に、すらいむという被害者さんが、自殺未遂にもっていかれているけれど、それを先月書いているので、日付を確認するためにチェックした。やっぱり、ちょうど一年前だった。彼女の命が無事でよかったと思う。

考えるに、人工知能か何かが僕に付けられていて、それが僕の読んだものや考えを認識しているようなので、その情報に基づいて人工知能が勝手にストーリーを作って、僕に言葉を投げかけて僕を悪く見せようとしてくる。すらいむという人は、価値観では僕の逆だけれど、僕の裏側で使われた可能性があるひとなので、度々接触したし、彼女の窮地では、何とか救おうとした。いま僕に付けられている相手がそれを知ってか知らずか、変な即興ストーリーで僕を責めても意味はないですよ。

権力の裏が、様様なテクノロジーを駆使して人体実験と社会実験をしているようです。

いまは、おそらくそれらの技術に加えて人工知能の実験をしているのではないか?

中学生の頃に読んだ本に仄めかしがある。

ゲームブック:巨大コンピューターの謎
SF小説:惑星カレスの魔女
藤子不二雄の短編マンガ:ひとりぼっちの宇宙戦争

昔のことなので詳細な記憶はないが、どれも最後はコンピューターと闘ったはずだ。

予言されて運命操作だったのなら、人間はコンピューターには負けません。

冗談みたいな本当の話です。妄想ではありません。




上の文を書いたあとに、いろいろ言われて、そこからある種の示唆を受け取れたので記述します。

この被害に遭遇すると疑心暗鬼になるので、その際に疑って誤った結論を導き出す可能性があるため、テクノロジー犯罪のある種の周波数での電磁波による疑心暗鬼の状態では何も考えない努力をすべきです。

ちなみに僕は闘いません。負けないようにはしますが、闘いません。

この被害では、闘ったり、疑ったり、とがめたりすることは避けるべきです。




170114
ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。

ノイズに混じって断片的に相手の声みたいなものが聞こえる。どうも僕の偽者みたいな相手がいて、おそらく僕を盗聴盗撮しているのだろうけれど、僕の状況にあわせて僕とは違う意見を言って誤解させているみたいに見える。何故にそういう状況が発生しているかは分からない。

諜報機関が人工知能と脳を遠隔地から読む技術の組み合わせで実験しているのか、誰かを使って僕を誤解させられるかというような社会実験的な要素があるのか、それ以外なのか、まったく見当がつかないけれど、変な状況に僕がおかれていることは確かです。

前日に疑うことは避けるべきと書いたけれど、もしかしたら疑うような状況が作られていて、結局は何が事実か分からないので、電磁波世界に影響されている人は、それらを極力気にせずにスルーするような対応が望ましいかもしれません。

 ーーー

今日14日は祖母の35日法要だけれど、被害が酷くて、そのうえ睡眠操作みたいなものもあって、今月に入ってから生活が逆転させられたので、法要には出れそうもない。

ビリビリとした電磁波被害は、完全に無くなったわけでは無いけれど、昨日ほどは酷くはない。睡眠の乱れなどで完全に法要に出られないため、彼らの何らかの目的が達成されたのだとしたら、その目的は分からないけれど、こちらの状況としては遺憾だ。

結局、祖母の通夜と葬式には何とか出られたので、社会復帰もできるかと被害状況に期待したけれど、今年に入ってからは被害が悪化したので、到底これでは社会復帰は無理そう。

将来のベーシックインカムを期待するか、母が働けなくなった時点で生活保護をなんとか申請する以外の道はあるのだろうか?

 ーーー

ゴミ箱に鼻紙を投げ入れたら、ゴミ箱の内側の壁にぶつかってクルクルと回転しながら外に飛び出した。稀にあるが、物理的にはあり得ない現象をどう説明する?

 ーーー

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、弱い、と言ってくる。僕は相手が何かを言ってくるのは、僕が電磁波でビリビリと攻撃されて苦しいように、相手も何かで苦しいから批判を言ってくるのだと思って配慮している。でも、相手が苦しくなくて、僕が言ってもいないことを僕が言っていると思って文句を返しているなら、配慮も見当違いだが、そもそもコミュニケーションがとれる状態ではないのでどうしようもない。スルーするしかない。ちなみに音声送信は一秒程度の一言が多く、一日に数十もないだろうから、たいしたことは言われていない。だから、言うこと聞かないから、とか言われても、何も言われていないので、言うことを聞く必要もないし、そもそも何も言われていないので、その言葉が無意味だとしか思えない。

文脈上、母親か誰かの言葉かのように見えるが、確認しても母や妹は被害を受けていないので、そもそも話が通じない。テクノロジー犯罪などを知らないひとでも答えられる質問形態にして聞いてみるのだが、本当に何も知らないのがはっきりしている。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、ほんっと大変なことになる、世の中動かしたのがお前になるもんで、とめずらしく長めに言ってきたが、僕の今の相手が政治オンチのために勘違いの妄想に支配されている者である可能性を感じる。僕はリベラルな中道左派であり、社民主義+イノベーションの価値観で、僕が世の中を動かしていれば世の中は左傾化するし、報道の自由度は民主党時代のように十位くらい、もしくはもっと上位になるはずだが、いまは右傾化していて百位に近いのではないか?

(国境なき記者団が発表する日本の報道の自由度は、民主党時代は11位で原発事故後も21位だ。安倍政権になってすぐに53位に落ちて、昨年2016年は72位になっている。新聞やテレビでは、過去のように政治のことは十分には分からないような状況にあるかもしれない。)

世の中は僕の意図に逆光して右傾化している。メディア集ストがあった僕の影響が多少なりとあったのは2011年まで。それ以降の右傾化と民主主義の悪化は僕の影響ではないのに、そこで利用された者なのか知らないが、上述のマイクロ波聴覚効果利用と思わしき音声送信が示すように、相手はそれを僕せいに見せようとしてくるので困っている。


 ーーー


0時を過ぎているけれど、14日のところに記述します。

@furu_akihiro のツイートから。

タブレットの美顔診断+をしたら67%で偏差値60のB判定だった。自分の外見がいいとは思わないので意外だったが、その写真をプロフィールの顔にしていた。前の写真や前のアカウントの写真で試そうとしたらトラブル続き。 ツイッターの顔をモノクロ写真にする方に誘導されたような気がする。←それを書かせたくないのか? 僕は生きていますよ。#重要

念の為の写真記録。診断の方は黄金比の3分の2でもいい方? 先月、百歳の祖母が突然に永眠。14日は35日の法要だった。そのタイミングでモノクロ写真をプロフィール画像にする誘導をされたので罠かもと気付いた。連投 @furu_akihiro
me_20170115_013722.jpg

タブレットのトラブルは、明らかにハッキングされての遠隔操作によるものだった。

ツイッターの顔写真は、このブログと同じものを使っていたけれど、誘導されて替えてみて気付いたのは、このブログの顔写真が縦に間延びしていること。どちらも、セルフィー(自撮り)なので、カメラと顔の距離は近い。もしかしたら、間延びした方は、デジカメからPCに書き込む際に、ハッキングされた可能性があるかもしれない。とにかく、何かがおかしいのだけれど、こういう被害状態をテクノロジー犯罪被害(用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)という。

とにかく、何故か僕の考えに見せて、僕を死んだことに見せようとする連中が存在するみたいに見えるが、権力がそういうことを仕掛けたのかもしれない。

何者かが僕の考えに見せて、僕を死んだようにみせようという考えを送ってきたときに、僕は、それで自分が安全になるだろうか? むしろ、余計に危ないのではないだろうか? と考えていた。

権力の裏が、脳操作や思考の送信をしてくるが、それを僕が自分の考えだと思っていると考えているのだろうか?

昔から類似のことはやられているが、非常に不可解だったし、それ以上に僕の考えや感情とは明らかに違うものを僕に送ってきても、おかしいと思うだけで、それを僕自身のものと僕が捉えている訳が無いし、昔から自分の考えで捉え直している。

僕の加害者の思考が僕に届くのかもしれないし、それに即した戦略があるかもしれない。加害者の思考と戦略のどちらが先なのか、その順番は僕には分からないけれど、権力の裏は卑怯だと思う。

もし、僕の偽者がつくられているなら、僕の偽者があまりにデタラメな考えを根拠もなく調べもせずに有していても、また、それが僕に伝わっていても、僕には基本的な知識があり、また正確な情報でなければ信じない傾向があって、疑問点は調べるため、思考送信でのデマに騙されることはありません。

僕が罠に嵌らなかったからといって、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波を当てられるのは困ります。

実はテクノロジー犯罪というものの存在を2012年に知る前にも、自分のものとは思えないおかしな考えが浮かんで否定したり、自分の考えとは異なる感情が湧いておかしいと思うようなことはよくあって、自分を見失わないように注意して生きていた。

加害者機関は、送ってきた感情や考えを前提に、対象がそれらに騙されていると考えていたかもしれないが、僕はほとんど騙されることはなかった。もし、そのことに加害機関が気付いていたのなら、だから準軟禁状態にされて利用されたのかもしれない。

被害が長くあっても、僕は生きています。

利用されたくはないし、死ぬつもりもありません。

被害状態がひどいので準軟禁状態で自由は利かないけれど、実際はとても健康だし元気です。

生き続けます。






追記(170118):
メディア集ストでの利用の具体例と経緯及び現状

裏の権力が実験的に使っていると思わしき人工知能を含めた相手側の手法。ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信を前提として。


もし、裏でスパコンなどを利用した人間の脳並の人工知能が既にあるのでなければ、僕にくっついてくるのはただの人工知能か、もしくは人工知能を介した他の被害者だと思う。ただの人工知能の場合、シャーっというノイズの合間に定型的な言葉が混じるだけか、僕の脳を読んで正確とは限らないがそれを言葉にしてくる。人の場合は、それなりの意見を言っているように思えるが、それでもシャーっというノイズが混じるので、相手の言うことを正確には理解できない。人の可能性がある声は、あまり多くはない。



(170117)
電磁波を受けて、夜の早い時間の間、寝させられた。途中で誰かによるストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があったので、時間を確認しようとしたが動けなくてできなかった。

深夜0頃に起き上がって、それらの経緯で得た内容を記述しようとしたが、トイレに行きたくなって部屋をでて、その後にお茶を飲みたいと思ったけれど急須が空だったので、湯を沸かしてお茶を入れたのだけれど、湯が沸く間に青汁を水(ド田舎なので市の水道とは別に、山の奥の谷の水が出る水道がある)で溶かして飲んだ。

結局、そういうことをしている間に、記憶が失われてしまっていた。(ここまで170117の出来事)


そういうわけで、そのときのリアルタイムでのことは分からないけれど、過去のことをメモ的に書いておこうと思う。



昔はメディア集ストで利用された。

保守系(フジ)の討論番組では、脳操作や脳を読まれて、自分の意見かのように、それだとマズイという内容を上手くオブラートに包んだ言葉で修正されたのだけれど、自分の意見だと思っているから、素直にその修正に応じてしまっていた。そんな技術があることを知らないため、裏があることに気付いていなかった。

逆に、左派系(朝日)の討論番組で大学教授の発言の矛盾を指摘したら、発言の後にその教授がちょっと考えこんでいて、暫く後にその修正点と実際はこうあるべきだというような発言をしていた。僕の考えそのものだったことがある。

ということは、僕の考えを修正していた誰かは、僕の考えを読んで修正を加えていた可能性があるが、僕の考えを自分のものと捉えて、それに修正をしていたのかもしれない。

フジや朝日系でも安全保障に関する内容のときに、変な修正工作がなされた可能性が高いけれど、当時は考えを読まれたり、考えを入れられるような技術の存在を知らなかったし、若かったのである意味で柔軟で自分の考えが確固たるものではなかったため、簡単に操られたのかもしれない。

ただし、例えばNHK解説員の討論番組や、テレ朝の夜の保守よりのバラエティ討論で、ネオリベに近い保守側の人と左派に近いリベラル側の人の意見が逆になるおかしな現象を目撃したことがあるので、僕よりも年上で政治的な立場を明確に出しているひとたちでも脳の操作がなされていたことから、そういうことが可能であることは確かだと思う。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、おまえが来たからだぞ、と言ってくるが、少なくともそのバラエティ討論は収録番組だったはずだ。裏がただの一市民である僕のせいにしようとしているが、無理があるのではないか?


メディア集ストで政治利用されたときには、どのように利用したかを、入浴時に意識を脳に入れられて気付かされることが常だったので、気をつけようといつも思っていたのだけれど、フロから出るときにはすっかり記憶から内容が失われていた。

テクノロジー犯罪の技術には、昔ソ連で使われたらしいLIDAといわれる、どうしても話したくなって喋ってしまう自白電磁波が存在するし、12月に放送されたサイエンスZEROの再放送「徹底解説!科学の“未解決問題” 心はどうやって生まれるのか?」で、フランスのシリグという学者の研究の内容があり、頭頂葉にある種の電磁波を当てると、何故か被験者は「話したい」「体を動かしたい」と感じて喋ってしまうという実験を紹介していたのだけれど、そういった技術で喋らせることは可能らしく、その際に、脳に別の人の声を入れたら、本人が自分の考えだと思って誰かの考えを喋ってしまうかもしれない。

もしかしたら、自我を認識する脳の場所に電磁波を当てて、別人の意見を自分のものと誤解するよな手法も合わせてされている可能性だって否定できない。


最近はテレビが、僕が見ていないときに僕が見ているかのような内容になっていて、僕が見ると僕の妨害者がいるかのようにされるけれど、僕は同一人物なのに、相手側の僕の認識は逆になっているらしい。

僕自身は長期の引きこもりで、メディア利用がずっとなされていたけれど、僕で嫌がらせにはなっていなかったし、僕が見るとリラックスできるや癒やされるなどの言葉が聞けたけれど、今は悪者にされているかもしれない。でも、僕はテレビをみて批判もしないし、攻撃的な言動もないし、むしろ共感的に見ていることが多いが、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手はそうではない可能性がある。

そういった音声をテレビを見ているときに聞くことは稀だが、テレビもつけていないときの相手の発言から、おそらく僕とは異なる誰かがいるのだろうけれど、どういう仕掛けがなされているかは分からない。そのため、どうしても見たい番組意外は見ないようにしている。

ちなみに、うちの家族などとテレビをみることはあるけれど、家族や関係者の方では何ともないようなので、その声は身近な人ではあり得ない。

2016年の途中から、明らかな僕の悪用なのか、誰かとの入れ替えがなされているみたいだけれど、2013年くらいから、徐々に起きていたことが16年に強くなった感じはする。

同じ時期にネットで訴えていたからかもしれないし、こちら側の政治的なツイートが、他の被害者の脳に乗っ取られるかのようにできなくなっていって、被害の訴えばかりになったので、そういう現象が起きたのだろうと思う。

他の被害者は政治のことを理解していないかネトウヨ言論に騙されているで、被害の文脈を正確に読めないままに陰謀論などを信じて利用されているみたい。

そういえば、2016年の日本人が得たノーベル賞がオートファジーに関するもので、自食作用と訳されるけれど、2016年度はそういう被害があったかもしれず、あと2ヶ月半は注意が必要だ。すくなくとも自食ではなく辞職止まりであって欲しい。どんなことがあっても自殺はしてはいけません。どんなつらくても、小さくとも希望をもたないといけない。

(補足:辞職が多かったのはメディアにおいては2015年だったかもしれない。おそらく脳操作されて上の文の価値観が意識に入れられたのだと思うけれど、そうであればそういった利用目的の連中がいたのだろうから、それには反対すべきだ。ノーベル賞なども仄めかしで利用されているのは、ここを通る国道41号がノーベル街道と言われる程にノーベル賞受賞者との絡みが多かったり、その沿線に第二次大戦中にユダヤ人を救って日本のシンドラーと言われた杉原千畝の出身地の八百津町があったり、そこ出身?らしき作家が下町ロケットで直木賞を受賞したりしているし、それ以外にもおそらく関係しているだろうことは、過去の仄めかしで明らかだと感じている。下町ロケットだけれど、当時の文脈で下町が頑張る範囲では良かったが、先日、ミサイル転用可能でロケットとしては使えない日本の小型ロケットの打ち上げ実験が失敗しているけれど、テクノロジー犯罪の被害を受けている人であれば、そこにある種のメッセージを感じないわけがない。安倍総理の安全保障における右翼路線は国内の平和主義者だけではないところから睨まれている可能性がある。)

これも陰謀論の亜種に見えるかもしれないけれど陰謀論ではなく、テクノロジー犯罪とメディア集ストに関しては実際に被害者が存在する事実であるものの、権力犯罪であるため表にでていない。

僕は陰謀論を全く知らなかったが、2012年に電磁波のビリビリとした被害を受けてテクノロジー犯罪被害という事実を知り、その関連で陰謀論系を読んだけれど、政治経済国際情報に比べれば情報量も少ないし単純なので、大体のところを把握するのにひと月はかからなかった。

政治だと古舘さんのような一定以上の知性を有するひとでもひと通り理解するのに十年くらいかかるみたいなので、陰謀論は知的な人には相手にされないこともすぐに分かったけれど、僕の場合はトンデモナイ被害を受けていて、同時に陰謀論的な大きな仕掛けがあったことに気付いたので、それを陰謀論の視点ではなくて、陰謀論を利用する政治権力の裏という観点から何とか表現できないかと試みたが、脳操作被害があって、僕の意図では文を書かしてもらえなくて、僕の意図を読んだ誰かに操られての内容になっていた。

そのため修正したいのだが、修正するためには書いた文章を読む必要があるのに、それをできないようにされる被害が存在するがために、どうすることもできない状況にある。

そこはHPの天の声についてを参照下さい。

そこでは被害のあるなかでもなんとか最善を尽くしているけれど、一見するとただの個人による陰謀論にしか見えないかもしれない。

前述の僕の意図を踏まえて読んだら、裏の壮大な悪戯が分かるし、百年前の権力の呪術的な手法が日本で通じると思っていたらしき痕跡も理解できるでしょう。

陰謀論の方は、隠された事実をベースに、主語などを入れ替えたり、構図を崩したりして、権力が敵対勢力を倒すために使われているが、その敵対勢力というのが、いまであれば民主主義だったり市民派だったり報道の自由を主張する方や脱原発や平和主義を主張する勢力の側(要するにリベラル派や左派の方)なので、陰謀論に騙されてはいけない。

陰謀論は基本的にデマであるという態度で接するべきだ。

僕のHPの記述は、陰謀論を利用する勢力が存在して、こういう手法で一般人を利用しようとしていることを書いているので、誤解はしないで欲しい。

ただし、こちらはそういう正攻法で正直にものを書いて、テクノロジー犯罪のビリビリとした電磁波被害を受けている。そういう状況で命懸けで書いているので、嘘偽りはありません。

とにかく罠だらけで、僕は何も悪いことはしていないのに、僕を攻撃してきてばかりだったので困っている。今後はそういうことが無いことを祈る。

死ぬつもりはありません。記録を書いているだけです。それが悪いのなら、加害者は権力と明確に分かるはずです。

闘わないけれど負けない。

(この記述は重要に思えたので、161208のブログにも記載しています。)

スポンサーサイト

C

omments

「脳内盗聴の実態」及び「思考操作の実態」が明らかになりました。
「脳内盗聴の実態」及び「思考操作の実態」が明らかになりました。
突然の投稿失礼いたします。
私も電波犯罪脳内盗聴被害者です。
緊急投稿です。
「脳内盗聴の実態」及び「思考操作の実態」が明らかになりました。
http://blog.livedoor.jp/ganb999/
必ず裁判で勝ちましょう!

ganb999 URL | 2017/01/15 17:42 [ 編集 ]

P

ost omments


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR