僕の酷い人生に希望の光はあるのか…人生は続きます。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

akejy(古谷彰浩)

Author:akejy(古谷彰浩)
岐阜県下呂市小坂町(おさか-ちょう)大島在住の古谷彰浩(ふるたに あきひろ)のブログです。1974年6月3日生。サッカーが好きなのに見れない。音楽を聴くのが好きなのに心理的妨害がある。楽器の練習がしたいのに見えない妨害がされてできない。CGでも何でもいいから絵が描きたい。漢字と英語にちょっとだけ苦手意識があって嫌いなものを受け付けなくなる性格は改善したい。読書の妨害は本当に止めて欲しい。ドラマや映画、小説、マンガなどの物語はハッピーエンドでないと接触もできない。

(注意)ヘイトスピーカーお断り。不当な差別には反対しています。
彼らが洗脳されている陰謀論はソースの信頼性を確認すべきです。

右翼に反対。国外に敵をつくる愛国に反対。

小さな政府の価値観は福祉重視という観点からお断り。

僕は左派系だが被害者。念のため注意。

本来は穏健に敵をつくらいないように生きるタイプだけれど、変な被害を受けているため、いろいろと注意が必要になっている。かつては何故か逆の価値観の人が寄ってきて、味方には誤解された。

被害を受けているので、記録は残したいが、ここは見なくて結構です。


◆はじめに◆

権力に弾圧され孤立化させられています

一部に誤解があるようですが、2012年末から右傾化圧力を受けています。しかし右傾化するつもりはありません。弾圧には反対。

いわゆる電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の被害(用語)があって、変な陰謀的な状況も存在していた。

被害があるので、それはこのブログに簡潔に記録して、それ以外は普通の社会問題などを書きたいのに、誰かが僕をおかしい人に見せたいらしく、まともなことを書くことが妨害される。そのうえ別の誘導でおかしい人にみせられるような被害がある。それも脳同期者次第なのかもしれないが、それなら何故にそんなことが起きるかといえば、権力がそういう誘導をしているからという答えしか存在しないと思う。

被害のなかにストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信があるが、少なくとも僕への音声送信は僕への見当違いな批判が多く、デマと嘘ばかりにみえるものなので信じる必要はない。ただ、音声送信は書きやすいので被害記録として書いているけれど、実際は音声送信の被害は極めて少ない。それ以外の被害が圧倒的に多い。

ブレインマシンインターフェースというものがある。頭の数カ所に電極を付けて脳波だけでコンピューターやロボットアームを操作するものだが、脳波は脳の電位差なので、軍事レーダーのようなもので遠隔地から測定は可能だろう。動物の頭に電極をつけてリモコンで操作する実験すら実在する。テレビで見たその実験映像はまるでラジコンだった。

1969 心の操作

2002 ネズミをリモコン操作

2015 脳で直接操作

などの実例がある。


そういった技術と軍事レーダーなどを用いて人体実験および社会実験を権力の裏がしているとしたら問題だ。正確な手法まではわからないが、僕はその類の被害をずっと受けていて、人生を潰されている。


他の被害者の情報をみると、脳操作被害には気付いておらず、集団ストーカーをされていると信じている。差別的な右派系によると思われる左派をおとしめる陰謀論のデタラメに嵌められている人たちが多い。左派やリベラル派が理念に基づいて権力監視をする側であるのに、他の被害者の多くはそちらを悪い方と思わせられているので、陰謀論を利用しているのが右派系であることは容易に推測できる。他の被害者が単に騙されているのか、脅されてそういう方向にもっていかれるか、脳操作被害なのかは、被害者それぞれによって異なるだろう。被害者がゾロ目ナンバーの車を目撃するなどのケースは、車の所有者が無自覚被害者の可能性がある。また、被害者には総理の価値観の影響を受けるケースと、それ以外があるように感じたが、社会状況によって被害者の様子は異なる。僕が2017年3月2日現在で確認した範囲だと、カルト批判と政治批判に分かれているが、個々で主張が異なる。ひとつ確かなのは、人権侵害から社会を守っているのは、日米欧では左派側であることを知って、そちらへの批判に利用されないようにすべきであること。

この場合の左派とは中国や北朝鮮というわけではなく、市民派だとかリベラル左派といわれる日米欧の左派であり、そちらは人権派であるということ。この被害は人権派でも対応が難しいものであること。人権派からすると、被害を訴えるのが右派系ばかりなので、関わらないようになること。それが問題を難しくすること。それを知って欲しい。

苦しみながら右傾化を拒絶し、自分は左派系と書くことで、偽被害者とデマを流されるかもしれないが、本当の被害者だからリベラル左派であろうというのが事実だ。

もちろん右傾化させられたり、騙されて右翼陰謀論で左派系を批判する人も被害者なのだろうけれど、陰謀論のなかに極一部だけ事実があるにしても、ほとんどがデマであり、一部の事実のためにデマを信じた場合の弊害は大きい。一般のリベラルな言論や中道左派の理念を検索して、それを理解して生活することが、社会を発展させることになる。

世界的にも右派が台頭している傾向があるものの、もし結果として右派が正常化するならまだしも、一歩間違えば戦争や対立が頻発しかねないため、やはり、左派系の「平和」「平等と公平および社会的公正」「思想言論の自由を含む権力に縛られない自由」「利他的な博愛と人権擁護および弱者救済と人命保護」という理念を尊重することの重要性はますます増しているのではないだろうか?


僕自身は2012年以降に電磁波の被害を受けて、ハイテク犯罪の被害を認識したのだけれど、僕は昔から中道左派であり、最近まで右翼の陰謀論は知らなかったし、知ったとしても反対なのに、それらに巻き込まれていたのだということを知った。

21世紀になって、悲しいかな世は右傾化しているようだ…それでも人権と生命は絶対に守って欲しい

信じてはもらえないかもしれないけれど、メディア集スト、メディア・ストーカーの被害は長くあるようです。

権力被害であり、一般市民によるストーカー被害では無いので、安全のため、逆に個人情報を公開しています。

僕自身は、何も悪いことはしていないので、個人情報を公開できるということも知って欲しいです。


(保守派(右派)の人たちが僕を保守だと言ってくるので迷惑していた。リベラル派(社会自由主義)〜社会党右派(欧州社会民主主義)というどちらも中道左派系になるのだが、そういった価値観の僕を保守だといって矛盾しないのは共産党や社会党左派なので、そちらが言っていたかのように見えるが、実際はスピリチュアルな価値観の右派系に利用されていた人が2014年頃からツイッターのDMなどを利用して言ってきていたので、僕に逆のレッテル貼りを執拗にしてきたのは保守派の戦略だったのは確か。メディア被害があったので、保守派が何らかの利用をしようとしていたのかもしれない。)


僕の価値観

穏健左派〜中道。
北欧志向。福祉国家。欧州社民主義。社会自由主義。社会的市場経済
未来志向の社民主義+イノベーション。

(イノベーションのジレンマを社民主義的な社会保障および教育、職業訓練により補って社会経済の維持に必要な産業を維持し再分配の原資とする。日本では難しいかもしれないが、デンマークの社会モデル。北欧社民主義の持続的な経済的発展の理由)
  ↓
自由、平等、平和、人権、民主主義、汎愛。利他と救済。男女同権。言論の自由。権力の透明化≒情報公開。敵のいない開かれた社会()。イノベーション。シェアリングエコノミー・共有経済。均等待遇。機会の平等。教育無償化。学び合い教育(フィンランド教育)。ベーシックインカム。福祉の充実。格差是正。寛容。多様性とすみ分けと互助。自然主義

(※はウィキペディアの項目へのリンク)

被害者としては少数派の価値観である理由は、デマ情報に騙されていないからでしょう。


被害はあるし日常が制限されている。健康状態は良好なのに被害で苦しいことがある。

パニック障害や心気症や身体表現性障害などに見えるが、電磁波が利用された弾圧被害と思われる。

闘わないけれど、負けません。

被害下でもずっと生きています。
健康長寿志向。



どうも、被害者である僕の状況を聞いて、僕を加害者だと誤解している人がいる。それとは別に、別の人の発言を聞いて、それを僕の発言だと思っている人がいる。僕以外の意見や影響を僕だと思い込んでいる人もいるだろう。

関係ある人だけ読んで欲しいけれど、関係ないのに関係あると思う人もいるだろうし、関係あるのに関係ないと考える人もいるかもしれない。


(メディア集ストだけれど、過去に喧嘩もしていないのに何者かの謀略であるメディアに追い出された経験がある。その後に、1980年代から30年来の縁のあったテレ朝だと日曜の討論がなくなり、20年の変な縁だったフジだと視聴率低下、ずっと応援していたサッカーだと代表の弱体化という状況になった経験。)

(元々が中道左派でリベラル系なので、最近はテレ朝系列などをときどき見ることがある。NHKは見ると苦しかったりするのが悲しい。見ないと僕のせいにされる(マイクロ波聴覚効果らしき音声送信による)謀略被害を受けているが、テレビは見ていないことが多い。書いたことにより逆効果にされるようなことがあっては困るので対応に苦慮している。当然だけれど謀略はやめて欲しいのですが…)

電磁波装置による被害で疑心暗鬼に陥ることがありますが、罠なので気をつけた方がいいみたいです。

(僕には遠隔操作被害があるので、気をつけて修正するようにしていますが、文章に二重表現があったりします。また、ですます調とである調が混在することがありますが、これも被害によるものです。)

同時に、繰返し言っていることが伝わっていないのか、いまだ(2017年2月現在)に僕を母にみせようとする者がいるので困っている。母は難しいことはわからないひとだし、被害のことも知らない。逆にジョークを理解しない母が普通は見ないだろうくだらないテレビを見ていたりするが、あれらは僕も見ないので、母が誰かと同期状態にされている可能性がある。声だけ聞いている盗聴者の推測がこちらに反映されているのかは分からないけれど、こちらは内面の侵害と脳操作という人権侵害を受けている。もし誤解している人が存在する場合は、その人も被害者だろうけれど、勝手な推測は止めて欲しいが、こちらは被害があるので、裏がそういう人を利用しているのでなければ、裏が恣意的にしていることになる。どちらにしても、こちらに被害があるのは事実だ。その裏側までは分からないけれど、事実の裏にそういう前提がなければあり得ない被害を受けている。僕ははっきり分かる事実関係だけに認識を留めているけれど、何らかの相手が存在しなければ起き得ないテクノロジー犯罪(用語説明)の被害であるため、分かりもしない相手の推測をしないで構図だけを前提にしている。

上の文を記述したら(2017年2月)、大雪になり外は吹雪いている。妄想みたいにみえるだろうけれど、気象兵器がすでに実在する(akejy.web.fc2.comの「脅しについて」を参照下さい)。上の文は何らかの対策を相手がしていて、それが結果として、こちらへの人権侵害になっているようなことがあるかもしれない。

上の文の「こちらへの人権侵害」の部分の「へ」が消されていた。巧みに誤読される文にされて、被害者の僕を加害者かのように見せようとするハッキングの意図があるのではないか? 裏がレーダーなどを用いて脳を読む実験をしている可能性がある。誰かが僕を加害者と誤解すると、加害行為をしていない僕を利用してくるかもしれない。もし何かがあったとしても、僕は加害行為を一切していないので、こちらは対応できない。僕は裏の弾圧で人生が壊された被害者だ。ただし、これらの被害はタブーなのか知られていない。

こちらとしてはどのように対応したらいいか分からない。分からないという状況で対応せざるを得ない困惑状態なので、何もできない。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信がある。念の為に記述します。

以前から、誰かに言い返している声がするけれど、言い返すのは僕ではありません。

僕は人のせいにするようなことはないし、そもそも悪いことはしていません。

僕の言ったことではない、誰かの発言に対して、僕に怒る人がいるようです。僕ではないので困ります。

もしかしたら、読む人に書いている僕の心の声と思わせる戦略かもしれないけれど、僕の心の声とは明確に異なります。自分の心の声が自身に罠を仕掛けるようにはたらくようなことは不自然です。

撹乱ばかりなので、疑心暗鬼になるなということに無理があるけれど、だからこそ電磁波世界に影響された場合は無視しておいた方がいいです。ただし、脳操作で無視ができなくされるケースがあるので、その場合は諦観するしかないでしょう。闘ってはいけません。

僕は無宗教(宗教哲学は別)なのだけれど、信じる力や希望を失わないことが大切だと思います



ーーー

このブログからの重要点

メディア集ストの証拠(そっくりさん)(170203)(注意)

特殊な被害状況の説明(161216)(注意)

僕のひどい被害人生(161116)(注意)

変態セクハラ利用を含む被害証拠(161206170407)(要注意:見ない方がいい。誤解に注意。)


 ーーー


朝日新聞を読むことを妨害されたりする。僕は自由・平等・博愛・平和・人権・民主主義を重視するものであり、そういう方向の新聞を読んでも問題はないと思う。いま書いたような価値観はリベラルだとか中道左派だとか進歩主義といわれるものであり、朝日新聞などが代表的なメディアだ。メディア集ストがあり、どうも僕のせいで世の中が右傾化していると言ってくる者がいるが、僕の価値観では左傾化することはあっても右傾化はない。

 ーーー

2017年3月20日の朝に庭にキジがいた。キジは国鳥だが昔からよく見る。免許の更新で道が正しいか気にしたときもキジが現れて間違っていないと教えてくれたかのようだった。中道左派の価値観の人間のところにキジ…?

日本では保守系は基本的には親米だが、最近、反米保守の著名人が病気になっている。保守に相対する中道左派の被害者の僕のせいとされないように「独裁に反対する進歩的穏健保守リベラル左派」とでも立ち位置を調整しようかと考えたりもする。これで朝日くらいの中道よりの中道左派になるバランスのとり方かもしれないけれど、この表現でもいまの朝日さんよりは多少左側ではある。

 ーーー

僕は薬を飲んでおらず、よって病気にはなりません

統合失調症の症状に電波や光などの物理的手段により危害を加えられると思う物理的被影響妄想という電磁波の訴えが追加されているが、かつてはそういう症状の記載はなかった。

統合失調症などの精神疾患は自殺率が健常者より高いと言われるが、僕は絶対に自殺しない。安全運転に配慮しているので事故もしないだろう。

また抗精神薬を含む薬は一切飲んで無いので、その副作用によるものは、僕にはあり得ないため、健康だ。

精神疾患では自殺をしない限り死ぬことは無いのだが、大量の精神病薬の投与による副作用である心疾患は問題視されている。

僕は病院に行っていないので薬は飲まない。薬は一切飲んでいないので、その副作用による健康への害はあり得ない。

食生活は誰よりも注意していて、健康おたくでもあるため、食のバランスもよく、非常に健康的であり、表層的な体調不良は電磁波の被害によるものでしかない。

食事は毎日キャベツの千切りを黒酢と甜菜糖のドレッシングで大皿いっぱい摂取しており、それ以外の野菜も多く、油はオリーブオイルしか使わず、自家製のカスピ海ヨーグルトを毎日食べていて、主食は発芽玄米だし、お茶の出がらしを使った佃煮でカテキンやテアニン、食物繊維なども十分に摂取しているので、非常に健康的。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

●●東ロボ合格断念、苦手克服できず、というニュースをみて…つい自分の人生を思い出した


「東ロボくん」、東大合格を断念 苦手科目を克服できず 朝日デジタル 2016年11月14日
東京大学の合格を目指す人工知能(AI)の「東ロボくん」が今年挑戦した大学入試センター試験模試の結果、合格レベルに達しなかったと14日、国立情報学研究所が発表した。同研究所は、東大合格への挑戦は4回目の今回で終えるとしており、今後は教科を絞って学習を続けるという。

この記事から、過去のことを思い出した。別に僕が東大を目指していたとかそういう話ではない。

現在の僕にははっきりと分かるテクノロジー犯罪の被害があるが、この被害はステルス化が可能と思われ、実際は長い間、かなり酷い被害が続いている。一般には妄想と思われる可能性がある被害だが、決して病気ではなく、先端技術を使った裏による弾圧と人体実験の被害である。(下のリンク等は追記。脳抑制下で書いた文章なので、読み難いかもしれません。)

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのHPの「海外での動き」からの引用
◆ アメリカでは1997年にはクリントン大統領が、機密の人体実験等を厳しく規制する行政命令を出している。
◆ フランスでは「フランス国家生物倫理委員会」において、この問題を深刻に捉え研究する事が発表された。
◆ ロシア下院では2001年にマイクロウェーブ・超音波・超低周波・光を武器に相当するものと認める法案を可決し、 プーチン大統領が署名をしている。

これは一般に公表されている民間の研究と一般的な機器を用いた実験
2011年12月20日 「思考読む機械」まもなく登場か、IBMの近未来予測:AFPBB News
2011年10月10日 脳だけで「仮想の腕」動かし「仮想物体」感じるサル、米大研究:AFPBB News
2013年03月04日 遠く離れたラットの脳を接続、米・ブラジル間で成功:AFPBB News
2014年08月28日  光で脳内の記憶書き換えに成功 理研、「嫌な記憶」を「楽しい記憶」に - ITmedia ニュース
2007年10月11日 慶應義塾大学、脳内イメージでPCを操作できる技術の開発に成功 - GIGAZINE
2014年08月28日 ネットを介して脳に直接メッセージを送る実験が成功 - GIGAZINE
ニューロコミュニケーター ウィキペディア

上に引用したような、既に民間でも利用されだした技術が、裏のレベルではいつからあったかは分からないが、古い特許も存在する。
US3951134 A:1974年8月5日に出願された脳の遠隔監視と操作のための特許
US5036858 A:1990年3月22日に出願された脳波の操作のための特許
US5507291 A:1994年4月5日に出願された遠隔地から人の感情を測定するための特許

用語説明 akejy.html.xdomain.jp/term.html)

以下はツイッター(@akejy)の2016.11.01からの転載だけれど、僕の子どもの頃から十数年前までの被害を書いている。あまりに普通の状況ではあり得ないので、裏に何かあるだろうことは推測できる。ツイートは全て事実です。

僕は平等と平和を望むリベラルな中道左派系の価値観で競争嫌いだった。こういう人間をターゲットにしているなら、裏は悪質だ。

〇 最初の記憶が3歳ごろにフロに頭から落ちて溺れそうになったこと。

① 子どもの頃から不可解な不幸と不自由が多い。しかも権力の裏は変態らしい。だけれど、僕は利用されているかもしれないが、生きている。
過去のおかしなできごとを、思い出せる限り一般的な範囲で記述する。見えない被害がある。

② 保育園では給食を食べられなくされていた。食べれないものを保育士に口に突っ込まれて吐いたが、吐いたものを喰えと言われた。昼休みに真っ暗な遊戯室に給食と机ごと閉じ込められ、外から聞こえる皆の遊ぶ声…トラウマに。父が闘病中で小学校に行く前に他界した。数年は暗かった。

③ 小学校のときドッヂボールをしていてフレイ効果の音声送信で悪口を言われ投げられなくなった。そういう嫌がらせは感情操作(超低周波)を含めてたくさんあった気がする。身体能力も空間把握能力も高くて実際に動きなどを覚えるのも誰よりも早いのに、脳抑制など妨害だらけだった。計画性を感じる。

④ 小学校低学年のとき、同級生の女の子のうちと一緒に露天風呂に行った。人前に出るだけで顔が赤くなり、プールの着替えでも恥ずかしくて隠す僕が、何故か裸で歩いて行って勃起したイチモツを女の子の目の前で見せたが、何故自分がそんな行為をするのか全く理解できなかった。脳操作被害だ。(続く)

(取り憑かれたかのように、勝手に動いていた気がする)

⑤(続き)小学校低学年。その女の子のうちは創価学会。うちは創価とは関係ないが、おそらくエピソードを実験的に作られた。遠隔操作実験だ。その頃からふざけた計画があったことが推測できる。主犯は創価の逆の方?…変態なのは統一教会で、レーガノミクスから裏はそっちだったのではないか?と思う。

⑥ 幼なじみがいつも先輩に学校帰りに路上でチンコを出させられ、チンチンぶらぶらソーセージ、食べても食べてもソーセージ、と歌わされていた。その先輩もときに出して来たが、ガキを変態にする脳操作をしていたのは何処だろう? 裏に変な技術をもたせるから…

⑦ 家に帰ると原因不明の体調不良でなにもできないようにされた。だから小学校から高校まで宿題をしたことがほとんどなかった。そのせいか小学校3年の時、黒板の前に呼ばれてパンツを脱げと三十路の黒木瞳似の欲求不満?だろう独身超美人教師に言われ、断ったら頬を思いっきり張り手で殴られた。

⑧ 僕のうちに友達がいっぱい来ているときに、前述の先輩がきて上から目線で変なことを言ってきたので、同級生みんなでからかったら怒りだしたが、とりあえす追い払ってくれた。いつもその先輩にイジメられていたので、そのときだけはありがたかった。

⑨ 少年野球でケツバットされ、グローブと帽子を投げ捨てて帰った。あとで僕が級長になったときに呼ばれてスコアブックだけ書いてくれと言われた。これは後にメディア集ストで中道左派の僕が東大野球部マネージャー出身の与謝野馨さんに同期されたときに利用された。僕は民主・民進〜自由・社民の方。

⑩(続き)与謝野さんはPC自作が趣味で、僕は貧乏でPCは自作系だった。あの期間だけは僕の価値観ではなかったが、与謝野さんだといい人なので怒る気にならない。仕方ない。与謝野さんは自民党政権から民主党政権へと渡り歩いている。僕は本来は辻元さん、枝野さん、仙石さん、福島さんなどに近い。

⑪ 小学校の高学年の時、何故か先生に呼ばれて皆の前でぶん殴られて唾が黒板に飛んだと、成人式で会ったときに皆は覚えていた出来事を、僕は直接覚えていなくて、記憶は殴られたのは別の人で僕も見ていた映像になっていたが、その同級生は別のクラスなので、どうも記憶違いだったらしい。

⑫ 小学生のときの学校での毎朝のマラソン。短距離型なのに頑張ってトップ賞をとりまくって賞状をいっぱいもらったのに何故か突然走れなくなった。マラソンを頑張ったせいで郡の陸上記録会に得意な方の短距離で出させてもらえなかったことは意識していなかった。エピソードを外部的につくられている。

⑬ 小学校高学年。暑くて授業を皆で潰して同級生と川で泳いだ。3歳のときにフロに頭から落ちたトラウマを克服したはずが向こう岸の岩を登ろうとしたら滑って落ちて水を大量に飲んでしまい溺れた。同級生が飛び込んで助けてくれたが抱きついてしまったので彼も一緒に溺れることに。一命は取り留めた。

⑭ 小中と釣りが流行っていて、酒屋の端に釣具コーナーがあったが子どもが出入りするので、道向かいの個人スーパーが隣の空き店舗で釣具店を始めた。おばあちゃんが店番をしていて賑わっていた。釣りキチ三平のもらった漫画があったので、その影響もあったと思う。

⑮ その後釣りをするのに有料の許可証が必要になり悪友と見えない場所に行っては釣りをした。言い訳をするつもりはないが、僕は誘われる方だった。皆もガキなので、大人が勝手に決める社会にちょっと反抗したが、反権力の言論が残っている冷戦期の時代だった。釣りよりスリルと仲間意識が優先した。

⑯ 隠れて釣りをしたのはダムの崖の上の木立のあるところで、誰も釣りなどしない場所。ダム湖の逆側に友達がラジコンのコースを作っていたが、そこに死体が流れ着いて、その後に立入禁止になった。数年後に焚き火をして夜を過ごした場所だが、スタンド・バイ・ミーみたいだ。

ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる #音声送信 の相手が、この人が左派の方におるでどうしよう、と言っているが、悪友は両親が公的職業で医療福祉がらみだったので一概に何がいいとはいえない。子どもの頃の罪もないような話。ルールの不毛さを彼が親から知ったかは不明。

⑰ 中学の陸上部。怪我ばかりが続いて走れなかった。スタートの20mは100mの東海大会の常連選手より速かったが、チビなのでダメ。チビだが砲丸投げをちょっと練習して出たら入賞した。高校では結局帰宅部になり超々運動不足でも幅跳びが7m跳べたのに何故中学でしなかったか後に疑問に思った。

⑱ 中学のとき怪我が多くて走れないので部活をサボって教室で女の子たちと会話をしていたら、他の部活が終わって戻ってきた連中にハーレム扱いされた。そういえば、当時も脳操作被害だろうか?勝手に手が動くことがあって、巨乳の女の子の胸に手がいったせいで、楽しそうに大騒ぎされたことがある。

⑲ 自転車通学だった。スピードを出しすぎて止まりきれず朝六橋の手前のところで転んで、空中で自転車の上に降りて、滑っていく自転車と一緒に交差点のところのコンクリートの壁に激突したけれど、そこまでにスピードが緩んでいて自転車も僕も大丈夫だった。右手の怪我は今も残っている。危機は回避?

⑳ 中学の夏休み、川で石から滑り落ちたら下が浅瀬で骨折したのに気付かずに自転車に乗って帰りに駅の売店でジャンプを買って帰ったが痛かった。3日放置したらパンパンに腫れて自転車で病院に行ったら骨折していた。ギブスをしたかどうかも覚えていないが自転車で帰った。うちは母子家庭だった。

㉑ 中2のときの自習中にふざけていた同級生を級長だったからか注意したら、座っているところを後ろから殴られて2発めで意識を失った。後ろからは卑怯だが、皮肉なことに小学生のとき溺れた際に飛び込んでくれた体力自慢のやんちゃな相手。その後、英語が全くできなくなった。冷戦が終結していった。

㉒ 中高通じて、期末テストの理数系科目は頻繁に学年トップで、採点の際は模範解答によく先生が持って行った…なのに何故か成績表はよくなかった。本当に意味が分からなかった。やる気を失って模擬試験で偏差値78だった科目も自暴自棄で40まで落ちた。心の悲鳴は気付かれなかった。

㉓ 中学の時だが若いキャリア官僚が税務署長を登竜門とするらしく若い署長がきて、ここが飛騨の田舎だからか偉そうに「君たちが暮らせるのは大都会の税金のおかげであることを忘れないように」という趣旨を言っていて頭にきた。思うにネオリベ側が計画的に役人嫌いにさせようとしてきたのではないか?

㉔(続き)ちなみにその戦略は奏功することなく僕はTBS筑紫哲也ニュース23の左派価値観でものを見るようになっていった。テレ朝のサンデープロジェクトや朝生討論もよく見るガキだった。ただしTVタックルではメディア集ストで何かと欺瞞的に右に利用されたのではないかと後々感じるものがある。

㉕(続き)例えば、運動会で皆が手をつないで一緒にゴールするという都市伝説で、さすがにそれはおかしいと考えると、結果の平等を否定したことにされた。
(メディア集ストでいろんな人たちが名前や顔などで絡められていることは別に記述している。HPにも書いているのでそちらを参照して欲しい。)

㉖ 高校に入ったらすぐに美術部に入部した。絵が得意で、それまで描く度に賞状をもらっていたのに美術部に入ってひと月で絵が描けなくなったが、最初に描いた未完成の油絵は県の総合庁舎の玄関に飾られていたらしいのに美術部に行かなくなった僕に連絡はなかった。同級生の父が僕の母に伝えて知った。

㉗ 高1の冬に体調を崩し38度以上の高熱が引かなくなって3学期は半分も出席できなかった。春休みに期末試験は受けたがほとんど白紙。高2になっても何故か優等生クラスだったので、頑張れということかと思って何とか登校したら、6/3の誕生日に雲仙普賢岳で大火砕流。
潰して利用の理由は…?

㉘ そういうわけで受験は高校受験も大学受験も全て段階的に潰されたことになる。受験の年はいつも鬱操作をされたが、高3のときは頑張って何とか学校に行ったら、関係あるかは不明だが尾崎豊が自殺をして社会現象になっていた。友達の友達の同級生が影響されて複数がバイクを盗んで新聞沙汰になった。

㉙ 結局、家から通える大学もないド田舎で母子家庭だからお金もないし、お金の心配を母に話したら誤解したのか内装のリフォームをし出して、お金の面と心身の不調の両面で絶望して受験を放り出した。2月くらいに体調が悪くても冷暖房完備でやめなくていい仕事を求めて放射線技師の学校を受験した。

㉚ 国家試験の合格率が全国でもトップクラスのところだったので、そこで上位なら問題ないと勉強もしなかったが、それも体調不良が原因だ。
放射線技師の国家試験の時も頭の働きを半分にされスローモーション状態になったが、それでもさすがにコメディカルの国家試験くらいは高得点で合格している。

㉛ 就職前に車の免許を取得しようと自動車学校に行った。一般道を走るようになって、何故か同じコースを何度通っても記憶しない記憶消去被害を受けた。ちなみに僕は非言語知能の方が得意で上位数%に入るはずなので、道が覚えられないのは絶対にあり得ない。当時も被害のエピソードが用意されていた。

㉜(続き)そういった道も覚えられないような被害状態だったので教官がブレーキを踏んで怒るようなタイミングがあった。何故か僕が先にブレーキを踏んで教官に対して激怒したが、どうしてか教官が「だって〜だもん」と言い訳していた。まるで脳が入れ替わったかのようだった? 被害エピソードは事実。

㉝ 長野の厚生連病院に就職してもパワハラにあうわ体調を崩して入院するわ相変わらずの原因不明の体調不良で悩むわ退職に持っていかれた。体調を崩して仕事ができなくなる前までは、パワハラ以外の人間関係は良好だった。事務課のパーティに呼ばれたり、僕のアパートでコメディカル大勢で鍋をしたり…

㉞ 長野の病院を辞める前だが、高速道路でバスを追い越す際に、バスが突然路線変更してきて挟まれそうになり、急加速して何とか抜ききって難を逃れたことがある。マニュアル車だったので、ハイトップからパワーのあるトップに落として思いっきりアクセルを踏んだが、対応が正しかったかは分からない。

㉟ 帰省して地元自治体の小病院に再就職した。職場から車で帰宅していたときにカーブで対向車がはみ出て内回りしてきていて、咄嗟にブレーキを踏みながらハンドルを回して回避したが、当時導入されたABSが利いたのか、崖の手前のガードレールにピタッとフロント部分がくっついて止まり難を逃れた。

㊱ 結局、病院の方はナルコレプシーみたいな睡眠障害で動けなくなって仕事ができなくて退職。裏は潰して利用する計画だったと思われる。身障者になることが避けれたのは幸いだった。
長野の病院では春闘に顔をだした。地元では医療保険改悪の署名を集めようとしていた。
それらが関係あるかは不明。

㊲ 当時、あまりの不運と意味不明な体調不良などなどに悩んで自殺を考えて、自転車で林道を登っていったことがある。結局、戻ってきたが。自殺者数が全国で急増した。
その後にそこに天皇陛下が来て全国植樹祭が開催された。今は皇樹の杜となっている。
絶対に自殺はしません。皆、長生きします。

以上はツイッターからの引用。


以下、記事の部分引用。


AIが東大に入る日が来たら 「東ロボくん」挑戦の意味 朝日デジタル 2016年11月14日
ロボットは東大に入れるか――。国立情報学研究所で人工知能(AI)をめぐるこんな研究を続けてきた新井紀子教授が14日、その可能性と限界について発表した。AIの研究が進む中、私たち人間はどんな能力を磨くべきなのか。新井教授が朝日新聞に寄稿した。
今年も、「東ロボくん」の受験シーズンが終わった。東ロボくんは今年ついに、関東ならばMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)、関西ならば関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)と呼ばれる難関私大に合格可能性80%以上という成績を達成した。だが、東京大学には遠く及ばなかった。深層学習を含む現状の技術の延長線上では、AIが東京大学に合格する日は永遠に来ないだろう。


東ロボくんの模試成績(カッコ内は昨年の成績)

大学入試センター試験の模試(マーク式)
得点 全国平均 偏差値
英語(筆記) 95(80) 92.9 50.5(48.4)
英語(リスニング) 14(16) 26.3 36.2(40.5)
国語(現代文+古文) 96(90) 96.8 49.7(45.1)
数学IA 70(75) 54.4 57.8(64)
数学ⅡB 59(77) 46.5 55.5(65.8)
世界史B 77(76) 44.8 66.3(66.5)
日本史B 52(55) 47.3 52.9(54.8)
物理 62(42) 45.8 59.0(46.5)
合計=950点満点 525(511) 437.8 57.1(57.8)

2次試験の模試(論述式)
得点 全国平均 偏差値
地理歴史(世界史) 16 14.5 51.8
数学(文系) 46 19.9 68.1
数学(理系) 80 30.8 76.2


東ロボくん - ウィキペディア
5教科8科目で511点(全国平均416.4点)、偏差値57.8という成績を収め、これは私立大学の441大学1055学部、国公立大学の33大学39学部で合格可能性80%以上に相当するものとなった。


以上、引用終わり。


ネットの記事には記述がないが、うちに届いた朝日新聞の名古屋本社の社会面だと、「東大文系で最低8割以上とされる点数には達しなかった」と書かれている。950点満点中525点だと55%だから全く届かないことが分かる。

上述のツイートのように、僕は人生を潰されているため、高3の受験時期は鬱がひどくて勉強どころではなかったのに、それ以外で様様な妨害があって、人生を放り出しかかっていたから、受験のことなど一切考えたくない状況で、当時はインターネットもなかったので何も知らないまま調べることもできずにいたし、その後も受験の話題なんかは嫌いで、全く目にしなかった。それで今はじめて新聞記事で知ったのだけれど、センター試験の得点が半分程度で偏差値が50を超えて国公立に入れるということに驚愕した。

本当に十代で人生を捨てていて、模擬試験なんかも放り出していたけれど、期末試験なんかは3ヶ月前からの内容程度だったので、勉強はしてなかったけれど授業は受けていたので、それ相応に問題を解いて提出していた。理系科目ではよく学年トップの点数をとっていて、数学などは先生が答え合わせのときに模範解答代わりに持って行った。地元の最寄りの高校で、かなり広域のド田舎なので、工業高校志望者や一部の優等生と底辺クラス(謝)以外はそこに入るのだが、僕は優等生クラスにいた。当時3%の枠だった日本育英会の無利子奨学金を受けていた。人生を放棄していて大学も行けなかったけれど、模擬試験でも単独の理系科目で偏差値78だったこともあった。体調を崩したり、絶望したりしていて、勉強なんかもしたこともなかったし、そういう環境もなかったので、希望を失っていたために授業にも集中できず、学力は下降した。時代が違うので単純比較できないが、偏差値ではわかりにくかったし、ネットの無い時代で、ド田舎でもあり、母子家庭で塾にも行ったことはなかったし、そもそも全国的な学習塾はド田舎にはなかたので、まるで指標も何も分からない状態で途方に暮れていたのだけれど、センター試験で半分程度得点すれば十分だと具体的なことを知っていたら(僕は国立大学はセンターで8割程度は必要だろうと、どうも誤って考えていた。高校受験のレベルの得点感覚だったかもしれない)、そんなに難しいことではあり得ないので、家が貧しくても、努力して授業料免除の特待生になることだって可能だと考えたかもしれないし、何とかなると絶望しなくてもすんだかもしれない。

普通ならそう考えるが、当時のテクノロジー犯罪の被害と思わしき鬱状態や集中力の妨害や記憶の抑制を考えると、どうしようもなかった可能性は否めない。学歴がないので自慢にもならないけれど、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信の相手が、バカな人を誰かが操って頭のいいことを書かせている、という趣旨のことを言ってくるので、現実にテクノロジー犯罪の脳抑制や脳操作でバカみたいに見せられていたりすることもあって、悔しくて仕方ないため、そういったことを書いている。

24年前の高3のときには、あまりの絶望のために授業すらろくに聞いていない状態だったが、何とか勉強しようとしたこともあって、物理か何かの科目のなかの一分野を一度だけ勉強して問題を解いたらセンター形式のその分野は完璧に満点がとれるようになることに気付いたが、3日坊主どころか、その時一度勉強しただけで、何故かどうしても学業に向かうことができなくなってしまい、逆に試験では白紙に近い答案を出していたりした。受験だって落ちないだろうところを受けて試験本番でなぜか白紙答案を出している。

あの異常にやる気の起きない状態は未だに信じられないと書きたいところだが、最近でも読書をしようとして、同様の被害状態を繰返し経験していたので、あの頃からテクノロジー犯罪の被害があったことが、被害のあり方の比較から明らかであることが僕には分かる。

以下、僕のHPの「メディア集スト(エンタメ)」から引用。

嘉門達夫「替え歌メドレー3」「んなアホな!」の曲(ニコ動)の3’33のところから「岐阜県の温泉は下呂」とそれに続く仄めかしがある。

以下、嘉門達夫「替え歌メドレー3(完結編)」の歌詞から関連部分を抽出。

 岐阜県の温泉街は下呂(僕の住む自治体)

 尾張名古屋(終わりな古屋(僕は古谷))はういろう(小人映画「ウィロー」)

 X線はレントゲン(僕の所有する診療放射線技師資格でできる病院の仕事)

替え唄メドレー3は1992年1月1日に発売されている。この段階では高2。

「X線はレントゲン」の歌詞は、のちに放射線技師の国家資格を得ることが予め決まっていたということを示唆している。

というのは、放射線技師の道を決めたのは高3の後半だったから、歌で予言された高2の冬の段階では、そういったことは何も考えていなかった。

以上。

この歌を知ったのは2015年のテレ朝のミュージック・ステーションであり、当時は自分にそういう仄めかしがあったことすら知らなかった。その数年後に就職した先にも仄めかしがたくさんあったり、妄想ではない事実記録として、被害を証明するためには重要なものの一つになる。

要するに、最初から学力を潰して放射線技師にさせるつもりだったのではないかということを言いたい。

それで、東ロボくんの話題なのだけれど、言語が苦手であることが僕の苦手分野と重なることが気になる。僕の場合は漢字やことわざなどの語彙の方が苦手だったので、読解力の限界が問題となった人工知能とは厳密には異なる。権力の裏の仕業であっても20年以上前の技術でさすがに人間並みの人工知能があるわけがなく、遠隔操作技術にしても感情操作や音声送信を利用していた程度のはずで、当時の僕が人体実験で利用されていた可能性はあっても、脳の抑制だとか集中力の妨害、感情の操作をされていたくらいの状況だったと思う。気になるのは、ストックリン特許関連技術のマイクロ波聴覚効果利用と思われる音声送信で、頑張れば東大だって行けるのに、と言われて、そんなわけ無いだろ!と思った記憶があること。当時に音声送信がなされたことは極めて稀で、何かのメッセージ性があるのは確かなので無視できないとは感じる。

おそらく同じような謀略の内で、堀江氏や橋下氏、2chのヒロユキ、中田ヒデ氏などはネオリベ右派っぽいところがあって(中田氏は別かも)、僕は中道左派リベラルという違いがあって、この謀略グループでは、右派系が引き上げられて、左派系が潰されるようなことがあるのではないかと感じている。左派系で利用されていた人は荻上氏のように、本来的には保守というか反共の傾向があったり、津田氏のように親が社会主義の活動家だった人が右傾化してリベラルな立場にいたり、何か裏があるかもしれないと考えている。

(日本では一般的には社会主義・社民主義の政策が富の再分配で、リベラル派の政策が同一労働同一賃金(昨年に国会を通過した法律は野党案の骨抜き)と考えられていたりするけれど、元々の理念に基づいて政策を立案すると、社会主義・社民主義の方は、本来労働者で共有すべき産業がそうなっていないのだから、代わりに法人や投資家に課税をするのだけれど、マルクスの主張だと労働価値が同じという観点なので、労働分配率を上げつつ同一価値労働同一賃金をするというのが本来的かもしれない。リベラル派は不合理な格差を無くす観点(ロールズだと最も不遇なひとが利益を得られる場合だけ格差が許容されるとされる)から富の再分配をしなければいけないことになるし、公平性の観点から同一労働同一賃金も必要になるだろうけれど、この場合は国が給与水準を決める必要があるので、より社会主義的になるかもしれない。格差が問題になっているにも関わらず、大企業が課税を嫌がるから、富の再分配ではなく均等待遇をいまの自民党政権は選択したのかもしれない。)

(母子家庭など何らかのマイノリティでマークされた人が、右傾化すると利用され、左派だと潰されているように僕には感じる。少なくとも冷戦崩壊後の第二次ベビーブーマー世代はそうなのかもしれない。僕らが世代人口二百万人なのに、その子供たちは非常に少なくて、しかも若い世代は右傾化しているという統計も気になる。)

僕にはメディアの集団ストーカーがあるのだけれど、高校の同級生で一時期美術部で一緒になっていたある女の子に関する仄めかしがたくさんあって、その子はMARCH・関関同立の哲学科に行ったのだけれど、当時、僕も哲学を学びたいとは思いつつ、理系枠だったので社会科は現代社会と世界史しか学んでいなくて、その上、文系科目は苦手だったため断念していた…といっても、全ての受験を断念していたし、本音では美大・芸大にいきたくても母子家庭で高い学費を払って4年も絵を描いていることはできないと考えていたし、文系科目も同様の理由でダメだと思っていたし、それ以上に当時は鬱状態が酷くて、学校に通って卒業するだけで精一杯なほどに調子が悪かった。脱線しているが、その女の子に関しての仄めかしに、同姓同名で外見が正反対の女優がいたり、名前は違うけれど外見とキャラが似ていて彼女と同じ大学出身の有名歌手がいたり、そういった有名人と何らかの形で関連付けられたりしていて、今回の東ロボくんの結果が、MARCH・関関同立・国公立というものだったので、過去の数々の仄めかしの経験から想定するに、もし被害もなく普通に勉強していたら、旧帝大を目指して結果として国立くらいは行っていただろうと思って、24年も経ってから、再度人生を失っていることに対して、何とも言えない暗澹たる気持ちになった。



今政府が、給付型奨学金を7万5千人にあげられるような方向で調整しているけれど、他の先進国(主に欧州の国々)では、大学まで無償のうえに、給付型の奨学金を3割の学生にだしているらしいので、いまの政府の動きが2〜3%の学生になんとか返済不要の奨学金を出せないかというものであって、ないよりはあった方がいいし、それをしたからといっても、授業料は滅茶苦茶に高額だし、他の先進国並みとは言い難いけれど、とにかく機会均等という絶対条件であるはずのものが我が国にはないので、自分のような絶望するかつての若者が今後も出てこないように、何とかして頂きたいとは思っている。

ある党の選挙の公約だが「大学授業料を毎年引き下げ、10年で半額に。月3万円の給付制奨学金を70万人の規模で創設。既卒者を含めすべての奨学金を無利子化し、奨学金を返せない人の救済制度をつくる。」とある。最も理念的な左派政党ですら、現在の欧州ですでに実現しているレベルの半分程度のことしか公約としても主張できないという事情が日本にはあるらしい。
(ある党とは日本の共産党のことなんだけれど、選挙のときに主要政党の公約を全てダウンロードしているので正確な情報。一般には左翼と言われる政党ですら、教育分野での社会主義的政策で欧州諸国の半分程度のことしか言っていない。どういうことなのだろうか?)
この国はこんな状態でいいのだろうか?

江戸時代末期に日本に訪れた外国人が、日本は世界で一番子どもを大切にする国だと言ったという記録がある。現在の日本とはまるで意識が違うことが分かる。

実際は、財源はいくらでもあるのに、それをさせてくれない裏の何かがあることに、我々はどう対応したらいいのだろうか?





追記(161212)

夢を見た。(前日テレビで見た)ユイちゃんに嫌われてしまった夢。

それで昔のことを思い出した。

小3のとき

担任「明日転校生が来ます」

昼休みに先生の机の周りに集まって。

同級生「せんせ〜、おとこ?おんな?」

担任「女の子」

僕「じゃあ、あしたはいいこにしてよ〜」

いい子じゃなかったのだろうか?

(ちなみに担任は黒木瞳似の若い美人教師。)

翌日、ムスッとした女の子だった。

そのときは特に何とも思っていなかった。

後に彼女に似たアイドルの、浅香唯がテレビの世界に登場した。(ユイ違いの夢と気付いた)

仮に彼女をWとする。

小6夏 川で溺れた。Wの従兄妹のOが飛び込んで助けてくれたけれど、彼も溺れた。Yも飛び込んでくれた。結局は、嫌いだった隣の読売巨人好きの教師に助けられたと記憶。(自民改憲案を批判していたが、ある日、普段は見ていない読売テレビのたかじんのそこまで言っていいん会をたまたま点けていたら、出演者がカメラに向かって怒りだして、その時間に近所の少年が、僕が溺れたところで溺死している。複数のニュースで場所を映していたので、同じと分かる。)

小6 教室で座っていたら、突然Wが顔を斜めにして僕の顔を覗き込んだ。距離にして10cm。びっくりしたが、彼女の発した言葉は「わ〜、ニキビ〜」。唐突に何かと思ったが、楽しそうに離れていった。 その年のバレンタインデーの前日に、僕の隣に座って、横から覗きこんできて、「アキ〜、明日チョコレートあげよっか〜」と言ってきて、僕が戸惑っていた途端に先生が「明日、チョコレートを持ってくることは禁止」と大きな声で宣言した。子どもだったので、何とも言えない微妙な思いをした。
彼女のことを意識したのはその時から。(そしたら、優等生のN(男)が彼女をイジるようになっていて不可解だと感じていた。)

中2 僕は母子家庭育ちで優等生崩れの宿題もしていかない落ちこぼれ。ヤンキー系でもなく、優等生でもなく、中間グループ。絵が上手くて、数学が得意で、腕力があるけれどイジられれキャラだったものの友達はやたら多かった。家はたまり場みたいに、いつも友達がたくさん来ていた。

当時、Wとは同じグループだったと記憶している。彼女がいつも僕に話しかけてきて嬉しかったことを覚えている。その時期、僕は学級委員をしていたと思う。副委員の女の子には、放課後のミーティングでシモネタや冗談を言っていたけれど、Wの前だと変なことは言えなかった。

ある日、2時間枠のある技術課程が自習になっていた。何故か教師が自習にすることが多かった。Oが暴走していたので、学級委員だったこともあったのだろう、席につけよ、みたいなことを言ったと記憶している。その後に座っているところを後ろから2発殴られて、スーっと意識を失っている。気が付いたら2時間の自習が終わっていて、技術室から教室に戻るときに、友達に揺り起こされた。世界がツーンとした静寂に包まれている変な感じがして、何かの歯車が狂ったように、その後は何をしても上手くいかなくなった。

その後は、心理的な要因が何もないのに、朝の準備なども上手くいかなくて、いつも遅刻するようになっていた。

当時、母は何も気付かなかったらしいが、健在だった祖父が気にかけて、何処かの坊さんに相談していて、その坊主が家に来て説教をしたけれど、僕の態度が悪かったのか、この家に不幸があるとかほざき出して、それがすごく嫌で、彼の帰り際に大声で塩を撒けよ、と言ってやったことを覚えている。その後に祖父が倒れて他界している。

普通なら心の問題を意識するような状況だが、実際は葛藤どころか何も心には無くて、何も感じない無になっており、日常のことも上手くいかない状態だったので、頭を打ったときに何処かに支障が生じたに違いないと思っていた。

もしかしたら軽度の高次脳機能障害だったのかもしれない。交通事故で頭を打った後に発生する脳障害の一種のことだが、軽度の場合は気付かないかもしれない。

そうでなければ、当時すでにテクノロジー犯罪の被害があったのではないかという推測ができる。長期の計画的な被害があったことが現在からは想定できるので可能性はある。

時期的には冷戦終結前夜だったから、尚更関連性がありそうだと思うのは、たとえば失業して引きこもった1997年から日本の停滞が始まって、自殺者が激増している経緯からも、その他の世界的な事件との関連からも、おそらく偶然ではないことが僕には分かる。

翌年は中3で、始めての受験なのだけれど、頭が朦朧として生きるようになっており、クラス内の位置づけも下がっていて、最悪の一年だったはずだ。クラスも、教師がいちばん手に負えないと認識していたTをこちらに配置して、腕力のある優等生系をこっちにおいて、それ以外を隣のクラス(2クラスしかない)に配属するような手法を教師がやっていて、最悪さを際立たせていた。

それは小学校高学年のときもされたことだったけれど、構図が変わっていて、小学校のときは、保守xリベラルだったが、中3ではリベラルx左翼だったように感じた。独裁的な人でも2種類あって、小学校の隣の保守教師は巨人好きで平気で暴言を吐く滅茶苦茶な人だったが、中3の担任は独裁者でも日教組系のすぐ怒鳴る暴力教師だった。リベラル系(音楽好きのヒッピー系と芸大出の奔放な人)は小中どちらも左遷されるような処遇を受けている教員で、子供たちにとっては非常にいい先生だった。(当時は20歳代の先生だったが、その後はひとりは分校のような僻地ばかりで、ひとりは教員を辞めている。)

何かが示唆される状況だが、偶然とは思えない。

冒頭のWとは彼女が転校してきてから、中3を除いた期間、ずっと同じクラスだった。前述の副級長の女の子とは、小学校低学年と高1を除いた期間が同じクラスで、何か対照的な感じがする。情が望む人と理性が望む人の違いで、僕の対応が逆になっていておかしい。

Wは中3のときの高校の一日入学のときに、僕が進学校を選んだら同じで、その後に学力的には問題はないが英語が苦手なので克服しないと、希望校には行かせないと担任に言われて、嫌いなものを強要されると反発する傾向が強い僕は英語嫌いはどうしようもない(実際は頭を打ったあとに、アルファベットを上手く認識できなくなっていた)ので、早起きが必要な遠い進学校は止めて、最寄りの高校に行くことにした。何故かWも同じ決定をしていて、高校では進学クラスに入ったのは同じ中学からは僕と彼女の二人だった。ここは飛騨の広域の市内(当時の郡内)最北端の町で、成績のいい生徒は北隣の高山市の進学校に行くのが通例なので、最寄りの高校の進学クラスに一年目からここの中学の生徒が入ることは珍しかったと記憶している。

当時の僕は病んでいたので、高校の合格発表も見ていないし、入学式にWがしきりに話しかけているのも、遠くからの声に感じて、反応しなかった覚えがある。彼女は中3のときクラスが違ったので、中2の後半からの僕の変化をあまり認識していない。彼女とはそれ以降、疎遠になっているが、後に生徒会長をする野球部の元気印の男と付き合っていたので、僕の意識からは遠いところにいた。

その高校で生徒会長をした男(ご近所さんの親戚)が、小6のときに彼女をイジるようになった優等生のNに少しにていた。Nも中学のとき生徒会長をしていた。Nは高校は別だったけれど、中学のときに、ある同級生が一人ぼっちで食事をしているのを僕が気にして、グループに入れてあげようと声をかけようとしたら、彼が声をかけてそういう行動をしていたり、何か関係がありそうで、同時にNHKやテレ朝などに似た顔のアナウンサーが男女問わずいるので、社会実験の対象の一人の可能性がある。彼は前述のヒッピー教師に憧れていて、国立大学に授業料免除の特待生で入学していたが、いまは夢を叶えて教員をしている。

(電話で別の同級生から、将来に校長になるために大学院にいっていると聞いたが、僕のテクノロジー犯罪の状況では電話の相手が本物の同級生かという疑問があるので事実かどうかわからない。そういう怪しい電話があるので、電話などで相手が本人かの確認ができない状況を経験すると、情報インフラの信頼性の重要性を認識させられる。)


僕のやろうとしたことを抑制して、代わりにやっている人が脳操作関連の社会実験で存在するのは認識しているが、多くは成功していた。その代わりに僕は何もできなくされていて、人生が破綻している。どういうことだろうかと訝しっている。

中学の別の前期後期でのもう一人の生徒会長をしていた同級生は割と仲が良かったが、難関の国立大学を出て大企業で技術職をしている。その彼にそっくりなNHKアナウンサーがいる。(そういえば成人式で会ったときに、自動制御工学で気になっていた点を彼に聞いたけれど、そこまでまだ行っていない、でも飛び急できるくらい単位はとっていると言っていた。)

他に、小学生の時に妹がずっと結婚すると言っていた僕の同級生に似た歌手がよく売れている。中学の頃、彼が遊びに来ていたときに、母が耕作放棄地の草を刈ってくれと言ってきたら、彼が率先して僕の代わりに草を刈ってくれたり、非常に性格のいい人。

20年くらい前だが、社会人になってから会ったときに原発で働いていると言っていたので、経済社会の欺瞞性と労働者への保障の問題や、日本の原発の安全性への懸念から転職を勧めた記憶がある。その後の1999年9月30日に、東海村JCO臨界事故が発生していて、その前か後かわからないが彼は転職をしていると聞いた。

東海村の事故では、作業員が燃料の製造工程をマニュアルを無視して省略しており、それは被曝時間を短縮するためにしていたことなのかもしれないが、その危険性への配慮がなかったために、臨界が発生して被曝による死亡事故にまで至っている。

僕は診療放射線技師だが、運命操作で知らないままに無理やりそちらを無自覚に選んでいるという一般には理解されない状況で放射線関係を選んでいるが、昔から脱原発の価値観であり、国家資格も厚労省(当時は厚生省)の病院で働くものしか有しておらず、文科省(当時は科学技術庁)の方の原発や企業で働く方の資格試験は受けてもいない。例え持っていても使わないし、余計な資格を保有して変な業務を任されるのを嫌った。自分で選んだ道に見えて、脳操作誘導されただけなので、そういう状況にある。

流れのなかで、メディア集ストがあることをいくらか書いていることになるが、運命操作にも証拠があることを最近知った。

重要なので、メディア集スト(エンタメ)から再引用。

嘉門達夫「替え歌メドレー3」「んなアホな!」の曲(ニコ動)の3’33のところから「岐阜県の温泉は下呂」とそれに続く仄めかしがある。

歌詞から関連部分を抽出。

 岐阜県の温泉街は下呂 (僕の住む自治体)
 尾張名古屋(終わりな古屋(僕は古谷))はういろう
        (小人映画「ウィロー」前述の低身長操作仄めかし)
 X線はレントゲン (僕の所有する診療放射線技師資格でできる病院の仕事)
 星アキコ

替え唄メドレー3は1992年1月1日に発売されている。この段階では高2。

「X線はレントゲン」の歌詞は、のちに放射線技師の国家資格を得ることが予め決まっていたということを示唆している。というのは、放射線技師の道を決めたのは高3の後半だったから、歌で予言された高2の冬の段階では、そういったことは何も考えていなかった。

当時(1992年)の僕はこの歌の存在を知らなかったし、知ったのが2015年のMステの放送時なので、予言がされていたことすら気づいていなかった。

ここまで引用。

人生のそのすぐ先で、著名人のそっくりさんに複数出会うことになったので、何故にそちらに誘導されたのか、いまでは理解できる。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR